2022年3月30日に井の頭線高架下に開業した『ミカン下北』、ランチ実食レビュー第7弾は『Island Burgers(アイランド・バーガーズ)』(D-102)です。

Island Burgers(アイランド・バーガーズ)
Island Burgers(アイランド・バーガーズ)
Island Burgers(アイランド・バーガーズ)の入り口はあずま通り側
Island Burgers(アイランド・バーガーズ)の入り口はあずま通り側
店内中央にあるタッチパネル式の券売機で注文します
店内中央にあるタッチパネル式の券売機で注文します
グルメバーガーの名にふさわしい、ハンバーガーが並びます
グルメバーガーの名にふさわしい、ハンバーガーが並びます
シンプルな「プレーンバーガー」や「チーズバーガー」といったメニューもあります
シンプルな「プレーンバーガー」や「チーズバーガー」といったメニューもあります
なんとなくなじみ深い「テリヤキバーガー」も
なんとなくなじみ深い「テリヤキバーガー」も

お店に入り、中央にある券売機で注文・会計をします。券売機写真の2枚目のようなスペシャルなバーガーばかりなのかなと思ったら、シンプルな「プレーンバーガー」や「チーズバーガー」といったメニューもあります。それぞれ、セットドリンク付きの値段になります。

「ワイルド・ジェイソン・バーガー」という文字面だけで頼んでしまう
「ワイルド・ジェイソン・バーガー」という文字面だけで頼んでしまう

で、何を注文しようか全く考えていなかったのですが、初見で刻み込まれたのは「ワイルド・ジェイソン・バーガー」というメニュー。タッチパネルの写真を見てもあまりよくわからないけど、他のバーガーに比べると地味な雰囲気だなぁ。でもワイルドなんでしょ? ジェイソンなんでしょ? 意味分からないけどこれを頼まねばならないと確信してしまったわけですよ。そして、登場したのは、こんなワイルド・ジェイソンでした。

「ワイルド・ジェイソン・バーガー」1670円(税込)
「ワイルド・ジェイソン・バーガー」1670円(税込)
なんかすんごいのが来ちゃったよ、なんなのこの肉の塊は
なんかすんごいのが来ちゃったよ、なんなのこの肉の塊は、、、
焼きたてで超熱々のパティは1枚110g、3枚で330g、、、
焼きたてで超熱々のパティは1枚110g、3枚で330g、、、

えーっと、肉ですね、めっちゃ肉ですね、、、。というかバンズと肉だけ、しかもパティが3枚という、まさに肉祭りなバーガー、それが「ワイルド・ジェイソン・バーガー」なのです。ワイルドでジェイソン、もうそのネーミングの意味を、実物を目の前にして感じています。これ、どうやって食べるんだよ、、、。

バーガーのお皿の下にあるバーガー袋を使いましょう
バーガーのお皿の下にあるバーガー袋を使いましょう
なんとか移すことができたけど、すでに手があふれる肉汁で大変なことに
なんとか移すことができたけど、すでに手があふれる肉汁で大変なことに

なんとかバーガー袋に移し、一口、、、あっつ! めちゃめちゃ熱いし、めっちゃ肉汁あふれる!! なんという、超圧倒的肉感!!! もうね、肉ですよ完全に。下のバンズは完全に肉汁に浸され、これも肉なんじゃないかという勢い。いやー、凄まじいなぁ、肉の旨さを思う存分味わうことができる、それが『Island Burgers(アイランド・バーガーズ)』のワイルド・ジェイソン・バーガーなのです。

牛肉100%のパティは1枚110gで、3枚なので330g、手にした瞬間にその重みが感じられます。ソース類は一切使っておらず塩と粗挽きのコショウのみ、だから肉の旨味をダイレクトに感じることができるわけです。ハンバーガーを食べたと言うよりは、肉を食べた感がマックスです。

食べてる間も肉汁が凄くて、食べ終わった後にはこんなことに、じゅーしーー
食べてる間も肉汁が凄くて、食べ終わった後にはこんなことに、じゅーしーー
窓側にはカウンター席、テーブル席もあるのでグループで来ても大丈夫
窓側にはカウンター席、テーブル席もあるのでグループで来ても大丈夫
さらにカウンター席
さらにカウンター席

いやー、とんでもないバーガーを食すことになった訳ですが、下北沢店ではこの「ワイルド・ジェイソン・バーガー」が人気なんだとか。若いコでも満足できる圧倒的なボリューム感、サイコーに肉映え(?)する一品ですからねーー。

『Island Burgers(アイランド・バーガーズ)』はグルメバーガーの名にふさわしい、価値あるバーガーを味わうことができました。紹介した以外のバーガーもありますので、ぜひ、気になるバーガーを味わってみてください。

『Island Burgers(アイランド・バーガーズ)』

北沢2-11-15 D-102
03-5790-9618
11:00-22:00(売り切れ次第終了)
30席
公式Web

About the Author

クロダマサノブ

しもブロキュレーター。20代前半で下北沢にたどり着き早20年、日々進化し続ける下北沢の街を巡り、下北沢の今を伝えています。

View All Articles