下北沢とそこにいる人の魅力がにじみ出る『街の上で』予告編公開

下北沢を舞台に一人の青年と四人の女性たちを描く“街”の恋愛群像劇作品『街の上で』 、その予告編が公開されました。

これまで特報として2本の映像が解禁されましたが、この作品のキーとなる四人の女性キャラクターと主役の荒川青(若葉竜也)との関係性を感じることができる1分43秒の予告編となっている。また、主題歌となるラッキーオールドサンの「街の人」も予告編にて解禁されている。

この物語が下北沢という街の上で繰り広げられる作品であることが魅力として伝えられていたが、作品に登場するキャラクターの魅力を感じることができる映像となっている。古着屋で働く荒川青(若葉竜也)をはじめとして、元恋人の雪(穂志もえか)や古本屋の店員である田辺(古川琴音)、自主映画を撮影している町子(萩原みのり)とその衣装を担当するイハ(中田青渚)、それぞれの個性や青との関係性が伝わってくる予告編だ。

『街の上で』劇中写真
『街の上で』劇中写真
『街の上で』劇中写真
『街の上で』劇中写真
『街の上で』劇中写真
『街の上で』劇中写真
『街の上で』劇中写真
『街の上で』劇中写真

第34回高崎映画祭での招待上映も決定、4月5日13時上映、終了後に今泉力哉監督による舞台挨拶も予定されています。詳細は高崎映画祭のWebサイトをご覧下さい。
※第34回高崎映画祭は、全プログラム上映中止になりました ⇒ 第34回高崎映画祭 全プログラム上映中止のお知らせ

『街の上で』は2020年5月1日(金)公開、「新宿シネマカリテ」「ヒューマントラストシネマ渋谷」「シネマ・ジャック&ベティ(神奈川)」「センチュリーシネマ(愛知)」「テアトル梅田(大阪)」「立川シネマシティ(東京)」「出町座(京都)」にて上映されます。

『街の上で』
『街の上で』