下北沢を舞台とした映画『街の上で』、4月9日に11館で封切りしましたが、なんと9日間で1万人の動員を達成。興行通信社のCNEMAランキング通信のミニシアターランキングでは堂々の1位を獲得と、多くの方に評価されています。

そして、「TOHOシネマズ日比谷」や「T・ジョイPRINCE品川」をはじめとして上映館追加のお知らせがありましたが、ついに地元下北沢のミニシアター「トリウッド」での上映が決定しました。『街の上で』にも登場するトリウッドでの上映をとても待ち望んでいただけに、この決定はとてもうれしいです。上映初日は2021年5月1日(土)、トリウッドは火曜日が定休日ですのでご注意ください。

<『街の上で』タイムテーブル>
5/1(土)~7(金) 12:00/16:30
5/8(土)~10(月) 10:20/12:50/15:20/17:50
5/12(水)~14(金) 12:30/15:10/17:50
5/15(土)~21(金) 土日 10:40/15:20/17:50 平日 15:20/17:50
5/22(土)~28(金) 土日 11:10/15:20/17:50 平日 13:40/17:50
5/29(土)~6/4(金) 土日 11:30/16:00 平日 16:00
6/5(土) 11:30
6/6(日) 11:30/16:00
6/7(月)~11(金) 15:50
6/12(土)~18(金) 土日 10:50/15:40 平日 15:40
6/19(土)~ 時間未定
※平日火曜定休、最終日未定
<料金> 一般 1,800円 大学・専門 1,500円 シニア 1,200円 高校生以下 1,000円

さらに、「トリウッド」では映画『街の上で』の公開を記念し下北沢特集2021として『TOKYO EYES』『ざわざわ下北沢』 『かえるのうた』『下衆の愛』『アイスと雨音』の5作品を5月15日(土)から6月18日(金)にかけ上映します。下北沢が登場し、トリウッドでも上映された5作品、この機会に下北沢が舞台の5作品も合わせてご覧ください。

<下北沢特集 2021>
『 TOKYO EYES』『ざわざわ下北沢』 『かえるのうた』『下衆の愛』『アイスと雨音』

フランス人監督のジャン=ピエール・リモザンが、渋谷や下北沢を中心とした“東京”を舞台に吉川ひなの、武田真治、ビートたけしなど日本人俳優と共に撮り上げた 1998年の 『 TOKYO EYES』。
原田芳雄、柄本明、樹木希林をはじめ、田中麗奈、広末涼子など、当時下北沢周辺に住んでいたり下北沢に思い入れのある俳優陣が、市川準監督の呼び掛けに応え多数出演した 2000年の 『ざわざわ下北沢』。
いまおかしんじ監督が下北沢を舞台に文系女子デュオの姿を スケッチ。まだ駅が地上にあった頃の駅前が映るラストシーンが必見の 2006年の 『かえるのうた』。
「下北沢で撮影」という企画から始まり、“監督に愛される怪優”渋川清彦が夢を諦めきれないアラフォーのゲス監督を演じた 2016年の 『下衆の愛』。
松居大悟監督自身の経験を元に、“現実と虚構”“映画と演劇”の狭間でもがく若者たちの 1ヶ月間を、本多劇場とその周辺で 74 分ワンカットで描いた 『アイスと雨音』 。

変わりゆく風景が年代ごとに収められた5作品と、今の下北沢(とはいえコロナ渦の前、ですが)で描かれる『街の上で』を観て 、この “街 ”の 魅力を存分に味わいましょう!

2021年5月1日(土)~5月21日(金)
<下北沢特集 2021>
5/15(土)~21(金)
ざわざわ下北沢』 13:10
5/22(土)~28(金)
アイスと雨音』 土日 13:40 平日 16:10
5/29(土)~6/4(金)
TOKYO EYES』 土日 9:30 平日 12:00
6/5(土)~11(金)
かえるのうた』 土日 10:00 平日 14:20
6/12(土)~18(金)
下衆の愛』 18:10
※平日火曜定休
<料金>
『TOKYO EYES』『ざわざわ下北沢』『かえるのうた』
各作品 一般・シニア 1,000円 大学・専門 900円 高校生以下 700円
『下衆の愛』『アイスと雨音』
各作品 一般 1,200円 大学・専門・シニア 1,000円 高校生以下 900円

詳細はトリウッドの公式サイトをご覧ください。

『街の上で』

出演:若葉⻯也、穂志もえか、古川琴⾳、萩原みのり、中⽥⻘渚、村上由規乃、遠藤雄⽃、上のし
おり、カレン、柴崎佳佑、マヒトゥ・ザ・ピーポー(GEZAN)、左近洋⼀郎(ルノアール兄弟)、
⼩⽵原晋、廣瀬祐樹、芹澤興⼈、春原愛良、未⽻、前原瑞樹、タカハシシンノスケ、倉悠貴、岡⽥
和也、中尾有伽、五頭岳夫、渡辺紘⽂/成⽥凌(友情出演)
監督:今泉力哉
脚本:今泉力哉  大橋裕之
撮影:岩永洋
録音:根本飛鳥
美術:中村哲太郎
⾐裳:⼩宮⼭芽以
ヘアメイク:寺沢ルミ
助監督:滝野弘仁 平波亘
スチール:⽊村和平 川⾯健吾
音楽:入江陽
主題歌:ラッキーオールドサン「街の人」(NEW FOLK / Mastard Records)
製作:遠藤⽇登思 K.K.リバース 坂本⿇⾐
プロデューサー:髭野純  諸田創
ラインプロデューサー:鈴木徳至
制作プロダクション:コギトワークス
特別協⼒:下北沢映画祭実⾏委員会/下北沢商店連合会
製作幹事:アミューズ
配給:「街の上で」フィルムパートナーズ
配給協⼒:SPOTTED PRODUCTIONS
2019/日本/カラー/130分/ヨーロピアン・ビスタ/モノラル ©『街の上で』フィルムパートナーズ
■公式サイト https://machinouede.com/
■公式Twitter https://twitter.com/machinouede
■公式Instagram https://www.instagram.com/machinouede/

About the Author

クロダマサノブ

下北沢や京都のライブハウスに突然現れ、最前列で号泣しているおっさん。ライブイベント #316NIGHT はお休み中です。久々に日本人ドライバーのいるF1シーズンがはじまったので、F1でも号泣しそう。愛知県豊川市出身、京都市右京区経由、東京都世田谷区在住。 [Twitter]ymkx

View All Articles