下北沢カレーフェスティバル『ぱくぱくパーク』クラウドファンディングについて、最後のお願い

2019年10月10日から22日まで13日間にわたり『下北沢カレーフェスティバル2019』が開催されます。その公式企画として屋外飲食スペース『ぱくぱくパーク』は開催されます、昨年は3連休のみの開催でしたが、今年は3連休(10月12~14日)に加え後半の土日(10月19・20日)の合計5日間の開催となります。以下の画像から、それぞれのステージイベントの詳細を確認することができます。

10月12日(土)『カレーまんのキッズダンス音楽祭』
10月12日(土)『カレーまんのキッズダンス音楽祭』
歌え!ドラマー達! vol.10
10月13日(日)
『歌え!ドラマー達! vol.10』
ぱくぱくトーク~耳をすませば~
10月14日(月祝)
『ぱくぱくトーク〜耳をすませば〜』
「下北沢にて×カレーフェス」
2019年10月19日(土)
『下北沢にて×カレーフェス』
2019年10月20日(日) 『路上演劇祭3』
2019年10月20日(日)
『路上演劇祭3』

昨年、勢いだけで企画をスタートさせましたがクラウドファンディングを達成させることができず、かなりの金額の赤字となってしまいました。そして、今年も後先考えず5日間に拡大、資金はほぼクラウドファンディングのみでまかなう計画です。

しもブロがなぜ『ぱくぱくパーク』にこんなにチカラを入れるのか、説明をし始めるととんでもない文字量になってしまいますので思いっきり完結に述べますと、下北沢カレーフェスティバルで下北沢にお越しになられた方に下北沢のカルチャーである音楽そして演劇に気軽に触れてもらいたい、そのことに尽きます。

元々ライブハウスによく足を運んでいたことから下北沢を拠点として仕事を始め、その後、下北沢情報サイトの「しもブロ」や音楽情報サイトの「316」をはじめました。下北沢が拠点の劇団フルタ丸との出会いもあり、音楽のみならず演劇も下北沢でよく見ています。よく見ているからわかるのですが、音楽にしても演劇にしても実際に興味を持ちライブハウスや劇場に足を運ぶに至るまでには大きな障壁があります。そもそも、音楽や演劇に触れるためにはライブハウスや劇場に行く必要があるわけで、、、。私が下北沢で活動を続けているのは、この街が演劇の聖地であり、かつ音楽の聖地でもあるからです。その魅力をどうにしかして伝えたい、そんな思いから『ぱくぱくパーク』でステージイベントを行います。

たぶん、今年も大きな赤字が出るとしもブロとして来年ぱくぱくパークを実現することは難しくなると思います。しもブロを運営している有限会社第四企画は超零細企業でして、昨年同様の赤字の場合は今年限りで撤退せざるを得ません。そもそも、しもブロ自体の運営も危うい、、、。

今年の『ぱくぱくパーク』を無事実現し、来年の『ぱくぱくパーク』につなげたい。本当に勝手なお願いではありますが 、下北沢を愛するしもブロ読者の皆さんから支援をいただければ幸いです。

支援はこちらから ⇒ 『ぱくぱくパーク』で下北沢カレーフェスティバル2019を盛り上げたい!終了しました

ぱくぱくパーク、前半の3日間の会場「下北線路街 空き地」、2020年末まで限定のイベントスベース
ぱくぱくパーク、後半2日間の会場となる小田急線跡地は、下北沢カレーフェスティバル2019の後、工事が始まり 洗練された個店が集まる次世代型の商業ゾーン の工事が始まります