2020年11月6日に、下北沢南口商店街に鶏ラーメンの『壱鵠堂(イチコクドウ) 下北沢店』がオープンします。それに先立ち11月4日にプレオープン、いち早くラーメンを味わってきました。

壱鵠堂(イチコクドウ) 下北沢店
店内はテーブル席が中心ですが、一人向けのカウンター席もあります
ランチタイムはお得なセットメニューもあります
注文は卓上にあるタブレットで行います
最もスタンダードな壱鵠鶏骨(イチコクトリコツ)らーめんをオーダーします
かしわ天が美味しそうだったので、セットにしました

11時30分前に行ったのですが、すでにまあまあお客さんが入っていました。1階はカウンター席とテーブル席で、2階はテーブル席のみで大人数できても大丈夫そうです。ちなみに、お手洗いは2階にあります。

そして、オーダーして5分も経たずにラーメンが来ました。

「壱鵠鶏骨らーめん」820円(税込)+ランチセット「かしわ天」100円(税込)
キクラゲが載っていたりして、ぱっと見は豚骨的な雰囲気
スープは乳白色、豚骨よりは色が濃いですね
麺は細麺、提供までの時間が短いのは細麺だからですね
チャーシューも鶏もも肉

スープはとてもまろやかで上品な感じの鶏出汁、臭みは全くありません。鶏骨らーめんと名乗っていることだけあり、鶏の旨味が凝縮されたスープです。麺は細麺ですが、もちっとした食感が鶏骨スープにとてもマッチします。写真では鶏チャーシューが1枚だけに見えますが、3枚入っていますので満足感もバッチリ。

ランチセットで追加したかしわ天は、しっかりと味の付いたやわらかい鶏胸肉がクセになる一品。刻みわさびを載せて頂くと絶品です、ビールが飲みたくなるなー。はい、ビールは生中450円(税込)です!
味玉や野菜、三種類の鶏チャーシューが楽しめるラーメンもあります

メニューを見てて気になったのは鶏尽くしらーめん。通常のももチャーシューにくわえ胸肉のしっとりとしたチャーシューやふわっとろの軟骨つくねと三種の鶏チャーシューと卵が入って+200円(税込)、ぜひ次回は試したいメニューです。ちなみに、麺はちょっと少なめなので、しっかり食べたい方は大盛り100円(税込)をオススメします。

黒マー油をトッピングした「黒」や、特製辛味噌を加えた「地獄」といったラーメンもあります
おつまみメニューも豊富なので、居酒屋代わりに利用するのもアリです。餃子も全て鶏肉を使っているのですね。〆のハーフらーめんや、鶏だし茶漬けといったメニューもあります

お客さんがたくさんだったので店内の写真は撮れませんでしたが、明るく清潔感があり広々とした店内は、下北沢のどのラーメン屋さんにもないタイプのお店。鶏らーめんはもちろんですが、おつまみのメニューも揃っているので、居酒屋代わりに使うのもアリです。営業時間は11時から翌朝6時と、深夜早朝まで営業しているのもポイントです。

鶏ラーメン『壱鵠堂 下北沢店』は11月6日グランドオープン。本日11月4日は、18時からもプレオープンします。11月5日はグランドオープン準備でお休みなのでご注意ください。

『壱鵠堂(イチコクドウ) 下北沢店』

『壱鵠堂(イチコクドウ) 下北沢店』

北沢2-12-7
11:00-06:00

About the Author

クロダマサノブ

クロダマサノブ、もしくは廣田西五です。「予定は未定であって決定ではない」の人で、別名シモキタさん。主にインターネッツ各所や、ライブハウス、サーキット、そして下北沢にいる。愛知県豊川市出身、京都市右京区経由で、普段は世田谷区で生息しているが、突然京都や大阪そして新栄のライブハウスに現れ泥酔し、泣きながらライブを最前列で見ている。要注意だ [Twitter]ymkx

View All Articles