2022年9月30日(金)から10月2日(日)の3日間にわたり下北線路街のreload及びADRIFTにて、中央ヨーロッパの国・チェコの魅力を紹介する日本最大級のイベント『チェコフェスティバル2022 in 東京』が開催されます。

チェコフェスティバル2022 in 東京
チェコフェスティバル2022 in 東京

■チェコを知ろう、チェコを楽しもう!多彩なステージプログラム

「ADRIFT」のステージでは、コンサートやダンスパフォーマンス、旅行のヒントが得られるプレゼンテーションやトークショーなど、毎日充実したステージをお届けします。総合司会はチェコ人タレントのスザンカ。

チェコフェスティバル2022 in 東京 ステージプログラム

2022年7月よりEU理事会議長国を務めているチェコ共和国が中心となり、「ヨーロッパ言語の日」を記念する特別プログラムとして、EUNIC JAPAN (在日EU加盟国文化機関)10ヶ国が参加する「EUの10言語にチャレンジ!」をステージで開催。

その他にも、創業150年を誇るペトロフ社のチェコ製ピアノをバックにバイオリンやクラリネットで奏でるチェコの音色、民謡ミニコンサート、すぐに使える簡単チェコ語講座、講演会や伝統舞踏のステージでチェコの文化を丸ごと楽しむことができます。

チェコ音楽コンサートや民族舞踏パフォーマンス
チェコ音楽コンサートや民族舞踏パフォーマンス

チェコ政府観光局と共にチェコの魅力発信をしているチェコ親善アンバサダーからは、地元の人のような旅の楽しみ方、モラヴィアでのワイン巡りのヒント、プラハのフォトスポット、チェコマル秘スポット、チェコ人と音楽の関わりといった、チェコ旅行のヒントやチェコの文化を教えてもらえます。いくつかのステージプログラムでは、チェコグッズが当たるクイズも実施予定です。

チェコ旅行に役立つ豆知識、チェコ文化の紹介
チェコ旅行に役立つ豆知識、チェコ文化の紹介

■チェコのお土産やグルメが勢ぞろい

今年のチェコフェスティバルには、21の企業・団体が集います。チェコを知らない方から、ディープなチェコファンまで、誰もが満足できるラインナップです。reloadのENTRANCEホールとPOPUPスペース、ADRIFTホール、ADRIFT広場の4つのスペースに、さまざまなチェコ関連製品が並びます。

「reload」1階のEntrance HallとPOP UP SPACEでは、アクセサリーやキャラクターグッズ、おもちゃや本などのチェコ製品の販売が行われます
チェコの定番お菓子
チェコの定番お菓子

雑貨やもぐらのクルテクグッズ、文具、音楽CD、オーガニックコスメ、チェコビーズ、アクセサリーやヴィンテージ雑貨、焼き菓子など、これほど多くチェコ製品が集結する機会はなかなかありません。

アクセサリー、ビーズ、CDなど充実のチェコ雑貨
アクセサリー、ビーズ、CDなど充実のチェコ雑貨

ADRIFTホールとADRIFT広場にはチェコグルメが集結。ピルスナービール発祥の地プルゼニュで生まれたピルスナーウルケルは、公認タップスターが注ぐ最高の味わいを楽しめます。チェコ・ザーツ(ジャテツ)産ファインアロマホップを使用したザ・プレミアム・モルツは、みずみずしいホップの香りが特徴です。同じくザーツ(ジャテツ)産ファインアロマホップだけを贅沢に使用したエーデルピルスは高貴で清々しい苦みが特徴。ソーセージやフレビーチェクとの相性抜群です。その他数々のクラフトビールやモラヴィアワインもお試しいただけます。

左からピルスナーウルケル、エーデルピルス
左からザ・プレミアム・モルツとチェコワイン

■街角詩人ロボットのヘレンカちゃん

渋谷・Bunkamuraで好評を博した「街角詩人ロボット」の「HELENKA CZYAD2022」(通称ヘレンカ)がチェコフェスにも登場します!チェコを代表する作家カレル・チャペックが約100年前に発表し、テクノロジー誤用への警鐘を鳴らした戯曲『ロボット(R.U.R.)』から着想を得て、チェコセンター東京と横浜美術大学の共同プロジェクトとして制作されたものです。

廃材で作られたロボットはガチャガチャになっており、100円で手にできるカプセルにはチェコの詩人が現代社会に向けて綴った詩と、チェコの国樹であるボダイジュの種が入っています。117つの詩のうち、どんな詩に出会えるか、ぜひ試してみてくださいね!

街角詩人ロボット「ヘレンカ」
街角詩人ロボット「ヘレンカ」

■チェコ政府観光局公式マスコットの「レフ丸」も登場

そして、昨年に続き、今年もレフ丸が1日3~4回チェコフェスティバルに登場し、会場を盛り上げます。会場内を歩いている時は写真撮影も可能です。

チェコ政府観光局公式マスコット「レフ丸」
チェコ政府観光局公式マスコット「レフ丸」
レフ丸が来場者の皆さんにご挨拶します
レフ丸が来場者の皆さんにご挨拶します

まるでチェコにいるかのような気分になれる楽しいフェスティバル、『チェコフェスティバル2022 in 東京』にぜひお越しください。

『チェコフェスティバル2022 in 東京』出店者一覧
『チェコフェスティバル2022 in 東京』出店者一覧

チェコにはもちろん行ったこともなく、どんな国なのか全く分からないのですが、中世の街並みが残る首都プラハなど、美しい景色がまずは目に浮かびます。が、今回のイベントの出店者一覧をチェックしてビールの出店がたくさんあることが気になり調べてみましたところ、実はチェコはピルスナービール発祥の地であり、日本で流通しているビールの約99%がこのピルスナーに分類されていると知り、俄然興味が湧いてしまいました(単純)。

そんな、チェコに関する様々なカルチャーが集まるイベントが下北沢で開催されるとのことで、ぜひこの3日間はreload・ADRIFTに足を運んでもらいたい! 私ももちろん行きます、ビール飲むぞーー! ビールからはじまるチェコとの出会い、思う存分堪能させていただきます。最新情報はチェコフェスティバル公式Facebookで更新されますので、こちらもチェックしてください。

『チェコフェスティバル2021』の模様

『チェコフェスティバル2022 in 東京』

会期: 2022年9月30日(金)-10月2日(日)
開場時間: 9月30日(金)14:30~20:00
     10月1日(土)10:00~20:00
     10日2日(日)10:00~18:00
会場: 下北沢・reload/ADRIFT(北沢3-9-23、小田急線・京王井の頭線「下北沢駅」徒歩約4分)
入場料: 無料
主催: チェコセンター東京、チェコ政府観光局、DIVADEO株式会社、P&Mチェコ有限会社
ゴールドスポンサー:アサヒビール株式会社、サントリー株式会社(50音順)
後援:チェコ共和国大使館、世田谷区、外務省
チェコフェスティバル特設サイト
チェコフェスティバル公式Facebook
チェコ共和国公式Twitter

About the Author

クロダマサノブ

下北沢情報サイト【しもブロ】のキュレーターです、キュレーターってなんやねんって?下北沢のありとあらゆるモノをキュレーションしています。下北沢の街にたどり着いて25年、常に変化し続けるこの街のことを見続け、下北沢のイマを伝えています

View All Articles