毎年恒例の下北沢の映画イベント『第13回下北沢映画祭』が、2021年9月18日(土)~20日(月・祝)の3日間にかけて開催されることが発表されました。

『第13回下北沢映画祭』
『第13回下北沢映画祭』

昨年はオンラインでの開催となった『下北沢映画祭』ですが、今年は北沢タウンホールをはじめとし、下北沢の会場で開催されます。開催に辺り、下北沢映画祭実行委員会から以下のようにコメントが寄せられています。

【第13回下北沢映画祭開催にあたって】

昨年の第12回は新型コロナウイルスの影響を受け、下北沢映画祭初の無観客オンライン開催となりました。その経験から改めて強く実感したことは、下北沢映画祭の原点は「映画を観る」「映画を届ける」場所を作ることであり、暗闇で知らない誰かと同じ時間を過ごし、作品を媒介に他者と対話をする「体験」は、その⾏き帰りの道のりも含めて、映画鑑賞の醍醐味なのだということでした。
多様な⽂化が交わる下北沢という街で、新たな才能と作品、そして観客のみなさまと共に過ごす時間と場所、つまりは「⽇常」を再び⽣み出すため、今年は会場でのリアル開催を決定いたします。

下北沢映画祭実⾏委員会スタッフ⼀同

開催決定と同時に発表されたキービジュアルは、下北沢駅前の再開発によって、よりいっそう多⾯的な表情を⾒せるようになった下北沢の多彩なカルチャー、そして、作品ジャンルやプロ・アマを問わず「これからの映画」を担う新しい才能を、様々な⾊が交わるグラフィックで表現したとのこと。第13回下北沢映画祭をきっかけとして多様な才能が交わり、出会ってほしいという想いが込められています。

そんな『第13回 下北沢映画祭』ですが、メインである「コンペティション部門」の作品募集は6月30日までとなっています。6月23日現在で268作品の応募が集まっており、今年も様々なジャンルの作品がエントリーしています。本選にノミネートした作品は『第13回下北沢映画祭』最終日となる、9月20日(月・祝)に北沢タウンホールにて上映、審査員によるグランプリと準グランプリ、観客による観客商法かが決定します。また、入選作品は映画祭開催直後より動画配信サービス「UNEXT」でも配信されます。応募の詳細については下北沢映画祭公式サイトをご覧ください。

『第13回 下北沢映画祭』

⽇程︓9⽉18⽇(⼟)〜20⽇(⽉・祝)
会場︓北沢タウンホール(世⽥⾕区北沢2-8-18)ほか
   ※新型コロナウィルス感染拡⼤の状況次第では中⽌となる可能性もございます。
公式サイト︓https://shimokitafilm.com/
公式SNS︓@shimokitafilm

About the Author

クロダマサノブ

下北沢や京都のライブハウスに突然現れ、最前列で号泣しているおっさん。ライブイベント #316NIGHT はお休み中です。久々に日本人ドライバーのいるF1シーズンがはじまったので、F1でも号泣しそう。愛知県豊川市出身、京都市右京区経由、東京都世田谷区在住。 [Twitter]ymkx

View All Articles