2022年3月30日に開業した『ミカン下北』、しもブロでは全飲食店のランチを実食レビューしちゃいます! 第1弾は【SHIMOKITA MEAT SPOT(下北ミートスポット)】(D-101)のダイニング『Esszimmer(エッシマー)』です。Esszimmerはエッシマーと読むのですね、ドイツ語で食堂・ダイニングルームを意味する単語です。

SHIMOKITA MEAT SPOT(D-101)の『Esszimmer(エッシマー)』
SHIMOKITA MEAT SPOT(D-101)の『Esszimmer(エッシマー)』

と、お店の紹介の前に【SHIMOKITA MEAT SPOT(下北ミートスポット)】について、ちょっとだけ解説。あずま通りや茶沢通りに繋がるアクセス道路沿いにある【SHIMOKITA MEAT SPOT】は、ダイニング『Esszimmer(エッシマー)』とインビス(スタンディングスタイルの軽食スタンド)の『KUON(クオン)』、そしてホットドッグ『FUJI DOG(フジドッグ)』の3店舗からなる飲食スポット。名前の通り、お肉にこだわった料理を楽しむことができます。

『Esszimmer(エッシマー)』のランチメニュー
『Esszimmer(エッシマー)』のランチタイムメニュー
細長ーい店内は2人掛けのテーブル席が20席、2つ使って4人掛けにもなります。このネオンサイン、夜は映えそうだなー
陽当たりマックスな窓側の席へ
陽当たりマックスな窓側の席へ
ランチメニューは「クオンカレー」と「ミートライス」
ランチメニューは「クオンカレー」と「ミートライス」

オーダーしたのは「クオンカレー」1000円(税込)、ドリンクセットが100円引きだったので「ジンジャーエール」もオーダーしました。

ドリンクのグラスはSHIMOKITA MEAT SPOTのロゴ入り
ドリンクのグラスはSHIMOKITA MEAT SPOTのロゴ入り
サラダがめっちゃカラフル、エディブルフラワー(食べられるお花)も入ってる
サラダがめっちゃカラフル、エディブルフラワー(食べられるお花)も入ってる
お花、普通に美味しかった。勝手に苦いのかなと身構えていたけど、お刺身の菊とはちがう
お花、普通に美味しかった。勝手に苦いのかなと身構えていたけど、お刺身の菊とはちがう

いやもう、サラダにエディブルフラワー(食用花)が入っている時点でちょっとビビってしまう、オリジナルのドレッシングをかけていただきます。エディブルフラワー、勝手に苦いのかと思っていたけど、フツーのお野菜と変わらない味でした。イチゴってサラダに入れても合うんだなぁー。そして、「クオンカレー」がやってきます。

Esszimmer(エッシマー)の「クオンカレー」1000円(税込)
Esszimmer(エッシマー)の「クオンカレー」1000円(税込)
この手の入れ物に入ったカレー、久々に食べるなー
この手の入れ物に入ったカレー、久々に食べるなー
なんかもう、こういうの慣れなくて緊張する
なんかもう、こういうの慣れなくて緊張する
「クオンカレー」いただきます
「クオンカレー」いただきます

???なんだろう、この味は。確かにカレーなんだけど、なんというかカレーの先にあるようなとてつもなく不思議な味わい。トマトベースのチキンカレーなのですがとーってもまろやかなのに、奥深くに感じられるスパイシーさ、ほのかに感じる辛味がなんだかとても不思議。この辛味は生姜が利かせているスパイス感だとか。旨味という単純な言葉では表現できない、あえて文字にするとすれば淡いのにとてもカラフルで奥行き深い感覚。なんというか、イマまでに食べたことのないとても不思議なカレーです。うーん、なんだろうこのカレーは。

いやいや美味しいんですよ、美味しいカレーなんだけど、単純に美味しいという言葉で表現したくない感じなんですよね。いやー、カレーという料理は本当に奥深いなぁ。

SHIMOKITA MEAT SPOT『Esszimmer(エッシマー)』、夜がメインのお店ですがランチでもぜひ絶品カレーを味わってください。

お店の入り口では、ソーセージも販売されています

SHIMOKITA MEAT SPOT『Esszimmer(エッシマー)』

北沢2-11-15 D-101
08:00-23:00
公式Web

About the Author

クロダマサノブ

しもブロキュレーター。20代前半で下北沢にたどり着き早20年、日々進化し続ける下北沢の街を巡り、下北沢の今を伝えています。

View All Articles