2月11日までシアター711でプロデュース公演をやっていた劇団フルタ丸の主宰フルタさんが、こんなことをツイートしているのに気がついた。

あ!! しまった! 年が明けたらすぐに記事にしようと思っていたのに、、、ごめんなさい。というわけで、下北沢が拠点の劇団フルタ丸が5月に行われる第22回本公演の出演者オーディションを開催します。オーディションは2月22日(土)、世田谷区内のどこか(応募者のみ通知)でやるそうだ。年齢や経験は問わず、参加費無料。面談と演技審査をするんだってー。あ、フルタ丸さんのブログからフルタさんのコメントを適当に引用すると、

当日は、おそらく台詞を読んでもらったりもするかと思いますが、
いわゆる演技審査はそれぐらいです。
基本的には、ただただ話します。レッツトーク。

レッツトークっっっ! え? 話すの? 話すだけ?? あれだね、フルタさんは参加者の方と話すことによって、その役者さんをどんなキャスティングするのかとかイメージしているんだろうなぁ(妄想)。いやいや、もっと書いちゃうと、その役者さんからにじみ出る何かから次回公演のストーリーを書いてしまうのでは(激妄想)、もちろんその人を主役に据えるんだよ、とかなんとか(勝手な妄想です)。

そうそう、5月の本公演前に劇団フルタ丸の役者さんをガッツリインタビューしよう、と画策中です。1年フルタ丸を観てて、フルタさんの話しは色々聞いたけど、役者さんにはほとんど話を聞いていなかったからねー。あー、折角だからオーディション通過して出演することが決定したら、その方も合わせて取材させてもらおう、そうしよう。フルタさんよろしぽー(こんな所からお願いすんなって)。

というわけで、劇団フルタ丸オーディションのお知らせでした。詳細は、後悔と演劇とフルタ丸『劇団フルタ丸 第22回本公演 出演者オーディション開催!』をご参照くださいませませ。あ、締め切りは2014年2月16日12時までだよ、遅れちゃやーよモードだよっっ! 次回公演をワクワクさせるような役者さんの参加を、勝手に外野からお待ち申し上げまーすー。

About the Author

クロダマサノブ

クロダマサノブ、もしくは廣田西五です。「予定は未定であって決定ではない」の人で、別名シモキタさん。主にインターネッツ各所や、ライブハウス、サーキット、そして下北沢にいる。愛知県豊川市出身、京都市右京区経由で、普段は世田谷区で生息しているが、突然京都や大阪そして新栄のライブハウスに現れ泥酔し、泣きながらライブを最前列で見ている。要注意だ [Twitter]ymkx

View All Articles