今年もせたがや梅まつりの季節が到来。というか、すでに時期的には終盤、次の日曜日となる3月6日がイベントとしては最終日となります。今週後半からは気温も高いので、絶好の梅見日和になりそうです。

2月27日(土)に『第39回せたがや梅まつり』が開催されている羽根木公園に行ってきましたので、その模様をお送りします。

『第39回せたがや梅まつり』

『緑がくしだれ』

『くれはしだれ』

『大盃』

『一重茶青』

『おおさかづき』

『白加賀』

『呉服しだれ』

『曙』

『長谷川絞り』

『みよしの』

『白牡丹』

『連久』

『藤牡丹』

『紅千鳥』

(品種不明)

『玉垣しだれ』

『実の月影』

ざっと、咲いている梅の紹介を致しました。続いて、イベント期間中に出店されていてる売店の情報です。

『梅干・梅玉・梅ジャム』

『梅大福・梅まつり(甘露煮の梅と白あんを使った和菓子)・思いのまま(小豆を使った和菓子)・梅ようかん・完熟梅のマドレーヌ・完熟梅のパイ包み・梅干とざらめのかりんとう・umemaru(梅味の利いたかりんとう)』

焼き鳥・やきそば・フランクフルトなど、安価でいただけます

チョコバナナにフライドポテトも100円

綿あめも100円です

梅まつり限定の『梅うどん』300円も

この日は相互協力協定を結んでいる群馬県川場村の物産展も行われていました(土日のみ)

この日は川場村のゆるキャラ「かわたん」も登場

梅の枝の販売もあります

第39回せたがや梅まつりは、いよいよ3月6日まで。ぜひとも散歩がてらお越しくださーい。詳細は区のWebサイトをご覧ください。

About the Author

クロダマサノブ

クロダマサノブ、もしくは廣田西五です。「予定は未定であって決定ではない」の人で、別名シモキタさん。主にインターネッツ各所や、ライブハウス、サーキット、そして下北沢にいる。愛知県豊川市出身、京都市右京区経由で、普段は世田谷区で生息しているが、突然京都や大阪そして新栄のライブハウスに現れ泥酔し、泣きながらライブを最前列で見ている。要注意だ [Twitter]ymkx

View All Articles