3連休は『下北沢映画祭』『下北沢大学』も開催!

 

昨日からはじまった『下北沢カレーフェスティバル2016』ですが、秋の3連休はイベント盛りだくさん。『第八回 下北沢映画祭』、そして『下北沢大学2016秋 with MOTTAINAIてづくり市』が開催されます。

第八回下北沢映画祭

今年で八回目の開催となる下北沢映画祭、テーマは「ニュートーキョー、ニューシモキタザワ」。2020年の東京オリンピックに向けて、今まで以上のスピードで変化する東京の景色。下北沢も2013年に駅が地下化され、街並が変わりつつあります。そんな新しい変化と向き合うこと、立ち止まって別の方向を見てみること、振り返って変わらないものの魅力を再確認すること———そんな映画の楽しみ方を、全5プログラムを通して提示していきます。会場はお笑いや演劇などのイベントが日々開催されている「しもきた空間リバティ」と下北沢唯一の映画館「下北沢トリウッド」の2箇所です。

[Aプログラム]
下北沢の“あの感じ”って、なんだ?
~スーパーローカルヒーローと僕らが語らう夜~
10.8(土) 19:30~(開場19:15)
@下北沢トリウッド  1,500円
広島・尾道でひとりCDショップ「れいこう堂」を営み、街の人はもちろん多くのミュージシャンにも愛されるおじさんに密着したドキュメンタリー映画『スーパーローカルヒーロー』。この映画をきっかけに、下北沢の変容を見つめ続ける下北沢のローカルヒーローたちと、演劇、音楽、古本、カレー、若者、サブカルチャー、街の再開発、小田急線地下化…多様な視点が散りばめられ、多様な風景を見せてくれる街、下北沢を語りつくします。今回は東京初公開となるリマスター版での上映となります。
ふと気づいたら、今日も今日とて下北沢に来ていた、というティーンエイジャーたちへ。どうせヒーローなんかいない、と思っているオトナたちへ。
※『スーパーローカルヒーロー』上映後、田中トシノリ監督&主演信恵さんからのビデオメッセージあり!
【ゲスト】
長谷川朗さん(ヴィレッジヴァンガード下北沢)
下平憲治さん(下北沢NeverNeverland)
大槻貴宏さん(トリウッド)
福桝賢一さん(BUSHITSUシモキタザワ)

[Bプログラム]
実写じゃない! アニメでもない!
ロトスコープによる新しい映像の風景
10.9(日) 10:30~(開場10:15)
@下北沢トリウッド  2,000円
“ロトスコープ”という、実写映像を1コマずつトレースして絵画を制作し、アニメーション映像化する技法で作られた長編&短編を通して「これからの映像の風景」を考える本プログラム。岩井俊二監督作『花とアリス殺人事件』、ルミネCMなどを手がけるアーティスト、シシヤマザキさんの短編作品、そして大橋裕之さん原作漫画をアニメーション化した『音楽』の制作過程映像を一挙上映!
上映後は制作者のお2人にロトスコープの可能性について語っていただきます。実写じゃない、アニメでもない、不思議で楽しい映像体験へご案内します。
【上映作品】
『花とアリス殺人事件』
シシヤマザキ全6作品「YA-NE-SEN a Go Go」「ああ/良い」「⽉夜&オパール」「YAMASUKI YAMAZAKI」「WASEDAnce Animated Campus Tour 踊る!早稲⽥大学 1 分間キャンパスツアー」「Open Reel Ensemble – 回・転・旅・⾏・記 with 七尾旅⼈ Music Video
『音楽』制作過程映像

[Cプログラム]
映画が繋ぐ、着物との縁。
10.9(日) 13:30~(開場13:15)
@しもきた空間リバティ  2,000円(当日着物でご来場のお客様は300円キャッシュバック!)
4,900円(チケット+着物&帯プレゼント+着付け)
昔は日常だった、でも今は非日常となってしまった着物。それでも、どんなに時代が変わろうとも着物の美しさは普遍的なもの。着こなし、立居振舞い、そして艶やかさ。着物を普段着として着ていた時代を描いた映画の中にはお手本が溢れているのです。『化粧師』の上映と井嶋ナギさん&前田エマさんのトークを通して、着物の魅力に迫ります。
下北沢のアンティーク着物店「着縁」さんとコラボした着付けセットで着物デビューも応援します。上映後に着物姿で歩く下北沢はいつもと少し違う景色に見えるはず。非日常の映画体験をぜひ。

[Dプログラム]
橋口亮輔、脚本を語る ~『二十才の微熱』から『恋人たち』まで~
10.9(日) 18:00~(開場17:45)
@しもきた空間リバティ  2,000円
昨年公開された橋口亮輔監督最新作『恋人たち』は、変わりゆく東京でなかなか変わる事が出来ず、もがき苦しんでいる個々のキャラクターがリアルにストーリー描かれていました。また、橋口監督の作品はどれも緻密な構成がなされており、その脚本が国内外で高く評価されています。
本プログラムでは『恋人たち』上映後に、監督が普段どのように脚本を執筆されているのか、その脚本づくりの神髄を披露していただきます。脚本家志望の方はもちろん、脚本家志望でない方も必聴!皆さんの質問にもお答えいただきます!
ゲスト
橋口亮輔監督
轟夕起夫さん(聞き手)

[Eプログラム]
コンペティション
10.10(月・祝) 13:20~(開場13:05)
@しもきた空間リバティ  1,500円
実写、アニメーション、ドキュメンタリー、PVなどジャンルを問わずに公募を行うコンペティション。映画祭の最終日となる10月10日(月・祝)、過去最多となる応募総数297作品の中からスタッフによる選定を通過した全9作品を上映します。授賞式後は審査員とノミネート監督によるトークセッションも実施。今年はゲスト審査員として、『セトウツミ』が話題の大森立嗣監督にご登壇いただきます!
【ノミネート作品】
『I CAN SEE YOU』(監督:顧傑) 『こんぷれっくす×コンプレックス』(監督:ふくだみゆき) 『おもかげたゆた』(監督:大寶ひとみ) 『世界の終わりの、そのあとで』(監督:上田浄介) 『より道』(監督:たかひろや) 『サヨナラ、いっさい』(監督:渡邉高章) 『お姉ちゃんは鯨』(監督:村上由季) 『I think you’re a little confused』(監督:小川育) 『加賀谷だけが好き』(監督:首藤凛)
【審査員】
大森立嗣監督
直井卓俊さん(企画・配給プロデューサー)
大槻貴宏さん(トリウッド代表/ポレポレ東中野プロデューサー)
轟夕起夫さん(映画評論家)
映画祭当日は、4名の審査員によりグランプリ、準グランプリ、そして観客の皆様による投票で観客賞が決定いたします。さらに今年は日本映画専門チャンネルによる「日本映画専門チャンネル賞」も新設! ノミネート監督全員にはCyberlink様より最新編集ソフトが贈られます。

 

下北沢大学2016秋 with MOTTAINAIてづくり市

一方、『下北沢大学2016秋 with MOTTAINAIてづくり市』は「下北沢駅北口駅前路上」「しもきたスクエア」「しもきたアネックス」「しもきたパティオ」の北口一帯で開催される、手作り雑貨の販売とものづくりが体験できるワークショップが開催されるイベント。ここでしか出会えないステキな雑貨が並びます。出展者一覧はこちらのページをご覧ください。

ワークショップは「愛犬の首輪を作ろう!(S&J Bros)」「カラフルぼたんdeアクセサリーを作ろう(tomoComoCo)」「デコ茶缶とデコ茶瓶づくり(いずみや茶舗)」「お菓子な魔法の杖作り(おかしのだいくさん ケバヤシ)」「アイスクリームマグネット、パフェ作り(まつだりょうこ)」「マシュマロおばけのハロウィンメモスタンド(lapetitefriandise miki)」「サンドブラストワークショップ(バオラブ・ワンダーランド)」「豆本テラリウム【BookRium】を作ろう!(pluvo)」と、充実のラインナップです。それぞれの出展日やワークショップの詳細については、下北沢大学公式ページをご覧ください。

尚、屋外のイベントのため天候によっては中止になる場合があります。

三連休の下北沢、『下北沢カレーフェスティバル2016』はもちろんですが、映画の祭典『下北沢映画祭』、そして手作り雑貨が集まる『下北沢大学2016秋 with MOTTAINAIてづくり市』もぜひお楽しみくださーい。

【下北沢カレーフェスティバル2016関連記事】
『下北沢カレーフェスティバル2016』 ガチでオススメ8店舗
『下北沢カレーフェスティバル2016』 写真に一目惚れ6店舗
『下北沢カレーフェスティバル2016』 メニュー名に惹かれる6店舗
『下北沢カレーフェスティバル2016』 新規参加で気になる8店舗
『下北沢カレーフェスティバル2016』 レジェンド3店舗&並んでも食べるべき2店舗
『下北沢カレーフェスティバル2016』 9店舗追加で合計142店舗に!
『下北沢カレーフェスティバル2016』 スイーツ11店舗も参加!
下北沢カレーフェスティバル2016実食レビュー
本気すぎでコトバにならない、、、信濃屋代田食品館の『オーロラサーモンの華麗なカレー』
モッチモチ生地に旨味詰まったキーマカレー『焼きチーズキーマカレーパン』