先月、下北沢南口のヴィレッジヴァンガード向かいにOPENした讃岐うどんのお店「梅窓(ばいそう)」。今日は他のお店で軽く飲んだあと、二軒目の利用でやってきました!

外観

外にメニューがでています。平日は17:00~24:00の営業。土日祝日は11:30~15:00もやっています。「獺祭(だっさい)」「川鶴」「酒一筋」など中国地方の日本酒を中心に、希少なお酒を取り揃えてますね。締めにうどん、というのがよさそう!

外のメニュー

こんばんわ~ん(ほろ酔い)

内装

カウンターとテーブル席。案外奥に長いです。壁の色など、スタッフさんがたがペンキで塗ったそう。飾ってある屏風や能面などが雰囲気をだしています。能面好きとしてはテンションあがりました・・!

 

カウンター席

店の奥にもテーブル席があります。

menu

お!かけうどん、ぶっかけうどん、醤油油うどん、ざるうどんなどベーシックなおうどんは500円から!(500円ランチまとめに追記しました)

温かいお茶を出してくれました。食器が可愛い。

酒一筋(600円)

いやぁ。これこれ。これですよ。

まぐろジャーキー(380円)

そしてこのまぐろジャーキーが優秀!まず時間がかからず真っ先に出てきますし、味が濃い目で歯ごたえ十分、案外と量もあるので、大人四人がちまちまお酒を呑みながらこれひとつでしばらく楽しめます。これいいねーという話が出ました。

焼き枝豆(350円)

そしてこれもなかなか!枝豆って焼いても美味しいんだね!食感こんなに変わるんだね!とこれも話題になりました。

だし巻き卵(500円)

うんうん。

天ぷら盛り合わせ(680円)

天ぷらもおいしー!抹茶塩か天つゆでいただきます。抹茶塩だけでお酒のめる、という話題が出ました。そして最後の締めに・・

梅窓うどん(680円)

梅が入ってます。うん。いいですね。修行の成果が出ています!以下下北沢経済新聞より。

店主の佐藤敬さんは、三軒茶屋で4年半、イタリアンカフェレストランを経営。その後、讃岐うどん専門店「梅荘(ばいそう)」(岡山県倉敷市)で2年間修業し同店を開いた。

このお店、外から見て派手で目立つ出で立ちではないですが、一度来るとなかなかいいな、また来よう、となってしまう。そんな感じがしました。

酔っ払って二軒目に入ったお店で、出てくる料理についての話題や、このお店案外いいねという話題上がった、というのはなかなか実力のあるお店ということだと思います!ぜひ一度行ってみてくださいー^^

 

梅窓
TEL:03-3465-0322
住所:東京都世田谷区北沢2-9-2 辻ビル 1F

About the Author

しもブロ

しもブロからのお知らせや、しもブロに送られてきたプレスリリースなどを掲載します。掲載希望情報やプレスリリースは info@shimokitazawa.info までお送りください

View All Articles