どうもtattsumanです!

2月23日は音楽イベント「下北沢パトロール」に行って参りました!
下北沢における新年明けて(おそらく)一発目のライブサーキットイベントであり、第一回目の開催!ということでなかなか縁起が良い感じですね(?)とにかく今年の下北沢もライブサーキットで熱くなる予感がプンプンです!

さて、今回イベントの主催は下北沢を拠点に活動している撃鉄というバンドで、彼らが中心となって出演者を集めたということなのですが、その出演者たちが本当にジャンル様々な面々でありまして、全4会場と小規模ではありましたが十分すぎるほど濃いタイムテーブルとなっておりました。
イベントHPの出演者のアー写(アーティスト写真ね)をザーっと見てるだけでもう目がチカチカしてきちゃいますね!(笑)いやー実に下北っぽいラインナップです!

このイベントの趣旨はその名の通りパトロールです。巡回です。
下北沢をパトロールし始めて早7,8年の私、このイベントに参加しないわけにはいきません。果たして今回はどんなナイスバンドを確保できるのかっ!?
というわけで早速僕が観た順に感想を書いていくことにしましょう。

 

  • 15:30~ 住所不定無職 @THREE

4人組みのガールズバンド。っていきなり超満員の入場規制!早めに入っておいて良かった・・・
ファンキーでポップなメロディが会場を充満!これをカワイイ娘がカワイイ声で歌っちゃうんだからねぇ、そりゃ人気出ますよ。
途中からファンクおにぃこと撃鉄田代氏がベースで参加して、これがまためっちゃファンキーなフレーズをデロデロって弾いちゃうんだからもう、スーパーファンキーポップ!!(笑)いやー楽しかった!

 

  • 16:00~ バンドじゃないもん! @BASEMENT BAR

住所不定無職をちょいと早めに抜け出しお隣のBASEMENT BARへ。いや初っ端からいきなり入場規制だったので、このイベントは早め早めの行動が鍵を握る!!なんて思っちゃいましてね。
まだまだ駆け出しのアイドルといった感じでしたが、既にコアなファン(「もんスター」と名づけられているらしいです)がいるようで、この方達の面白く、且つ激しい合いの手やオタ芸が、彼女達のステージをより華やかに彩っていました。
特に上に貼りました曲のサビ部分「ま~わ~る~、ま~わ~る~・・」が始まるとファンも凄い勢いで左回りにグルグル回りだして、フロアは一瞬にしてハードコアバンドのライブ会場が如くのカオス状態に突入したのでした。
ちなみにこのユニットでドラムを叩いている鈴姫みさこさんは、神聖かまってちゃんのドラマーでもあるそうですね!どうりで上手いわけだ。

 

  • 17:00~ 黒猫チェルシー @BASEMENT BAR

お次は打って変わって生粋のガレージロックバンドです。本当はこのバンドを観ずにちょっと休もうかな~とか思っていたのですが、彼らのリハを観ていたらそんな思いは消し飛びました。
特にギター。寸分違わぬリズム、そしてギターの音色の素晴らしいこと。あの絶妙なジャキジャキ感はたまらなくスカッとします。
でもってVoの情熱のこもったしゃがれヴォイス。全てが絶妙のバランス。いや~もうBASEMENT BARじゃ収まり切れないバンドなんじゃないの?なんて思っていたら、案の定入場制限。休みに出なくて良かった。今回けっこう運も味方に付いてくれていたと思います、僕。(笑)

 

  • 17:30~ バニラビーンズ @THREE

THREEBASEMENT BARを行ったり来たりしている僕ですが、次に観に行ったのはバニラビーンズです。
北欧の風に乗ってやってきた、清楚でイノセンスな雰囲気の女の子ユニット、という設定があるようで(笑)、渋谷系オシャレアイドルでした。なんだそりゃ。
ダンスは控えめでどちらかというと歌で魅せるタイプですかね。あと衣装もレトロなそれこそ北欧風のワンピースに金髪といった出で立ちでとても可愛らしかったです。
あと曲間のトークがしっかりしていて面白かったです。上に書いた「設定」や金髪も実は「カツラ」である等のメタ的発言も飛び出して笑いを誘っていました。
何と言いますか親しみやすいアイドル、と言った感じですかね。素敵です。

 

  • 19:00~ Vampillia @BASEMENT BAR

このイベントの中ではとりわけ異色のバンド、Vampilliaです。どういったつながりでこのバンドを呼んだのか、呼べたのか、気になるところです。
このバンドの音楽を文章で説明するのは難しいので、是非動画を見てほしいのですが、頑張って説明するとすれば・・・きれいな激情ブラックメタルとでも言いましょうか。
ヴァイオリンの入った綺麗な旋律からの轟音、モンゴロイド氏の激情シャウトというコントラスト具合がたまらん訳ですね。
音楽も異色ならその出で立ちも異色で、メンバーは基本ゴシックなコスチュームを身にまとい、ベースの方は言ってしまえばホラーですよ。だって顔が三つあるんだもん(註:内二つは仮面です)。
ヴォーカルのモンゴロイド氏に至ってはギリースーツ(狩猟やサバゲーなどで使うもじゃもじゃの服)を着て登場してあのデス声ですからね。めちゃくちゃ怖いから!まあ途中で脱いでたけど。
脱いだと思ったら観客のフロアに降りてきて、テーブルの上に乗っかったり、天井のパイプにぶら下がったり、トイレからトイレットペーパー持ってきて投げたり、もうめちゃくちゃやってました。出禁が心配です(笑)

 

  • 19:30~ ゆるめるモ! @THREE

僕のTHREE⇔BASEMENT BAR間行ったり来たりもこれで最後になります。お次はゆるめるモ!でございます。
こちらも駆け出しのアイドル、といった雰囲気でダンスや歌が初々しいのですが、ファンはしっかり付いていて、メンバーそれぞれの自己紹介の時の合いの手は完璧でした。
やっぱりね、ファンもライブメンバーの一員ですよ。たとえアイドルのパフォーマンスがタドタドしくてもファンがしっかり合いの手やオタ芸を決めればそれだけで盛り上がりますもん。
この勢いでどんどん成長していって欲しいですね(何様

 

  • 20:30~ 撃鉄 @GARDEN

ついに茶沢通りを飛び出し、向かったのはもちろん撃鉄です。主催のライブを観ずには帰れません。そして会場は超満員!このイベントの成功を物語っています。
ライブは初めて観ましたが、事前に予習したときの印象と違ってとてもダンサブル。ヴォーカルの声のエフェクト具合がニューウェイヴ感漂わせてとてもいい感じでした。しかもヴォーカル筋肉ムキムキ。これは世の奥様方もメロメロです。
4月にはフルアルバムを出すということでさらに勢いに乗っていきそうですね!これからの活動にも要期待です!

 

撃鉄のMCで「アンダーグラウンドな音楽やっていても、表に出て皆に見せなきゃ意味が無い」というような内容の話をしており、それを本イベントで体現してみせたというのは、世のバンドマンにとって非常に重みのあることであったのではないでしょうか。
レーベルとか企業だけでなく、こうした一バンドでもライブサーキットイベントが行えるような環境が整ってきた現在の下北沢は、きっと志高いバンドマンにとって、より一層チャンスの地になっていくでしょう。
そして僕は観客として下北沢の音楽シーンが盛り上がっていくのを見守っていきたいと思います(笑)

 

というわけで、わたくしは7バンド、パトロールして参りましたっ!楽しいイベントだったのでまた来年もやってくれないかな~。以上!

About the Author

しもブロ

しもブロからのお知らせや、しもブロに送られてきたプレスリリースなどを掲載します。掲載希望情報やプレスリリースは info@shimokitazawa.info までお送りください

View All Articles