2020年3月26日(木)、SHIMOKITA FRONTの4Fに「FLIGHT LOUNGE(フライト ラウンジ)」がオープンしました。

SHIMOKITA FRONTの4階、歯医者さんの下に位置する「FLIGHT LOUNGE」
お昼はシモキタヌードルと出汁茶漬け、もちろんカフェメニューも

お店の名前からはイメージできないですが、お昼はラーメンの『Shimokita noodle(シモキタヌードル)』をいただくことができます。実はこのラーメン、昨年ミシュランガイド東京でビブグルマンに選出された「純手打ち 麺と未来」のラーメン職人と、ラテアートでおなじみ「BALLON D’ESSAI」のコーヒー職人がコラボしたものなのです。

エレベーターで4階へ、エレベーターのフロア案内板がめちゃ渋
FLIGHT LOUNGE(フライト ラウンジ)
「FLIGHT LOUNGE」お昼(11:00-18:00)のメニュー

フードのメニューは『Shimokita noodle』と『出汁茶漬』。ラーメン職人とコーヒー職人がコラボしたラーメン『Shimokita noodle』をオーダーします。

4階ということもあり、下北沢駅前が一望できます
『Shimokita noodle』味玉付き1050円(税込)
鶏白湯とムール貝をベースにしたスープ
低温調理でじっくりと火を入れたローストビーフにクレソン、エリンギ
味玉は見事な半熟具合

まずはスープを一口、その時点でラーメンのスープとは思えない衝撃を受けます。鶏白湯とムール貝をベースにしたスープ、とてもとても上品で料理としてのスープとして出されても確実に満足できる味です。写真では分かりづらいですが、スープにかかっている白いモノはミルクで、バリスタが作ったフォームミルクを仕上げに注いでいるとのこと。いわゆるラーメン屋さんで頂くクリーミーさとは次元が違う、まさにコーヒー職人とラーメン職人がコラボしたからこそ生まれたラーメンなのです。

麺に絡むスープ

そして、このラーメン最大の特徴はスープと麺の絡み具合。それはラーメンと言うよりは、パスタに近い感覚。もちろん麺はラーメンで使われる細麺であり、食感としてはラーメンなのですが、味覚的には完全にイタリアンの一品。ラーメンというとメンマのイメージですが、エリンギを使っているところも特徴ですね。ラーメンでありながら、ラーメンを超越した存在、それが「FLIGHT LOUNGE」の『Shimokita noodle』なのです。

セットになっているアイスハーブティーもすごい
「オーガニックデトックス アイスティ」

『Shimokita noodle』にセットでついてくるハーブティーは「オーガニックデトックス アイスティ」で、ごぼうやたんぽぽの音にバジルやミントなどをブレンドしたもの。ラーメンで衝撃を受けていたのですが、このハーブティーも存在感が強烈でした。たんぽぽの根ってどんな味なんだ??

実はこの『Shimokita noodle』、2週間ほど前に試食させていただいたのですが、さらにバージョンアップをしたとか。全然どこが変わったのか分からないですが、、、。

右側にかけられているのがフォームドミルク。この存在が、このラーメンを異次元な領域に引き上げている
「FLIGHT LOUNGE」店内

「FLIGHT LOUNGE」は抽出専門店を標榜しています。コーヒーもラーメンのスープも抽出にこだわってこそ。『Shimokita noodle』はそんな抽出にこだわり抜いた職人のコラボがあったからこそ生まれた存在。ぜひ、味わってください。

FLIGHT LOUNGE

「FLIGHT LOUNGE(フライトラウンジ)」

北沢2-24-5 SHIMOKITA FRONT 401
CAFE TIME 11:00-18:00
BAR TIME 18:00-23:30
公式Twitter

About the Author

クロダマサノブ

下北沢の音楽や演劇、イベント、そして飲食店などの情報を勝手に紹介。アタラシイ下北沢の魅力をいち早くお伝えします [Twitter]ymkx

View All Articles