2017年11月13日に『般°若(パンニャ)』がこれまでの店舗から下北沢駅寄りとなる、一番街商店街のこはぜ珈琲路地に移転しました。

下北沢駅北口から徒歩3分、一番街商店街のこはぜ珈琲の路地に『般°若(パンニャ)』が移転。こはぜ珈琲にも看板が掲げられていますね

以前は海老料理のお店があった場所に移転した『般°若(パンニャ)』

テイクアウトももちろんOKです

以前と同じく券売機でオーダーします

以前に比べ広々とした店内。6人掛け、4人掛け、2人掛けのテーブル席があります

入り口には4人掛けのカウンター席

カウンター席もありますので、1人でも気兼ねなく

以前の店舗に比べ、下北沢駅からお店までの時間は半分くらいに、そして店内は席数も増えゆったりとした空間になりました。シックで落ち着いた雰囲気となり、よりゆったりとカレーを味わうことができます。

オーダーしたのは「マハーカツカレー」1520円(税込)、普段はあまり頼まないメニューですが移転記念ということもあり、久しぶりにいただきます。

般°若(パンニャ)の『マハーカツカレー』1520円(税込)

衣が黒いのはイカスミを使っているから

カレー自体はさらっとしています

黒と白のコントラストが美しい

「あああ、幸せだ、、、」

思わずそうつぶやいてしまうカツ。絶妙な厚さそして揚げ具合、旨みというか甘みを感じる豚肉は脂までしっかりとおいしい。本当に全てが揃ったカツだと、久々に味わい改めて実感しました。

もちろんカレーも絶品。スパイスをしっかりと感じつつ旨みを感じられる、さらさらですがスープカレーとは一線を画す、このお店独自のカレーです。カツとの相性も抜群、幸せすぎて豊かな気持ちになれます。

もちろんカツとの相性も抜群です。あああああ、幸せすぎる、、、

お店からのメッセージ

この黒板を読んでハッとしましたが、2009年に下北沢にオープンしていたのですね。下北沢カレーフェスティバルの盛り上がりと供に、下北沢はカレーの街と呼ばれていますが、『般°若(パンニャ)』は先駆けのお店で間違いないです。

以前の店舗はカウンターが中心で場所的にも人を連れて行くのを躊躇していましたが、移転したことにより積極的に人を連れて行きたいお店になりました。さらに雰囲気もよくなり、アクセスもしやすくなった『般°若(パンニャ)』にぜひお越しください。

『般°若(パンニャ)』

北沢2-33-6 スズキビル1F
03-3485-4548
11:30~15:30(LO)、17:30~20:30(LO)
水曜定休
http://www.pannya.jp
Twitter

About the Author

クロダマサノブ

クロダマサノブ、もしくは廣田西五です。「予定は未定であって決定ではない」の人で、別名シモキタさん。主にインターネッツ各所や、ライブハウス、サーキット、そして下北沢にいる。愛知県豊川市出身、京都市右京区経由で、普段は世田谷区で生息しているが、突然京都や大阪そして新栄のライブハウスに現れ泥酔し、泣きながらライブを最前列で見ている。要注意だ [Twitter]ymkx

View All Articles