一番街に移転した般°若(パンニャ)の跡地に新しいカレー屋さんがオープンしました。カレーショップ【涅槃(ねはん)】、いかにもこだわりのカレー屋を感じさせる名前です。ちなみに涅槃とは《一切の煩悩(ぼんのう)から解脱(げだつ)した、不生不滅の高い境地》だとか、なにそれおいしいの? とりあえずよくわからないので、お店にうかがってきました(煩悩だらけの思考だ、、、)。

カレーショップ【涅槃】は2月8日にオープンしたばかり、え、パンニャの松尾さんから花が来てるー

オーダーはお店に入って右手にある食券機で、光ってて見えないですがルーの大盛りも200円でできます

カレーは3種類あるカレーから2つ選ぶことができます

カレーメニューは「涅槃カレー(2種カレー)」 1300円と「涅槃スペシャル(2種カレー、副菜プラス2種、ラッシー)」1500円の2種類。どちらも3つのカレーから2つを選びあいがけとなります。選べるカレーは『チキンニハリ』『和風黒キーマカレー』『トマトパニール』の3種類です。

折角なので「涅槃スペシャル」で、カレーは『チキンニハリ』と『和風黒キーマカレー』を選びました。

涅槃スペシャル『チキンニハリ』『和風黒キーマカレー』1500円(税込)

『チキンニハリ』は鶏肉を使った煮込み料理のこと。一般的には羊で作られており、鶏は珍しいとのこと

『和風黒キーマカレー』は醤油とダシで味付けした和風のカレー、黒いのは竹炭を使用しているから

鮮やかな色合いの副菜がとても印象的

黄金に輝くスプーン、なんとなく荘厳な雰囲気

見た目の鮮やかな彩りも印象的ですが、複雑なスパイスの香りを放っているカレーは素材の味をしっかりと感じられるもの。特に『チキンニハリ』については、細かくされた鶏肉の旨みをしっかりを感じることができます。とにかくスパイスが強烈なカレーが多い中、素材の味とスパイスが絶妙なバランスでとても印象的なカレーです。ちなみに、辛さは強く感じないです。

そして、カレーを彩る副菜もそれぞれの野菜の味が感じられるモノ。驚いたのはレタスの上に乗っていた和風のお漬物、つぼ漬けみたいな味なのですが、他のスパイシーな副菜が並ぶ中で逆にインパクトがあります。

スペシャルにはしっかりと味付けされた2色の「ウズラのたまご」と「小松菜」副菜が2つ追加され、さらにラッシーもついてきます。プラス200円なので、断然スペシャルをオススメします。

ラッシーも甘すぎず酸味も強すぎず、絶妙なバランス

ここで気になったのは『トマトパニール』の存在、2種類しか選べないのでこの日は食べることができなかったのですが、どうしても気になったので後日再びお店にうかがいました。

この日はスペシャルとの違いを比較するために、「涅槃カレー」をオーダーしました。カレーは『トマトパニール』と『チキンニハリ』の2種類にしました。

涅槃カレー『トマトパニール』『チキンニハリ』1300円(税込)

『トマトパニール』はトマトとカッテージチーズ(パニール)のカレー、ほうれん草を使ったサグパニールが有名

このブロック状のモノがパニール(カッテージチーズ)

『トマトパニール』も他のカレーと同じく、素材のトマトをしっかりと感じられるカレー。最初、このブロック状のモノがなんなのかわかっていなかったのですが、これがパニールでした。パニールにトマトベースのカレーの味がなじみ、不思議な食感と相まって新境地のカレーです。

3回食べると1回無料となるスタンプカード

そして、【涅槃】の最大の特徴はスタンプカード。スタンプカードを発行しているお店はたくさんあり珍しくありませんが、こちらのお店ではお店でカレーをオーダーするとスタンプが1つ押され、3つたまると次回はカレーが無料になるスタンプカードなのです。10回で1回無料くらいは聞いたことがありますが、3回で1回無料というのは聞いたことがありません。値段で言うと、25%OFFですからね、、、。

以前までこの場所にあった【般°若(パンニャ)】のカレーをはじめて食べた際も、新境地のカレーだと感じましたが、【涅槃】のカレーはこれまた新境地の味でした。まだ、オープンしたばかりですが、確実に他では味わうことのできないカレーを頂くことができますので、ぜひお試しください。

こんな張り紙がありましたが、『般°若(パンニャ)』が移転したことを知らずに入ってくるお客さんも多いとか。いつか【涅槃】さんも人気店になって、下北沢の中心地に移転するのかも?

【 カレーショップ 涅槃(ねはん)】

北沢3-23-23
03-6407-8129
12:00~14:00、18:00~20:00
火曜・水曜定休
Facebookページ

About the Author

クロダマサノブ

クロダマサノブ、もしくは廣田西五です。「予定は未定であって決定ではない」の人で、別名シモキタさん。主にインターネッツ各所や、ライブハウス、サーキット、そして下北沢にいる。愛知県豊川市出身、京都市右京区経由で、普段は世田谷区で生息しているが、突然京都や大阪そして新栄のライブハウスに現れ泥酔し、泣きながらライブを最前列で見ている。要注意だ [Twitter]ymkx

View All Articles