5日間だけの浮気公演『Y FUTAMATA vol.2』詳細決定!!

2018年1月に本多劇場進出公演を盛況のうちに終えた□字ックの次の活動が発表された。

「わたしたち、ヤりたい人と、ヤります」をキャッチコピーに各劇団員が今やりたい脚本・演出家を呼び、セルフプロデュース作品を上演する形式「Y FUTAMATA」企画の昨年7月ライブハウス近松での上演に引き続き第二弾となる。

今回は、先日活動休止したmonophonic orchestraをはじめ、俳優玉置玲央とのユニット・カスガイなどでも活躍している須貝英が山田佳奈と、2月のTPAMでの上演や海外の演劇祭での進出も話題となっている世田谷シルクの堀川炎が大竹ココと、そして東京芸術劇場eyes plus「鳥公園のアタマの中展」での上演も3月に控えているワワフラミンゴの鳥山フキが日高ボブ美・滑川喬樹とタッグを組んで、30分ずつの短編を上演する予定だ。

俳優たちは自団体では見せない顔を、そして脚本演出家にとっては新たな創作の場をつくり、観客との出会いの場を創造する今企画。出演者、ビジュアルなどの詳細は3月下旬公開予定。

5日間だけの浮気公演 『Y FUTAMATA vol.2』詳細決定!!

□公演概要
タイトル:□字ック番外公演「Y FUTAMATA vol.2」
公演日程:2018年5月9日(水)~5月13日(日)
会場:下北沢・小劇場B1
チケット発売日:4月1日(日)10:00~
脚本・演出 須貝英(monophonic orchestra)×出演 山田佳奈 他
脚本・演出 堀川炎(世田谷シルク)× 出演 大竹ココ 他
脚本・演出 鳥山フキ(ワワフラミンゴ)× 出演 日高ボブ美 滑川喬樹 他

□劇団概要
□字ック(ロジック)は、主宰の山田佳奈がレコード会社のプロモーターを経て2010年に立ち上げた劇団。20代、30代の男女の深層をリアルに描く『人間ナナメ読み』によるエッジの効いた戯曲と、ポップで疾走感ある演出が持ち味。閉塞的な人間関係の中で紡ぎだされる等身大の人間の本音を深く迫る作品に、同年代を中心に共感を得る。音楽と親和性も高く、過去に真心ブラザーズ・フラワーカンパニーズ・BOMI・THE BOHEMIANS・THEラブ人間などと公演コラボレーションも行う。いま注目される劇団のひとつ。第8回本公演「荒川、神キラーチューン」では演劇ポータルサイト「CoRich舞台芸術まつり!2014」でグランプリ、2014年度サンモールスタジオ最優秀団体賞受賞。
2018年1月に上演した第十ニ回本公演「滅びの国」にて本多劇場初進出。