演劇や音楽、カフェやレストランに居酒屋、イベント情報など、下北沢のありとあらゆる情報を発信します

下北沢カレーフェスティバル2017【食べ歩きできる7店】

2017年10月7日(金)からはじまった『下北沢カレーフェスティバル2017』、ついに最後の土日2日間がはじまりました。これまでたくさんのお店を紹介してきましたが、最後に紹介するのは食べ歩きにオススメのお店です。

Aasu下北沢
大判!熟成牛の牛タンカレーメンチ

西口からすぐ、井の頭線に面する場所にある「Aasu(アス)」さんの『大判!熟成牛の牛タンカレーメンチ』350円(税込)は、牛肉の旨みと牛タンの歯ごたえがしっかり感じられるカレーメンチです。どう考えてもビールが飲みたくなる! 食べ応え抜群の一品です。ちなみに、スタッフの女のコにめちゃくちゃカレーティラミスを勧められた、、、。

公式情報

下北沢たこ焼き研究所(マップ番号 005)
カレーたこ焼き

一番街商店街の鎌倉通り寄りにある「下北沢たこ焼き研究所」。カレーがかかっているのではなく、生地にカレーが入っているたこ焼きで、ちょっとピリ辛のソースに合います。ちなみにソースは甘めもあるので辛いのが苦手な人も安心です。6コ330円(税込)、8コ、10コ、15コと選べます。あと、150円のたこせんもオススメ、大阪のおやつをぜひ!

公式情報

mixture(マップ番号 007)
おイモたっぷり焼きカレーパン

こちらも一番街にあるイートインができるパンのお店「mixture(ミクスチャー)」。毎年参加しているこちらのお店、今年出品したのは『おイモたっぷり焼きカレーパン』162円(税込)。甘いパン生地にちょっぴり辛いカレーがベストマッチ! 食べ歩きには本当に最適なカレーパンです。ちなみに、限定パンが売り切れても他にもカレーパンがいろいろありますので、そちらもぜひ(どのカレーパンでもスタンプは貰えます)。

公式情報

極鶏(マップ番号 025)
カレー唐揚ver3
カレー唐揚ver3

唐揚げ専門店の「極鶏(ごくちー)」さんももちろんカレーフェスティバルに参加。カレーの味がしっかりとつけられた揚げたての『カレー唐揚ver3』700円(税込)は、もう言葉では表現不能な旨さ! あれです、もう、ハイボールが飲みたくなりすぎ症候群に陥ります! ちなみに唐揚げは5コですが、かなりのボリューム。さらに、SNSでシェアすると1コおまけしてくれます。食べ歩きもできますが、店内でも食べられますのでぜひ。ハイボールとのセットもありますよー。

公式情報

bar colony(マップ番号 064)
カリーヴルスト

あずま通り商店街にある「bar colony」さん、お昼は三階のお店ではなく路面で販売しているので気軽に買えます。カレーのスパイスが香るフランクフルト『カリーヴルスト』300円(税込)、は想像以上にカレーなフランクです。なんというか、こう食べ歩きに向いているフードって、全部お酒が飲みたくなるな、、、。夜は店内で営業していますので、夜もぜひー。

公式情報

Captain’s Donut(マップ番号 H)
ソイソフト & どーなつ

下北沢カレーフェスティバル2017、カレーだけではなくスイーツのお店も参加しています。先ほど紹介したbar colonyの向かい側にある「Captain’s Donut」さんは、豆乳とおからを使った揚げドーナツで有名なお店。そのドーナツに、豆乳を使ったヘルシーなソイソフトを合わせた『ソイソフト & どーなつ』420円(税込)はものすごくさっぱりとしたスイーツです。

公式情報

こはぜ珈琲(マップ番号 C)
こはぜ珈琲(マップ番号 C)
スパイシーコーヒーフロート

そして、最後にご紹介するお店は「こはぜ珈琲」さん。『スパイシーコーヒーフロート』360円(税込)はビターでスパイシーな味わい。あ、カレーじゃなくてスパイシーなコーヒーフロートです、いつもの珈琲とはひと味違うスパイシーさをぜひ味わってください。そうか、このスパイスは想像以上に珈琲に合います!

公式情報

 

以上、下北沢カレーフェスティバル2017【食べ歩きできる7店】でした。これにて、しもブロのカレーフェス店舗紹介は終了。残すところこの土日の2日間のみですが、これを逃すと食べることのできないカレーがたくさんですので、ぜひ下北沢にお越しくださーい。しもブロのお店紹介はこちらからどうぞーー ⇒ 下北沢カレーフェスティバル 2017