2021年9月17日(金)から20日(月・祝)までの4日間ギャラリー「Space Sprout」にて、柿澤彩花さん初めての個展『話す写真』が開催されます。

柿澤彩花 初個展『話す写真』
柿澤彩花 初個展『話す写真』

初個展開催にあたり、ご本人からのメッセージをご紹介します。

北海道大学2年生 柿澤彩花が初個展を東京都にある下北沢Space Sprout で開催します。
展示するのはコロナ禍真っ最中に地元東京から北海道に引っ越し、夢中になって大学1年時に撮影した写真達です。
風景や植物の写真を中心に現地での体験・感じたこと・・・を述べたキャプションを一緒に展示します。まるで写真が話している様な気になること間違いなしです!

コロナ禍で得たものに少しでも関心を向けて2020年入学の学生を見てほしい。
この思いが伝わったらと思いドキドキの初個展開催に踏み切りました。

ぜひ私の写真の話を聞きに来てください。勿論皆さんのお話も待っています。

柿澤彩花 初個展『話す写真』フライヤーメッセージ
柿澤彩花 初個展『話す写真』フライヤーメッセージ

COVID-19という未知の感染症による恐怖で、街から人が消えてしまった2020年春。そんな最中、新たに入学した学生の皆さんの話、思い描いていたような大学生活を送ることができない現実を思うと、心が締め付けられる思いです。今回初めての個展を開催される柿澤彩花さんも、その一人です。

そんな、柿澤さんがどのような写真を撮っていたのか、リリースに記載されていたインスタを見て1枚の写真に目がとまりました。

今年の5月に投稿された桜の写真。純粋に北海道では桜がその時期に咲くのだと感じつつ、柿澤さんがどのような1年を過ごしたのか知りたくなりました。

写真展のタイトルは『話す写真』、下北沢のギャラリーに並ぶ北海道の写真がなにを伝えてくれるのか。あなたの目で、そして耳で、お確かめください。

[2021.9.18 追記]
初日の9月17日に、Space Sproutに伺い柿澤彩花さんの初個展『話す写真』を鑑賞しました。

柿澤彩花 初個展『話す写真』

私自身は高校の部活動や大学のサークルで写真を撮影しており、今もしもブロの取材やバンドの取材などで撮影を続けています。過去に写真展に出展したことや、開催したこともありますが、単独の個人展を開催したことはありませんでした。いや、開催しようとも思いませんでした。それだけに、北海道で大学生活を送っている柿澤さんが、初の写真展を、しかも個展で開催することにまずは驚かされました。

柿澤さんは中学時代から写真を撮りはじめたと伺いましたが、部活などの団体に所属していたこともなく、個展の開催以前に出展したこともなかったとのこと。そんな彼女が開催した個展、昨年の春以降、北海道で撮影された写真。大学のキャンパス内で撮影された写真もあれば、北海道の様々な土地で様々な時期に撮影された写真も。写真に添えられたタイトルはすんなり納得できるものもあれば、全くイメージが湧かないものまで。解説を読むことでそういうことかと理解できますが、さらにこの写真のもつストーリーを本人に伺いたくなる。Space Sproutや下北沢のギャラリーで開催されている写真展は数え切れないほど観てきましたが、今までに全く抱いたことのない感覚になりました。いわゆる一般的な写真展で見かけるよう作品やタイトルとは雰囲気が違う、写真展のタイトルでもある『話す写真』の意味が分かった気がしました。

ちなみに、柿澤さんに下北沢との関わりについて聞いたところ、関わり以前に来たこともなかったとか、それもある意味すごいことですよ。他にも色々なお話を伺いましたが、皆さんにも会場で柿澤さんの写真を観て、何かを感じ、そして彼女とお話をしましょう。開催期間中は基本的に在廊しているとのことですので、散歩がてらご来場ください。

柿澤彩花さん
柿澤彩花さん

柿澤彩花 初個展『話す写真』

2021年9月17日(金)~20日(月・祝)
11:00-18:00
Space Sprout(北沢2-39-6)
Instagram

About the Author

クロダマサノブ

下北沢や京都のライブハウスに突然現れ、最前列で号泣しているおっさん。ライブイベント #316NIGHT はお休み中です。久々に日本人ドライバーのいるF1シーズンがはじまったので、F1でも号泣しそう。愛知県豊川市出身、京都市右京区経由、東京都世田谷区在住。 [Twitter]ymkx

View All Articles