ブリキボタン「鶏肉とキノコのパイ包み焼き赤ワインソース」

みなさま、こんにちは。
GWの谷間で、GW前半とのギャップにもがき苦しんでいるYOSHIKOです。
先日のキャンプでの出来事ですが、双眼鏡でずっと何かを夢中で見ている友人に、
「何見ているの?」と聞いたら、「お尻の谷間」と言った友人が忘れられませんw
世の中には色々な谷間がありますね。

さて、今日は以前から行ってみたかった「ブリキボタン」をご紹介します。
以前にもこのブログ内で下北沢カレーフェスティバル! 川越シェフも訪れた! ブリキボタン の限定カレー!
ブリキボタン *といった記事で紹介されています。

川越シェフが訪れたなんて聞いたら、行ってみたくなりますよね。(棒)

店内に入ると可愛いお姉さん(スタッフ)が二人いました。
店内は女性しかいなく、ほぼ満席でした。

窓際に座ります。
前述の記事に写真がありますが、店内はオシャレで男女問わず、好感を持つ内装です。

今日はランチということで、
本日のランチ「鶏肉とキノコのパイ包み焼き赤ワインソース」1,100円を頼みました。
バゲットとライスから選べるということで、今日はライスを選びました。
あと、どのメニューにもサラダとドリンクが付きます。
ドリンクはこの中から選べます。
ブリキボタン ランチのドリンク

料理とドリンクが到着しました。
ブリキボタン ランチ 

メインのお皿です。
ブリキボタン 鶏肉とキノコのパイ包み焼き赤ワインソース
サラダはサニーレタスがメインで人参とピクルスがのっていました。

パイ包みの中です。
パイをあけると閉じ込められていた、バターと舞茸の良い香りが広がります。
ブリキボタン 鶏肉とキノコのパイ包み焼き赤ワインソース 断面
キノコは舞茸、鶏肉はもも肉、バラ、ひき肉と3種類入っていました。
この3種類のお肉の食感の違いがとても心地よく、舞茸の食感もあわさり、
一度に沢山の食感を楽しめます。
パイ包みの効果なのか、鶏肉への火の入りがマイルドでとても柔らかったです。

味付けは塩、こしょうといったシンプルなものですが
その分、お肉本来の味を楽しめます。
味を変えるときには赤ワインソースをつけて食べてください。
酸味が効いていて、お肉の風味を違ったものにしてくれます。
赤ワインソースが風味を支配します。

あ〜ワインが欲しくなってきました。

ブリキボタン ランチ ライス
ライスはほどよい炊き加減で、とても粘り気があり噛めば噛むほど甘みがます美味しいお米でした。
私の実家ではお米を作っているので、お米の味にはうるさい方ですが
ここのお米、美味しいですよ。

ワインリストを見ると、なかなか力が入っているので
ディナーでも来たいなって思わせるお店です。

—————————————————-

【ブリキボタン CAFE & DINING】
北沢2-14-7 下北沢セントラルビル2F
03-3424-2002
LUNCH 12:00 ~ 16:00
CAFE 12:00 ~ 18:00
DINNER 17:00 ~ 24:00 (food/L,O.23:00 drink/L,O 23:30)
無休


大きな地図で見る