2020年4月7日よりCOVID-19拡大防止のため全ての劇場を自主的に休館していた本多劇場グループが、6月1日から営業再開を発表しました。

緊急事態宣言が解除されたとはいえ、依然COVID-19の危険性がなくなったとは言えない状況の中、たどり着いた答えは“無観客生配信”。本多劇場グループの活動再開第一弾として、6月1日(月)から7日(日)までの1週間、本多劇場からひとり芝居の無観客生配信として「DISTANCE」が上演されます。

出演は、井上小百合・入江雅人・伊礼彼方・柄本時生・小沢道成・片桐仁・小林顕作・近藤芳正・清水宏・鈴村健一・永島敬三の11名。初日となる6月1日は劇場の再開を記念し、永島敬三・井上小百合・入江雅人の各演目を連続上演。そして、6月2日以降は1演目ずつ、各俳優陣それぞれが磨き上げた作品が上演されます。

本多劇場グループPRESENTS 「DISTANCE」公演日程

<STORY>

ここには昔、劇場があったー

荒廃した劇場に、清掃員がいる。
彼らは「演劇」が上演されていた劇場を懐かしみ、今は機能を停止している全国の劇場を掃除して回っている。
この日やってきたのは、下北沢本多劇場。昔はたくさんの演劇が行われていたらしい。
ふと、清掃員が日記を拾い上げる。
そこには、人と人とが距離をとらなければいけなかった時代の
それでも演劇を続けた人々の記録が綴られていた……

「DISTANCE」は、当企画発起人で脚本・演出家の川尻恵太・御笠ノ忠次がストーリーテラーとなり、物語を進行。メインキャストは各回1名のみ、そのステージのみの出演となります。

この状況の中で、どうやって演者、スタッフ、そしてお客様との距離を近づけていけるのか。社会情勢も踏まえながら、安全を最優先にし、段階的におこなっていくプロジェクトが「DISTANCE」です。

今企画は演劇を劇場でライブで観劇する状態に少しでも近づける意図で、有料の定額チケット制を採用。アーカイブを残さずに、その日1回限りのライブ配信のみとなります。配信システムには、プレイガイド「e+」が新しく立ち上げたライブ配信サービス「Streaming+」を起用。チケット購入から視聴までワンパッケージで行える形で提供されます。チケット販売は、5月27日(水)12:00からe+にて行います。

さらに、安全対策として、キャスト、スタッフともに、ソーシャルディスタンスを確保した状態で上演。制作期間から本番日にかけて毎日検温し、制作者による管理を行い、キャストは本番時間外、スタッフは常時マスクを着用など、様々な対策を行った上で上演します。


この度の本多劇場再開に寄せ、本多劇場グループ総支配人の本多愼一郎氏は、以下のコメントを発表しています。

人が集まってこそ劇場です。

劇場は舞台で創りあげた作品をお客様にお届けする場所です。

劇場としてできることは何なのか。
安全を第一としつつ、わずかでも着実に、一歩ずつ。
今できることをやりながら私たちは前に進みたいと思います。

6月1日から
本多劇場グループは劇場を再開していきます。

休館期間中、皆さまに舞台を観ていただきたいという思いで準備をしてきました。

多くの方にご協力をいただき、
本多劇場グループPRESENTSとして
出来得る限りの安全対策をし、最初は少人数から。

本多劇場の無観客生配信を皮切りに
色々な演目を上演してまいります。

また、「DISTANCE」製作委員会からは、この度の「DISTANCE」発足に寄せて、以下のコメントが発表されています。

”DISTANCE”とは…
「安全に劇場で舞台をつくり、お客様に届けたい。」という目的のもと、2020年5月より始動した企画です。

発起人は脚本・演出家の川尻恵太、御笠ノ忠次の2人で、演劇再開に向けた方法論を当企画で模索していきます。
第一弾となる今回は、劇場で作品を上演し、届けることを目標に、
本多劇場グループの賛同と協力を得て、この「一人芝居の無観客生配信」という形での上演に至りました。
「DISTANCE」とは、表現者と演劇の距離、演劇と観客の距離、そして、表現活動における心の距離。
今一番感じているものを一言に纏めたものです。

この演目によって、各々が演劇との距離を再確認できればと考えています。
私たちは、コロナウイルスという脅威を知ってしまいました。
コロナ前とコロナ後、という言い方は極端かもしれませんが、
これまでと同じ捉え方、作り方をするのは難しいかもしれません。
またいつ新たなウイルスや、未知の脅威が発生するかわかりません。
それでも、演劇は必ず劇場で復活するものだということを、示していければと思います。
6月1日から1週間、下北沢本多劇場からお届けいたします。お待ちしております。


COVID-19の影響で、下北沢にある本多劇場グループの劇場は現時点で全て休館しています。下北沢の街にとって演劇は欠かせない存在であり、全ての劇場が閉まっている状況、さらには本多劇場の向かいにある「劇」小劇場の入り口にある各劇場のポスター掲示板が空っぽになっている現実をみて、絶望的な気分になってしまいました。

それだけに、掲示板に「DISTANCE」のポスターが貼られているのを見た瞬間、再び下北沢の演劇が歩み始めたと実感しました。本当に、本当に嬉しい光景でした。

お客さんのいない中で上演され生配信が行われるお芝居。ライブ配信については後でも映像をチェックできることが利点として語られますが、あえてその時間だけに、生配信でなければ観ることができない仕組みにした点も含め、とても大きなチャレンジングな試みです。ぜひ、ひとりでも多くの方に、このチャレンジを味わって頂きたい、そんな想いでいっぱいです。

本多劇場グループPRESENTS「DISTANCE」は、6月1日が初日で7日まで。チケットは、5月27日12時からe+にて発売開始です。こんな今だからこそ感じることができる演劇のチカラ、ぜひご堪能ください。

本多劇場グループPRESENTS 「DISTANCE」

本多劇場グループPRESENTS
「DISTANCE」

■日程
2020年6月1日(月)〜7日(日)
※各日の出演者と開演時間は公式サイト、添付画像をご確認ください
■公演会場
下北沢本多劇場
※無観客生配信
■企画・脚本・演出
川尻恵太・御笠ノ忠次
■出演者(五十音順)
井上小百合、入江雅人、伊礼彼方、柄本時生、小沢道成、片桐仁、小林顕作、近藤芳正、清水宏、鈴村健一、永島敬三/川尻恵太、御笠ノ忠次
■上演時間
35~45分を予定(1日のみ90分を予定)
※公演日&演目により、多少前後いたします
■配信媒体
Streaming+
■料金
前売当日2,500円(税込)
※6月1日のみ3演目を連続上演、3,500円(税込)
■チケット発売
5月27日(水)12:00〜
■特設サイト
http://distance.mystrikingly.com
■公式Twitter
https://twitter.com/DISTANCE_STAGE
■スタッフ
舞台監督:寅川英司照明:大波多秀起(デイライト) 音響:藤森直樹(サウンドバスターズ)
演出助手:伊達紀行映像:ワタナベカズキ制作:高橋戦車
衣裳:ヨシダミホヘアメイク:武部千里舞台美術&宣伝美術:魚住和伸
協力:ニッポン放送主催:本多劇場グループ/DISTANCE製作委員会

About the Author

クロダマサノブ

クロダマサノブ、もしくは廣田西五です。「予定は未定であって決定ではない」の人で、別名シモキタさん。主にインターネッツ各所や、ライブハウス、サーキット、そして下北沢にいる。愛知県豊川市出身、京都市右京区経由で、普段は世田谷区で生息しているが、突然京都や大阪そして新栄のライブハウスに現れ泥酔し、泣きながらライブを最前列で見ている。要注意だ [Twitter]ymkx

View All Articles