劇団フルタ丸 2019年 本公演『朝のドラマ』千秋楽!

2019年7月3日(水)から下北沢の駅前劇場で上演されていた劇団フルタ丸 2019年 本公演『朝のドラマ』、7月7日千秋楽公演を迎えました。

終演直後に、まず神蔵夏子役を演じた篠原友紀さんにお話を伺いました。

---千秋楽おつかれさまでした! そして、その千秋楽ですが、どうでしたか?

篠原友紀(劇団フルタ丸): 千秋楽でしたが、本日来ていただいた方は初めて観ていただく方だと思って、変わらず思いっきりやらせていただきました。あとは、昨日全然眠れなくて、、、ホントに。なんだろう、終わっちゃうっていうことと、やらなきゃいけない緊張感と、それが交互にやってきて、何をしてもうまくいかない。これはヤバいぞと思って、びっくりするくらい眠れなかったです

---初日が終わっても気が抜けないということをおっしゃられていましたが、最終的にそうなってしまったわけですね

篠原: そ、そうですね

---本当に素晴らしいお話でした。初日から観ていて色々なことを感じましたが、進化し続けた先の最終日でした

篠原: 初日から比べてみてどうでしたか?

---いい意味で違う物になりましたね。3人の関係性(八雲アカリ役を演じた二ノ宮ゆいさんと真帆さん、そして夏子役の篠原さん)がとてもよくなりました

篠原: ホントですか? リンクしている感じですか?

---そうですね、3人のつながりの部分ですね

篠原: あー、うれしい、、、ありがとうございます

---最後に言い残したことはないですか?

篠原: えっと、夏子さんは、皆さんです。誰にでもあるもの、自分を飛び越えるのは自分。そのことをずっと忘れたくないな、と思っています

---ありがとうございます、次回作も期待しています!


続いて、同じく終演直後にお話を伺いました、劇団フルタ丸の代表フルタジュンさんのコメントです。

---千秋楽が終わりましたが、どうでしょうか?

フルタジュン(劇団フルタ丸代表): いやー、そうですね、終わったな、という感覚以外には追いついていないのですが、実感はこの後バラし終わって打ち上げで感じるのかもしれないですね。今は、終わったという安堵感と、この作品を8回上演してお客さんに受け入れていただけたという実感が残った、それが今の感覚ですね。

初めてフルタ丸を観るお客さんも多かったと思いますが、その皆さんに作品を楽しんでいただき、さらに台本まで買っていただける。それはすごく嬉しいことで、成功だったと感じています

---ずばり大成功でしたね。私が観た公演は全てほぼ満席で、それもスゴいことです

フルタ: 結果的にそうなりましたね。目標としていた数字的にも、興行的にも、さらに観劇いただいた方の感想的にもうまくいったと思っています。一安心ですね、安心したというのが正直な今の気持ちですね

---そして、次が全く決まっていないとのことです

フルタ: 何も決まっていないですね。それも、敢えて不退転の気持ちで挑みました。次の予定を決めずにやることで、今回にかける気持ちを高めようと。それもあって、良くなったのかと

---そういう意味合いもあったのですね

フルタ: そうでした。次が決まっている中で「勝負だ」と言い続けるのも矛盾していますよね。「実は決まってるじゃん」、誰にも言わなければ成立する嘘ですけど、自分がわかっていたら追い込めない。メンバーも劇団もそうですが、今回がダメだったらやれない、続けられないという覚悟をもってやったことが、結果として出たのかなと思っています。焦ることなく、次の公演を決め動きたいと思っています

---それにしても『朝のドラマ』ロスがスゴいです

フルタ: どうしようかな、、、そうなんですよね、音とか主題歌とか公開できればよいのですが。そのあたりは、ちょっと調整させて下さい

---個人的に『朝のドラマ』ロスがスゴいので、ぜひアフターインタビューを取らせてください

フルタ: わかりました、お待ちしております! ありがとうございました!!

---いやー、本当に楽しかったです! ステキなお芝居をありがとうございました!!

ああ、終わってしまった、劇団フルタ丸『朝のドラマ』。毎年毎年、劇団フルタ丸のお芝居にしてやられてしまうけど、今回も見事にしてやられてしまった。客演4名を迎え駅前劇場に進出した劇団フルタ丸は、完全に新しいステージにいることに気がつきました。

初日に観て感じたちょっとした違和感は千秋楽公演では一切なく、3人の主役を軸に10人のキャストが見事なまでの演技と空気により、この劇場、そう駅前劇場を満たしてくれました。

一人一人について書きたいところですが、個人的にMVPを与える役者さんを決めるのなら、家事代行スタッフの杉山衣里役とナレーションを演じた安堂サオリさんに与えたいです。

序盤のレビューでも書きましたが、基本的に中立な立場であるナレーションにもかかわらず個性が輝きまくり、そして関わるそれぞれのキャラクターに指針を示している。そして、これまた家政婦という中立であるべきポジションにもかかわらず、物語の方向性を正す、そんな役割まで果たしたわけです。その通る声と凜とした美しさ。アカリと夏子を同時に相手しても全く違和感を感じさせない演技、この物語の安定性において欠かすことができない役を演じました。ステキでした、その一言に尽きました。

さて、全然書き足らないですが、とりあえずこの記事ではここまでにしたいと思います。まだまだ、伝えたいこともあるし聞きたいこともある。フルタさんに話を聞いて、再び記事を書くことができれば幸いです。

改めて、劇団フルタ丸と2019年本公演『朝のドラマ』、ありがとうございました! 次なる劇団フルタ丸の動向から目を離すことができません!

劇団フルタ丸 2019年 本公演『朝のドラマ』
劇団フルタ丸 2019年 本公演『朝のドラマ』