夏に刈り残されたツタの先端が、秋になったら自力で紅葉した。

健気だ。最後の力を振り絞っている。

いや、待てよ。
ひょっとして、自分が根元から切り離されていることに気付いていないのか?
それで、例年のとおり紅く色付いているのか?
そうだよなぁ。根元は塀の背面にあったもんなぁ。

ここは、代沢の一角。

何も知らずに、ツタは
(どうだい? 見事なもんだろ?)
と、紅色自慢をしている。

このツタに、本当のことを教えた方がいいのだろうか。

んんん…。

春になって、まだ気付かずに若葉を出していたら、その時に考えるとする。