2020年10月2日(金)から4日(日)までの3日間にわたり『第12回 下北沢映画祭』が開催されます。毎年この時期に開催される下北沢映画祭ですが、今年は配信プラットフォーム「STAY HOME MINI-THEATER powered by mu-mo Live Theater」と連携し、全セッションがオンラインにて開催されます。

オンライン開催にあたり、下北沢映画祭実行委員会からのメッセージを掲載します。

オンライン開催決定にあたり
 
下北沢映画祭実行委員会は、新型コロナウィルス感染拡大防止
およびお客様とゲスト、関係者、スタッフの安全確保を最優先するため、スタッフと協議を重ねた結果、【オンラインでの開催】に踏み切ることにいたしました。
私たちはこれまで「映画を観る」「映画を届ける」ための“場所”を作り出すことにこだわりたいと考えてきました。
そんな私たちにとって、オンラインでの開催は苦渋の決断でした。ただ、先の見えない状況の中で、映画文化の灯を消さないため、そして下北沢の街に再びにぎわいを取り戻すため、私たちが、いまできることは何かを考えた結果、「中止」という選択肢だけはありませんでした。

第12回のテーマは「映画は、いつもの街で待っている」。
世の中が大きく変化しているなか、新たな常識に翻弄されている「いま」のことを考えました。

日常はいま、ものすごいスピードで変わっていきます。しかしながら、映画は私たちの手の届くところにある。 “変わらないもの”がいつもの街=下北沢にはあるという想いをテーマに込めました。

そして、どんな形であっても「新たな才能を発掘する」「多様な自主映画の表現の場を守る」「下北沢の特性を活かした企画を届ける」という、下北沢映画祭本来の目的は実現できると信じております。オンライン開催は初の試みとなり、慣れないことも多いですが、これまでインディペンデント映画に触れてこなかった方たち、
下北沢に来たことがない方たちにとっての「発見」の場になって欲しいと強く願っています。

下北沢映画祭実行委員会 スタッフ一同

それでは、気になるプログラムをそれぞれご紹介します。

初日となる10月2日(金)20時~22時30分はオープニングプログラム【下北沢で語らう夜「映画は、いつもの街でまっている」】を開催。映画祭や下北沢ゆかりのゲストをお招きしてのトークセッションを、初の試みとなるYouTubeライブにて生配信! 場所は「下北線路街」エリアに今年オープンした【BONUS TRACK】よりお届け。ゲストには昨年、映画祭にてワールドプレミアを行った『街の上で』より今泉力哉監督や共同脚本を務めた漫画家の大橋裕之さん、下北沢トリウッド大槻貴宏支配人をはじめ、コロナ禍でも止まることなく進み続けた下北沢で働く方々が登場。

今泉力哉監督と大橋裕之さん

実はしもブロはこのオープニングプログラムに協力しており、第2部のゲストであるフルタジュンさん(劇団フルタ丸代表)・谷川隆次さん(こはぜ珈琲店長)・森本真一郎さん(下北沢MOSAiC)と共に、2020年の下北沢と未来の下北沢を語りつくします。聞き手はしもブロのクロダが務めます。

フルタジュンさん(劇団フルタ丸代表)
谷川隆次さん(こはぜ珈琲店長)
森本真一郎さん(下北沢MOSAiC)

配信は、下北沢映画祭のYouTubeチャンネル、第12回下北沢映画祭【オープニングプログラム】からご覧ください。

2日目となる10月3日(土)12時から19時30分に行われるメインプログラムのAプログラム【コンペティション】は、実写・アニメーション・ドキュメンタリーなどジャンルを問わず、全国から応募のあった237作品の中からノミネート作品10作品をオンライン配信。ゲスト審査員に『Red』の三島有紀子監督をお迎えし、授賞式、審査員とノミネート監督とのトークセッションは下北沢から生配信でお届けします。配信チケットは2000円です。

『愛をたむけるよ』
(監督:団塚唯我/28分45秒)
14年前に母を亡くした三戸兄弟は東京の小さなアパートに二人で暮らしている。ある日、兄の佑介は母に良く似た女性木下菜月と運命的な出会いを果たす。弟の章大はその様子をアパートのベランダからじっと見つめている。
『覚めぬ夢などあるじゃなし』
(監督:目黒大輔/17分)
夢から覚めるといつもびしょ濡れになってしまう男。今日もまた悪い夢を見たかぁと目覚める。悪い夢が影響し、男は仕事を失ってしまう。自暴自棄になった男は酔いつぶれ、再び夢を見る。これは夢か現実か!? 夢と現(うつつ)の境界線を眠り男が不本意ながらもぶち破る!
『形をとって』
(監督:宮崎樹里愛/28分11秒)
写真家を目指す藤永あきは、高校時代の友人・緒崎エレナと上京する。それから二年経った今も、あきはエレナをカメラに収め続ける。しかし、エレナの恋人・水上圭一郎がエレナをつれ出し、あきとエレナの繋がりは激しくほどけてゆく。フィルムに残ったのは、たしかな記憶。あるいは、形にならないものへの憧憬。
『SHADE』
(監督:野口高遠/6分2秒)
男が夜道を走っている。彼は名もなきボクサー、体の不自由な祖父の世話をしながらボクシングをしている。必死にサンドバックを叩く男。それに触発されたかのように、祖父である老人が顔を上げる。
『蝸牛』
(監督:都楳勝/19分)
中学三年生の日比野千帆は幼馴染の美男子、沼田信平と付き合っている。信平は歳を重ねる度に自分の身体が男である事に違和感を覚え始めている。それを知っている千帆は、いつか嫌われてしまうのではないかと不安でいっぱいだ。
自分の性を変えたい信平とこのまま変わらずに信平と過ごしたい千帆の性春のひととき。
『ストレスフルスイング』
(監督:山村もみ夫。/14分35秒)
このストレスフルな時代、あなたは何に怒りを感じますか?あなたはどんな問題を抱えていますか?ストレス解消のためにバッティングセンターに来た男のストレスが、どんどん溜まっていく話。
『curfew』
(監督:無し 制作代表:諫早幸作/53分07秒)

『curfew』は自粛期間の中、俳優の諫早幸作の発案から、親交のある役者12人で制作した配信作品。企画会議・脚本・撮影・編集を全て自分達で行い、リモートやビデオ通話などを通して、喪失から立ち直れず現代を生きるある一人の青年の物語を描く。
『多日想果』
(監督:大門 嵩/19分19秒)
台湾に憧れて留学したタカシ。日本では味わえなかった楽しい日々。そんなある日、屋台で働くフェンに恋をする。しかし、自分の気持ちを率直に伝えることができないまま時は流れ、恋は無情な形で幕を閉じることになる…
『杭を打て』
(監督:村上創紀/37分00秒)
横山・永田・緑川のバカトリオは殺し屋を装い同級生を拉致し「罪の告白」をさせることで更生させていた。うまくいってるようでうまくいかない3人。ある日、3人のせいで同級生の中島が暴力教師・大城に酷い姿にさせられる。3人はターゲットを暴力教師の大城に定めるが…
『ナイトライダー』
(監督:佐藤安稀/41分)
意味もなく繰り返す日々の中、主人公マツモトは少女ヨンと出会う。ヨンの不思議な魅力に少しずつ心惹かれていくマツモトは惰性の日々に色を見出してゆく。そんな中、友人・ハカセと進めていた”計画”がついに実行段階に突入する。遂に訪れる計画実行の夜、3人の若者の運命が交差する–
ゲスト審査員 三島有紀子監督

最終日の10月4日(日)は、3つのプログラムを開催。13時~15時はBプログラム【行定勲監督スペシャル対談 -コロナ禍での変化と下北沢- powered by世田谷サービス公社】を有料配信(チケット1800円)。back numberの楽曲を元にしたショートムービー『世田谷ラブストーリー』を手がけるなど、以前より下北沢にゆかりのある行定勲監督。今年7月には又吉直樹原作で下北沢を舞台にした『劇場』が公開され、配信と劇場公開を同時に行うなど新しい挑戦が話題に。またコロナ禍ではいち早く、リモート映画『きょうのできごと a day in the home』を制作し、映画界へ大きな影響を与えました。行定監督と『劇場』で音楽を手がけられたミュージシャンの曽我部恵一さんをゲストにお迎えし、下北沢への想いや、コロナ以後の創作活動の変化について対談形式で存分に語っていただきます。

行定勲監督、曽我部恵一さん、森直人さん

プログラム前半は、映画評論家の森直人さんを聞き手にお迎えし、コロナ禍で感じたこと、それぞれが考える映画祭やライブの未来、そして下北沢への思いをたっぷり語っていただきます。
そしてプログラム後半は、曽我部さんが屋外へと場所を移し、弾き語りのライブパフォーマンスを披露。行定監督の対談からインスピレーションを得て選んだという2曲を歌ってくださいます。 上映作品として、浅香航大さん、清野菜名さん共演、下北沢と三軒茶屋を舞台にしたショートムービー『世田谷ラブストーリー』(監督:行定勲/28分)を配信します。
尚、本プログラムは事前収録となります。

対談風景
『世田谷ラブストーリー』
©UNIVERSAL MUSIC LLC

続く16時から19時はCプログラム【『ドロステのはてで僕ら』上映 in 下北沢映画祭】を有料配信(チケット1800円)。ヨーロッパ企画×下北沢トリウッド×下北沢映画祭で製作された『ドロステのはてで僕ら』。観客動員数1万人突破し現在スマッシュヒット中の本作を、1日限りのオンライン配信&ゲストによる初のコメンタリーを実施します。

『ドロステのはてで僕ら』
© ヨーロッパ企画/トリウッド2020

ゲストは、ヨーロッパ企画の作・演出で、『ドロステのはてで僕ら』脚本を手がけた上田誠さん、主人公・カトウ役の土佐和成さん、カフェの謎めいた客イシヅカ役の本多力さん。一度観ただけではわからない構造や撮影手法など、濃密な舞台裏を本編を観ながら振り返るメンバーのトークは本映画祭が初となります。

上田誠さん
土佐和成さん
本多力さん

そして19時30分から21時は、第12回下北沢映画祭最後となるクロージングプログラム【コンペティション受賞作品上映+アフタートーク】を有料配信(チケット1000円)。前日に決定したばかりの受賞作品をSTAY HOME MINI-THEATERより配信。作品上映後は、下北沢映画祭YouTubeライブにて監督へのインタビューを行います。

第12回下北沢映画祭ノミネート作品

今年はオンライン開催となった『第12回 下北沢映画祭』、各情報が掲載されているプログラムのPDFはこちらからご覧いただけます。。各プログラムの有料配信チケットは、開始5分前まで「STAY HOME MINI-THEATER powered by mu-mo Live Theater」にて販売中です。無料配信のオープニングプログラムは下北沢映画祭のYouTubeチャンネル、第12回下北沢映画祭【オープニングプログラム】からです、ぜひご覧くださいー!

第12回下北沢映画祭

『第12回 下北沢映画祭』

2020年10月2~4日
オンライン配信にて開催
主催:下北沢映画祭実行委員会
後援:世田谷区、下北沢商店連合会(下北沢一番街商店街振興組合・下北沢南口商店街振興組合・しもきた商店街振興組合・下北沢あずま通り商店街・代沢通り共栄会・下北沢南口ピュアロード親栄商店会)、北沢二丁目協和会、北沢二丁目南町会
協賛:世田谷サービス公社、東放学園映画専門学校、Cyber Link、steal factory
協力:STAY HOME MINI-THETAER powerd by mu-mo Live Theater、addingdesign LLC.、下北沢トリウッド、しもブロ
助成:アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
公式Webサイト
公式Twitter
公式YouTube

About the Author

クロダマサノブ

クロダマサノブ、もしくは廣田西五です。「予定は未定であって決定ではない」の人で、別名シモキタさん。主にインターネッツ各所や、ライブハウス、サーキット、そして下北沢にいる。愛知県豊川市出身、京都市右京区経由で、普段は世田谷区で生息しているが、突然京都や大阪そして新栄のライブハウスに現れ泥酔し、泣きながらライブを最前列で見ている。要注意だ [Twitter]ymkx

View All Articles