【このお店は閉店しました】

2014年8月11日、モエツカリーが今の場所にお店を構えて3周年になりました。開店3周年記念メニューをやるとのことで、お昼から行ってきましたよー。

今日は普通のランチメニューはなくて、特別ビュッフェのみです、1000円で食べ放題

早速お店に行ってみると、11時半前なのにすでにお客さんが。さてと、早速いただきますかね。とりあえず、ナンを焼いてー!

3種類のカレー、サラダ、ポウラ(サフラン、クミン)、ナンはオーダーすればいくらでも焼いてくれます

DAL CURRY(豆)、KEEMA CURRY(ひき肉)。DALは辛そうに見えますが、辛さレベルは2なので普通です。KEEMAも辛さは2

CHIKEN CURRY(鶏肉)、こちらはマイルドと呼ばれる辛さレベル1、とってもマイルド

ライスも特別仕様、いつものサフランライスではなく、細長いお米を使っててパサパサ感がある。クミンも入ってていい香り

さてと、とりあえず全部よそってきたよー、ちょうどナンも焼けたー。

全部盛ってみた、食べ放題だしねー

ランチでいつも頂いているメニューなんだけど、いつもとはちょっと違う。そう、それは辛さ。いつもは辛さレベル5である【Fire】を注文している自分にとって、【Mild】(辛さレベル1)とか【Medium】(辛さレベル2)という辛さは新鮮だったりする。へー、こんな味だったんだね、今まではひたすら辛さとの格闘だったよ、、、。ちなみに、【Fire】を超える辛さレベル6のカレーはこちら、赤いな。

が、やはりこのレベルでは物足りない。ここはひとつ、あの赤い粉を入れてもらおうじゃないか! 豆はVery HotでキーマはFireね!

ラワットさん「ダールハベリーホットネ」

(これ、ほんとにVery Hotの辛さなのか?? 真っ赤じゃん)

ラワットさん「キーマハファイヤー」

やっちまったな、、、。これ、ほんとにこんなに入れるの?? と、聞いてもニヤニヤするだけのラワットさん(オーナー、インド人)。まー、いいや、頂きますー。って、いきなり辛いよ! 汗噴出だよ!! いつもと違うのは、調理過程で入れていないので、ちゃんと混ぜたつもりでも辛さとカレーが分離してるんだよなぁ。からーーい! 辛さ調整は希望者のみです、勝手に辛くされたりはしませんのでご安心くださいませ(あたりまえ)。

てか、あまりに辛いので、

ハートランド生500円、だけど、今日は100円安い400円で

真っ昼間っからビールを頂いたり。辛いものにはビールが似合うねぇ。なにしてるんだ、俺?

そうそう、折角だからナンを焼いてるところを見せてもらったよ。

ナンを広げるインド人

こんな感じで焼き窯にナンをはりつける、するとすぐに焼け始める

ガスではなく炭で焼いてる。「ガスハオイシクナイ、コノスミデヤクノガイチバン」とはラワットさんの弁

一分位で焼き上がります

こんがり、ふわっと、もっちもちーーー! これが、モエツカリーのナンだ!

モエツカリーはカレーも大好きですけど、ナンが美味しいのが最大のポイントです。てか、写真を撮るために厨房に入らせてもらいましたけど、あそこすげーー暑いの。ナンを焼く釜をおいてあるから当然だけど、まさかここまで暑いというか熱いとは思いませんでした。

自分にとって下北沢で一番好きなカレーのお店はモエツカリーのままです。それは、駅前食品市場にお店があった時から変わらないですね。しばらく、下北沢から離れている間はカレーを食べる機会が極端に減りましたからね。今の場所で3周年ですが、来年も再来年も、ずーっとモエツカリーのカレーを食べに行きますよー。

3周年記念メニューは本日22時まで。アルコール類は100円OFFですので、お酒を飲みながらラワットさんのカレーを堪能してくださいねー。

—————

【このお店は閉店しました】

【Moet’ s Curry モエツカリー ラワットさんのお店】
北沢2-6-6
03-5454-3233
11:30 – 26:00
https://www.facebook.com/MoetsCurry
https://twitter.com/moetscurry

Tagged in:

About the Author

クロダマサノブ

クロダマサノブ、もしくは廣田西五です。「予定は未定であって決定ではない」の人で、別名シモキタさん。主にインターネッツ各所や、ライブハウス、サーキット、そして下北沢にいる。愛知県豊川市出身、京都市右京区経由で、普段は世田谷区で生息しているが、突然京都や大阪そして新栄のライブハウスに現れ泥酔し、泣きながらライブを最前列で見ている。要注意だ [Twitter]ymkx

View All Articles