2015年11月22・23日に下北沢11カ所の会場で開催されるライブサーキットイベント『下北沢にて’15』。2日目となる11月23日の17時台に出演するアーティストを紹介します。【LUNKHEAD】【Large House Satisfaction】【ダブルオーテレサ】【さしすせそズ】【never young beach】【the peggies】【Qaijff】【DJ:ライブキッズあるある中の人】【ポニーテールスクライム】、以上9組に加えGARDENでは【LUNKHEAD】前に【笑福亭茶光(落語家)】が登場。

 

[GARDEN]
16:50-17:00
【笑福亭茶光(落語家)】

笑福亭茶光(落語家)

 

 

[GARDEN]
17:00-17:40
【LUNKHEAD】


1999 年に結成された、愛媛出身の4 人組ロックバンド。2004 年にシングル「白い声」にてメジャーデビューし、これまでに、ベストアルバム2 枚・ミニアルバム2 枚を含む計13 枚のアルバムをリリース。Vo 小高の紡ぎだす真っ直ぐすぎる歌詞と確かな演奏力を武器に、LIVE バンドとして精力的なツアーをこなし、LIQUIDROOM ebisu、SHIBUYA-AX、渋谷公会堂、新木場STUDIO COAST 他にてワンマンライブを敢行。
また、「MONSTER baSH」・「RUSH BALL」・「「ROCK IN JAPANFES」・「COUNTDOWN JAPAN」など大型フェスの出演実績も誇る。2015年4月に徳間ジャパン移籍第1弾として、10枚目のオリジナルフルアルバム『家』をリリース。
2015年9月22日にキャリア初の日比谷野外大音楽堂ワンマンを成功させた。

公式サイト:http://lunkhead.jp/

 

[BASEMENT BAR]
17:00-17:30
【Large House Satisfaction】


高校の同級生だった、 小林賢司 (Ba.) と田中秀作 (Dr.) が 組んでいたバンドに、 賢司の弟 ・ 小林要司 (Vo.&Gt.) が加入し結成。
70’ S ~ 80’ S のロックシーンから影響を受けたサウンドに、 小林要司の荒々しくも艶やかな声が絡み合うバンド。
「COUNTDOWN JAPAN 13/14」 「ROCK IN JAPAN FES.」「SWEET LOVE SHOWER」 などの大型フェスにも出演し、 都市型サーキットでは入場規制が頻発するなど注目が高まっている。

公式サイト:http://www.largehousesatisfaction.com/

 

[Daisy Bar]
17:00-17:30
【ダブルオーテレサ】


植木雄人(VOCAL,GUITAR)
上野智文(GUITAR,VOCAL)
大塚謙一郎(BASS,CHORUS)
柳沢明史(SUPPORT DRUMS,CHORUS)

公式サイト:http://www.oo-telesa.com/

 

[Cave Be]
17:00-17:30
【さしすせそズ】


2013年1月始動。5月、現メンバーに。
関西の音楽シーンに彗星の如く現れた、今音楽業界で最も話題の若手実力派イケメンバンドと最も呼ばれたいおふざけセンチメンタル京阪沿線バンド。
コンセプトは「キャッチー&センチメンタル」
一曲の中にひとつの物語がある、短編小説や読み切り漫画のような歌詞と洗練されたメロディーは聞く人の心を掴んでいる。
バンド名は、メンバーが好きなサザンオールスターズ(「さ」から始まり「ズ」で終わる)と、きゃりーぱみゅぱみゅ(言いにくい)から命名。

公式サイト:http://sashisusesoz.com/

*見放題にて

[STUDIO BAYD]
17:00-17:30
【ポニーテールスクライム】


小学生時代の友人だった加藤、赤坂、田中に赤坂と同じ高校の河野が加入し2009年バンド結成。
東京を中心に精力的に活動中。

公式サイト:http://ponytail-sclimb.com/

 

[Club 251]
17:30-18:00
【never young beach】


2014年春に、安部と松島の宅録ユニットとして活動開始。暑さで伸びきったカセットテープから 再生されたような奇特なインディ・サイケ・ポップ『HOUSE MUSICS』をダンボール仕様のジャケットで100枚限定で発売。ライブもせずに口コミで瞬く間に話題となり、ココナッツディスクなど一部店頭のみで販売し即完売。2014年9月に阿南、巽、鈴木が加入し、現体制の5人組になる。9月に初ライブにして自主企画《Fight Club》を開催。2015年5月に1stアルバム 『YASHINOKI HOUSE』をリリース。7月末にFUJI ROCK FESTIVAL’15に出演。土着的な日本の歌のDNAをしっかりと残しながら、どこか海外の海と山が見えるような匂いを感じさせる。そしたら誰かが言った…「西海岸のはっぴいえんど」と。

公式Twitter:https://twitter.com/neveryoungbeach

 

[THREE]
17:30-18:00
【the peggies】


2011年5月から本格的に活動開始。7月に学芸大学MAPLEHOUSEで初ライブ。
2012年2月 EMI ROCKSのオープニングアクトとしてさいたまスーパーアリーナに出演。
2014年11月19日に初の全国流通音源「goodmorning in TOKYO」をタワーレコード限定でリリース。12月4日レコ発企画「宣戦フ告 vol.1」を渋谷WWWにて開催。
2015年5月27日、初のEP「PPEP1」をリリース。7月3日に新宿Marzにてレコ発企画の開催。11月11日、初のフルアルバム「NEW KINGDOM」をリリース。
12月10日に渋谷WWWにてバンド史上初となるワンマンライブ「宣戦フ告 vol.4」を開催。

公式サイト:http://thepeggies.com/

 

[MOSAiC]
17:30-18:00
【Qaijff】


Vo. & Key. 森彩乃/Ba. & Cho. & Programming 内田旭彦/Dr. 三輪幸宏
3ピースピアノロックバンド、Qaijff “クアイフ”
2012年に元々シンガソングライターとして活動をしていた森を内田が誘う形で結成。
目を見張る大胆なモーションで緻密なリズムを奏でるドラムと、ソリッドなサウンドで感情が揺さぶるようなフレーズを爪弾くベース、力強くしなやかな佇まいで、クラシカルな繊細さと感情をむき出しにしたような激しさを持ち合わせた旋律を奏でるキーボードは3ピース特有のソリッドさと3ピースの枠に収まらないサウンドスケープで聞くものの心を惹きつけてやまない。
また時には優しく包み込むように、時には何かを訴えかけるように次々に表情を変えるように歌う森の歌声は感受性豊かで切なさを帯びていて、聞くものの心琴をゆさぶる。

公式サイト:http://www.qaijff.com/

 

[Cave Be]
17:30-18:00
【DJ:ライブキッズあるある中の人】

公式Twitter: https://twitter.com/livekids_aruaru

*見放題にて

About the Author

クロダマサノブ

クロダマサノブ、もしくは廣田西五です。「予定は未定であって決定ではない」の人で、別名シモキタさん。主にインターネッツ各所や、ライブハウス、サーキット、そして下北沢にいる。愛知県豊川市出身、京都市右京区経由で、普段は世田谷区で生息しているが、突然京都や大阪そして新栄のライブハウスに現れ泥酔し、泣きながらライブを最前列で見ている。要注意だ [Twitter]ymkx

View All Articles