昨日、とんこつラーメンのお店を紹介したばかりですが、とんこつといえばこのお店を外す訳にはいかない。というか、いままでシモブロで取り上げていなかった事自体がおかしいのかもしれない、天然とんこつラーメン専門店『一蘭』さんのご紹介です。

南口から徒歩3分、天然とんこつラーメン専門店『一蘭』さん外観

よく考えたら、下北沢では一度も入っていなかった、、、ちょっと暗めの入り口にある券売機で食券を買います。もー、潔いくらいラーメン一本、それが一蘭。

一蘭の券売機

食券を買い、空き席をチェックします

半個室、何度来ても落ち着かない

『一蘭』というと一人一人が区切られた半個室風のカウンター、【世界初 味集中カウンター 特許番号 第4267981号】が正式名称だそうだ(参考:公式サイト お食事環境)。

ラーメンが1種類しかないのは、細かくラーメンの味を設定できるから

ラーメンのオーダー用紙を出して、しばし待ちます。にんにくはいってるのか、あんまり気づかなかったけど。

一蘭のラーメン 790円(税込)

はーい、きましたー。見た目からも繊細でクリーミーな雰囲気が伺えます。こう、無駄がない感じがいいですよね、とんこつラーメンって。まずはスープを一口、とんこつだけど独特な臭みは無く、それであってとんこつの良さが味わえる。久しぶりに食べましたが、変わらず丁寧なとんこつラーメンですね。

丁寧でクリーミーなとんこつスープ

麺は細麺ストレート、やっぱりとんこつにはこの麺が合う

ほろっと崩れるチャーシュー

味の変化は秘伝のタレで、ちょっとずつ溶かしていくとだんだんスープの色が変わってくる。2倍にしたので、予想よりも赤くなってきたー。

2倍でこの赤さ、10倍までは同一値段なので、今度チャレンジしよう10倍に

豚骨ラーメンといえば替玉ですよ、替玉。箸袋に丸をつけて替玉をオーダーです、今度は超かたにしよーっと。箸袋と現金をおねーさんに渡します。そういえば、一蘭って店員さんといっさい話さなくてもオッケーって言われてるけど、俺店入ってから店員さんと何度も話してるなぁ、、、。

箸袋で追加オーダー、超かたでお願いします。半分量の半替玉もあるよー

替玉190円、超かた

超かたな替玉を赤くなったスープに投入。うん、俺は硬めより超かたくらいでちょうどいいかもしれない。

というわけで、実は下北沢では初めて入った『一蘭』さんのご紹介でした。外からだと全くお客さんが入っているのかわからなかったけど、お昼時ということもありずっと満席の状態が続いていましたね。また今度、〆の一杯でこよーっと。あ、下北沢で1番好きな『ラーメン』2014の投票もお待ちしておりますー。

—————

【一蘭 下北沢店】
北沢2-14-10
03-3410-8260
11:00-翌6:00
年中無休
http://www.ichiran.co.jp/html/kt_shimokita.html

About the Author

クロダマサノブ

クロダマサノブ、もしくは廣田西五です。「予定は未定であって決定ではない」の人で、別名シモキタさん。主にインターネッツ各所や、ライブハウス、サーキット、そして下北沢にいる。愛知県豊川市出身、京都市右京区経由で、普段は世田谷区で生息しているが、突然京都や大阪そして新栄のライブハウスに現れ泥酔し、泣きながらライブを最前列で見ている。要注意だ [Twitter]ymkx

View All Articles