2016年7月7日(木)、BASEMENT BARで開催される『Beat Happening!POPの掟MAX!』。シモブロが注目しているギターレス3人組「イエスマン」と、名古屋のガールズバンド「CHAI」が出演するイベントです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

「イエスマン」はBa.Vo.の「sayoko NAGAMUU(ナガムー)」、Dr.の「たかき ひでのり」、サポートKey.の「水井涼佑(123の八)」の3人からなるギターレスバンド。

ベースボーカルのナガムーさんは、その独特な存在感とふんわりしつつ切なげさを持ったヴォーカル、そしてメロディアスなベースで魅了させてくれます。キーボードの水井さんは、鮮やかなキーボードさばきに、超ハイトーンコーラス、そのコーラスが極めて希有でイエスマンの音楽を生み出す上で欠かせない存在。サポートなのですが、そのポジション的にサポートとは思えないほど重要な役割を果たしています。そして、ドラムのたかきさんはリズミカルというかちょっとコミカルなドラムさばきに、2人にはない低音そして優しく包み込んでくれるようなコーラス。

ギターレスだからこそ生み出せる音楽、それが「イエスマン」というバンドです。代表曲『Googleダンス』のMVをご覧ください。

やー、ポップです、超絶ポップです。はじめて「イエスマン」のライブを観たときに、小柄なナガムーさんがベースを抱えるように弾いてる姿が印象的でしたが、この曲の彼女はとってもアクティブ。歌詞的には複雑な想いが込められていますが、なんだかとにかくハッピーを振りまきまくりなのです。

もう一曲、こちらは最新のMV『なみだ風船』です。

先ほどとは一変、バラードナンバー。いつもニコニコしてるナガムーさんですが、この曲の彼女は、歌詞一つ一つを大切に想いを込めて歌い上げる姿が印象的です。

この2本を紹介したのなら、これも紹介しないと。『もしもタリラッタ』のMVです。

まさに「イエスマンワールド」と呼ぶにふさわしい、そんな世界観を感じさせてくれる1曲です。

そんな、彼女たちが七夕のこの日どんなアクトを見せてくれるのか。ナガムーのちょっと戸惑うくらいのほんわかMC(?)と絶対的なステキな音楽で、フロアを魅了してくれることでしょう。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

そして、もう一つの注目バンド「CHAI」です。彼女たちの音楽との出会いは忘れもしない5月28日そうShimokitazawa SOUND CRUISING 2016でした。ちょっと独特なピンク色の衣装を纏った4人。一筋縄にはいかない曲がノンストップで次から次へと披露され、フロア置き去りでどんどん突き進む、、、しかし、その中毒的な展開に、気がつくと完全に魅了され大盛り上がり。なんだこれは、どういうことなんだ。写真で伝わるかわかりませんが、フォトレビューが掲載されていますのでチェックしてみてください。

CHAI - Shimokitazawa SOUND CRUISING 2016 フォトレビュー

いやいや、写真じゃわからないよ、MVあるじゃん。えー、でも、MV見せていいのかなぁ、より困惑が拡がるとしか思えない、、、。というわけで、最新MVの『ナンダミン to トータルケア』です。

聞かないでくれ、俺に聞かないでくれ、、、。そのまま『ぎゃらんぶー』のMVを見るんだ。

もはや、何も言いますまい。たぶん、この時点で好き嫌いはハッキリしていると思う。でも、もしこの2本のMVを見て「好き」とか「嫌い」とか、そこまでハッキリしていなくてもなにか感情が生まれたあなたには、ぜひとも彼女たちのアクトを観てもらいたい。まあ、見てくれ、頼むから見てくれ、こんなもんじゃないんだ彼女たちのライブは! え、「ぽかーん」ってなってる? そんなあなたもぜひ見て欲しい、もっと「ぽっかーん?」ってなるから。

サウクルを含めて3回しか、彼女たちのライブは観ていませんが一つわかったことがあります。彼女たちの音楽は、音楽という枠を飛び越えてもはやアートなんだと。彼女たちは自分たちのアートの表現手法として音楽、そしてライブを使っている。そう考えると、色々納得することができます。ええ、納得しています、納得させてください、そうさせてください(逃亡)。

あ、そう言えば7月1日に二条nanoで「CHAI」に、7月7日のイベントについて意気込みを聞いていたので掲載します。

「CHAI」右からVo.Gt.「カナ」、Ba.Cho.「ユウキ」、Vo.Key.「マナ」、Dr.Cho.「ユナ」、、あれ、マナとカナ、あってるかな、どっちがどっちかわからなくなってきた、そう双子なんですこの2人は

「いきごみー?」
「たのしみー」
「たのしみー」
「たのしみー、めっちゃたのしみー。七夕だからー、織姫と彦星を出会わせるように、がんばるー」
「そうや、初ビーハプ、たのしみやー!」
「内容ぅー、ないねー」
「ないよう、ないねー」

ごめん、誰が何しゃべってるのか全然わかんないから、そのまま文字にしました、、、。そう、キーボードとギターが双子なんですよ、前髪パッツンで若干ふんわりした雰囲気のVo,Keyの「マナ」、ロングで若干シャープな顔立ちのVo.Gt.「カナ」。似てるけど髪の長さも違うし顔も違うから見てるには区別が付くのですが、ヴォーカルについては区別が付かないです、困惑します、罠にはめられます。

って、全然音楽についての説明してないな、アートです、ええ、アートなんです(逃亡)。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

以上、シモブロが勝手にプッシュしている「イエスマン」と「CHAI」の紹介でした。7月7日開催の『Beat Happening!POPの掟MAX!』はそんな2組に加え、「Mayu」「Maison book girl」「初期の科楽特奏隊(※エミソンヌ隊員以外の4名編成で、結成初期の科楽特奏隊を再現した編成)」の合計5組が登場。なんというか、異種格闘技戦的な好ブッキング、新しい音楽との出会いが生まれそうなイベントです。

オープンは18:30、スタート19:00。チケットは前売り2,300円(+1D)、当日2,800円(+1D)で、イープラスでも取り扱いがありまーす。あ、ビーハプ! なので高校生以下の学割もありますよー(学生証提示で500円引き)。やー、水口さんありがとうございます! 今回も最高の組み合わせですよ!!

About the Author

クロダマサノブ

クロダマサノブ、もしくは廣田西五です。「予定は未定であって決定ではない」の人で、別名シモキタさん。主にインターネッツ各所や、ライブハウス、サーキット、そして下北沢にいる。愛知県豊川市出身、京都市右京区経由で、普段は世田谷区で生息しているが、突然京都や大阪そして新栄のライブハウスに現れ泥酔し、泣きながらライブを最前列で見ている。要注意だ [Twitter]ymkx

View All Articles