お邪魔してまいりました! [Shimokitazawa SOUND CRUISING 2016]さすが音楽の街、下北沢。なにからなにまで、朝から晩までもう最高すぎました。そんな私の音楽に浸り過ごし、特に気になったアーティストさんをレポートさせていただきます。

私のサウクルのトップバッターは…

【Helsinki Lamada Club】
(WAVER 15:00-15:40)
以前、大阪のライブハウスではじめて見て聞き惚れてダッシュで物販に走り音源を購入した際、下北沢でよくライブをすると聞きていたので、彼らのホームでのライブに期待で胸を膨らませいたのですが、安定の中毒性に安心感まで抱いてしまいました。Ba.の稲葉さんが白目を剥き、踊りながらベースを弾く姿が今でも頭から離れない…。彼らのライブはいい意味でダサくてかっこよくてとりあえず癖になる! また、当日先行販売していた、6月8日発売のシングル「友達にもどろう」から「しゃれこうべ しゃれこうべ」を披露していたのですが今までとは雰囲気の違うスローテンポでいつも以上に毒っけの強い一曲で更に彼らの魅力を引き出す一曲になっているな、と感じました。

そして、テクテク…ライブハウスの場所がわからず、迷子になりながら次のバンドへ…

【Kidori Kidori】
(ERA 16:10-16:50)
リハーサルからキラーチューン「Watch Out!!!」をぶっ飛ばし、絶好調の彼らのライブは、繊細かつ、迫力のある演奏、Vo.マッシュさんのなんとも言えない独特な歌声、そしてさすが関西人! と拍手したくなるようなMC。いつ見ても、どこを取っても、期待以上のステージを見せてくれます。
コールアンドレスポンスやみんなでジャンプしたり、客席の一体感もバッチリ! また、前日にMVが発表された6月8日のシングル「フィールソーグッド」も披露。こちらもまたおもしいPVになっているのでぜひチェックしてみてください。

ライブがすごいと有名なアイドルを目撃するために小走りしながらGARDENへ…

【BiSH】
(GARDEN 17:00-17:40)
間に合わずライブ後半ではいったのですが会場に入った瞬間、目に映りこんできたのは全力でダイナミックに踊る可愛らしい少女達と…上半身裸の男性…ん? 男…? しかもなぜか裸…? ん??んん??? とその場の状況を読み込むまでまあ時間がかかりました。笑
常々、彼女達のライブは「とにかくやばい」と聞いておりましたが、入って数秒でこんなに露骨に感じることになるとは…でも、本当に「やばい」のはそんなところではなく、彼女達の、激しくて暑いステージでした。PVで数曲みてはいたのですが正直思っていたより、何十倍も、何百倍も泥臭さ、暑苦しくてかっこいい。

BiSHの熱気で汗が止まらずヒイヒイいいながら待つこと30分…

【大森靖子】
(GARADEN 18:10-18:50)
彼女のライブは何回見ても始まる前は泣きそうになるくらいドキドキ、緊張して1分、1分がとてつもなく長く感じてしまいます。「ミッドナイト清純異性交遊」のイントロから始まり登場した靖子ちゃんの横には、彼女のファンだという、BiSHのハグ・ミイちゃんが…! まさかのサプライズで会場は更にヒートアップ。
その後も弾き語りでキラーチューンを連発。客席の一人一人の目をしっかりみて、一曲一曲魂を込めて歌い上げるその姿は、何度見ても、最後は“最高”の一言しか言えなくなります。
最後の一曲は、フロアに降り立ちお客さんを座らせ、カメラのシャッター音をBGMにして、アカペラで「さようなら」熱唱。まさに、「これが大森靖子だ!」と見せつけられたライブでした。

【Special Favorite Music】
(BASEMENTBAR 19:40-20:20)
やはり、ステージぎゅうぎゅうになるほどの大人数で奏でる音は感動でした。本当に音楽が好きなんだな…と改めて思うくらい楽しそうに演奏するメンバーさん、笑顔で踊っている観客。音楽の楽しさをこれ以上に伝えられるバンドはなかなかいないと思います…。
途中ギターの弦が切れるハプニングはあったものの、それを気にもさせない迫力と楽しさとまぶしさと…音楽を好きなすべての人に見て欲しい素敵なライブでした。

【CHAI】
(WAVER 23:30-0:00)
やっと…やっと彼女達の生のライブ見ました。もう、なんと言うか…とりあえず、この上ない「かわいい狂気」を感じました。
全身ピンク色の服装で現れた彼女達(いや、メンバーさん皆さん可愛すぎるやろ! と心の中で絶叫)。Vo.GtのカナさんとVo.keyのマナさんのさすが双子ならではの息のあったパフォーマンス。そして芸術的で細かく計算されたステージ。こんなガールズバンドが今までにいただろうか…。
また、何度でも足を運びたくなる癖になるライブでした。

その後も、DJイベントやトークショーなど様々なおもしろい企画がたくさんで、下北沢がいつに増して笑顔で溢れていた1日でした。そして私も今まで以上に下北沢のことを好きになりました。

来年はどんなアーティスト、おもしろ企画があるのか…。もう既に[Shimokitazawa SOUND CRUISING2017]に期待大です!

About the Author

しもブロ

しもブロからのお知らせや、しもブロに送られてきたプレスリリースなどを掲載します。掲載希望情報やプレスリリースは info@shimokitazawa.info までお送りください

View All Articles