自分が下北沢にたどりついたのは、【BOaT】(*1)というバンドがきっかけでした。たまたまジャケ買いした『フルーツ☆リー』というアルバムでこのバンドにはまり、下北沢のライブハウスに頻繁にきていたこともあり、下北沢に引っ越してきました。当時は独立したばかりで、会社を作ったのも下北沢。そう、【BOaT】がよくライブをしていたCLUB Que(*2)から歩いて30秒の場所に事務所を構えたのです。

*1: BOAT [Wikipedia] *2: CLUB Queリニューアルオープンおめでとうございます!

とにかく当時、このバンドへの自分のハマりっぷりは凄まじく、それまでの人生の中でも全く類を見ないレベル。下北沢のみならず渋谷・新宿・秋葉原・三軒茶屋・千葉・横浜、、、とにかくありとあらゆるライブハウスに足を運んでいました。

【BOaT】 Vo.Gt.:A.S.E、Vo.Cho.Gt.ミミング.:アイン、Vo.Ba.:しおり、Key.Cho.:坂井キヨオシ、Dr.Cho.:マユコ。確か、このライブハウスもCLUB Queだった気がする

が、楽しい日々はいつまでも続きません、2001年9月28日にCLUB Queで行われたライブで、BaのしおりさんDrのマユコさんそしてKeyの坂井キヨオシがバンドから卒業、事実上の解散となってしまいます。それ以来15年間、たくさんの音楽を聞きたくさんのライブを見てきましたが、自分の中で【BOaT】を越えるバンドは現れませんでした。もちろん素晴らしいバンドやアーティストとの出会いはありました。でも、あのバンドを越えるような、自らの魂を捧げても構わないバンドは存在していませんでした。

このまま【BOaT】を越えるバンドに自分は出会うことは無いのだろう、15年間ずっとそう思い続けてきたし、これからもそうなのだろうと考えていました。しかし、私は15年目にしてその絶対的場所に君臨していた【BOaT】を越えるバンドに出会ってしまいました。

2014年11月30日、下北沢で開催されていたライブサーキットイベント『下北沢にて’14』で私はそのバンドに出会いました。が、このときはまさに「出会っただけ」という表現が正しく、その日からそのバンドにハマってしまったわけではありません。私はこの日このバンドに出会ってしまい、瞬間的に心を奪われていたのです。そして、このキャラが登場するアクトを取材、その後いくつかのバンドのライブをまわり、なぜかベロンベロンに酔っ払いつつTHREEに向かいました。THREEに到着するとドリンクカウンター側からは全く奥に進むことができず、ステージ前に直結する扉を開けました。扉の先には人、人、人、人、とにかく人が多すぎでステージの前には進めません。うーん全然見えない、、、辛うじてスピーカーの後ろ側からドラマーの姿が見えるだけです。そして、そのドラマーを見ながらアクトを見た感想は、

「え、ガールズバンドなんだよね? なんだか男前で猛々しいドラマーだなぁ。それにしても何という盛り上がりなんだ、このバンドは、、、」

それが、このバンド【ぽわん】への第一印象でした。このバンドが何者なのか全くわからずに、ましてや「ガールズバンド」ではなく「ガールズ(?)バンド」であることすら気づいていませんでした。

その後、CLUB 251で『下北沢にて’14』のファイナルとなる【THEラブ人間】のライブへ。文字通りぎゅーぎゅー詰めの中、このイベントのラストを飾るにふさわしい盛り上がり。まさに最高の興奮状態で、この日の全アクトが終了しました。地下1階のCLUB 251から外に出るときに、たくさんのフライヤーを受け取りましたが、ひとつだけステッカーがあることに気づき、なにも考えずそのステッカーをスマホケースに貼りました。

数日が経過したある日、ふとこのステッカーが【ぽわん】のモノだと気づきました。あー、あのなんだかよくわからなかったけど、盛りあがってたバンドか。そこで初めて公式サイトをチェックし、驚愕の事実を知ることになりました。

マツナリナオキ
1978.5.26生まれ
ぽわんの…
女装家、ドラムス、拡声器を担当

「マツナリナオキ、1978年生まれ、女装家、、、おいおい、ドラムおっさんやんけ! あ、だから、ガールズ(?)バンドだったのか!!」

そう、ここまで【ぽわん】というバンドは普通にガールズバンドだと思っていたのだ。ガールズ(?)バンドって、、、おもしれーなコイツら。そんなことを思いながらYouTubeをチェックすると、あの日、自分が見ることができなかった【ぽわん】というバンドの真相が明らかになります。

下北沢MOSAiC、ライブハウスなのに壁が白いことで有名なそのハコで、【ぽわん】の4人が「シャンパンチラリズム」をやらかします。そう、やらかすんだよ、だってこんな歌詞ではじまるんだ、この曲は。

『ちょっと待ってよ そこのビッチガール 知ってるのよ 計算済みでしょ?』

、、、なにを歌ってるんだコイツら。そして、『カモンマツコ!』のかけ声でドラムがコール&レスポンスを求める、『谷間! 谷間! 谷間! 谷間! 谷間!!』オッサンはドラムを放棄し拡声器片手にステージ前方へ、さらにはフロアに舞い降り後方へ、、、これは恐怖だ。オッサンどこ行ったんや、と思っていたら今度はキーボードの女のコがキーボードを放棄しセンターへ。叫び声と共に衣装を脱ぎ捨て、ビキニ姿になりこう続けた。

『下北沢MOSAiCのみんな、わたしだ。この純白のハコの中で、唯一輝くこの紅(くれない)を、後ろのエデンまでぜひ、聖火のごとく運んで欲しいっっ!』

そう叫ぶと、ステージからフロアへ。クラウドサーフというと荒々しいものを想像するが、これまでに見たことがないような、まさに身を委ねて下北沢MOSAiCを漂うようなクラウドサーフだ。それにしても、後ろのエデンって、、、。

ここまででも十分、これまで自分が見たこともないような世界が広がっていたが、【ぽわん】の「シャンパンチラリズム」はここからが本番だ。もう、俺の解説なんてどうでもいいから、直接YouTubeでライブ映像を見てくれ、まー見てくれ、見てから話は聞こうじゃないか。しかし、会社とか電車の中では見ない方がよい、あらかじめあなたのために忠告しておこう。

とにかく、このライブ映像で【ぽわん】が単なるガールズバンドではないことは判明した。てか、ガールズバンドじゃなくて『ガールズ(?)バンド』か、そんなバンドどこにもいないよ、、、。【ぽわん】気になるよ、なんだよこのバンド。いても立ってもいられなくなってしまいましたが、幸いにもYouTubeには【ぽわん】のMVが山盛りアップされている。そして、アホみたいにYouTubeのエンドレス再生する日々がはじまったのだ。

まずはこちらのMVから紹介しよう、「かわいいっていわないと呪う」というなんだか勢いがあるのかないのかよくわからないタイトルの曲だ。それにしても、YouTubeのサムネイルこえええよ↓↓↓。

この曲は、2014年7月9日にリリースされたアルバム「BLUE」の1曲目で、ライブ映像で紹介した「シャンパンチラリズム」と並び【ぽわん】を代表する曲だ。再生して20秒ほどで、ガールズ(?)バンドの真相がバラされる衝撃的なMVでもある。てか、4人ってこんな顔だったのか。かわいいんじゃないか、いいんじゃないか。マツコは、か、か、かわいいんじゃないか、251のドリンクカウンターからステージを観るくらいの距離なら、、、。
曲自体はとっても爽やか仕様なのに、詞はインターネットが普及した事による承認欲求を包み隠すことができない、そう、女のコが持ち合わせている気持ちが描かれている。いやまて、「黒歴史が多すぎてもはや虹色」って、どんだけやらかしてるんだよ。てか、“大丈夫、そんなにみんな気にしてないから”とか、無粋な男の本音を口にしたら、どこからか鋼鉄のピックが飛んできそうだ、グッサリ。
この曲を聞きまず思ったことは、Vo・Gtのヨシヤマモエさんの声が希有すぎること。一度聞いたら忘れられない系の、頭に直接刺さってくる声なのである。これは効いた、この手の声に私はとてつもなく弱いのだ。そして、その声でこう囁かれる。

『お客よ、お客よ、お客さーん、せかいでい-っちばーんカワイイのは、だあれ?』

やばいよ、ヤバイフラグ立ってる。これ、ライブではどうなっちゃうのだろう? 「ぽわん!」って答えないと、どこかからセラミックのピックが飛んでくるのだろうか、サックリっ。

そして、同じく「BLUE」の2曲目「サイダーの泡、恋模様」。こちらは「かわいいっていわないと呪う」からは一転、ドラマーのオッサンも出てこないしそれ以外のメンバーも出てこない。和の雰囲気が漂うキレイな女のコが浴衣姿で鎌倉(だと思う)周辺を歩いている、彼氏目線って事でいいのかな。

聞けば聞くほど味わい深い、夏にピッタリな過去の恋がフラッシュバックする恋愛ソング。冬とはちがって夏の恋愛は潔い、まさにこのMVのようなセピア色が似合う。どうしても忘れられない恋愛、忘れたいのか忘れたくないのかハッキリしないけど大切な恋を胸の奥にしまっている。そんな様が映し出される、ちょっと切ない系の一曲です。
そしてこの曲でも、Vo・Gtのヨシヤマモエさんのカワイすぎるヴォーカルが飛び込んできます。この声でこの詞を歌われたら、もうガールズボーカル好き全員を一瞬で虜にしてしまいそうだ。そう、私もこの曲でモエさんの声の虜になりました、あれれれれ。

さて、お次は2013年10月に公開された「セーラー服を着させて」のMVです。もう、何も言いません、ドラマーのマツナリナオキ、通称マツコの恐ろしいまでの女子っぷりが堪能できます。

、、、マツコ、壮絶に見ちゃいけないものを見てしまった気分だ、カ○ピスウォーターとか飲んでんじゃねーよ! うっ、MVを見ているとマツコに引っ張られまくりですが、詞としては付き合ってる彼がセーラー服姿の女のコをチラ見しちゃう女子の思いを歌っています。しょうがないんだよ、男はセーラー服が好きなんだからー。
【35歳の彼女役】のマツコではなく、ドラマーのマツコが活き活きとドラムを叩いている姿が印象的です、セーラー服姿だけど。全然MVに関係ないけど、ラストでVo・Gtのモエさんが「目をつぶると、立てないっ」と言った直後の仕草がかわいすぎです。仕込みですか、それとも、素ですか、、、どっちでもいいですかわいいと言わざるを得ませんな。

そして、次に紹介する「下北バンドマンと女子高生の夜」のMVを見て、完全に【ぽわん】の虜になってしまいました。だって、下北沢がテーマですから。

まー、どんな曲なのかはタイトルからほぼ想像できると思いますが、このMVに出てくる2人の設定が【彼女持ちだけど若くてかわいい子には目がない売れない貧乏バンドマン】と【そのバンドのファンの女子高生】ですよ、もうダメですよ、絶対ダメです!
幾度となく下北沢という街で起きていそうな話し。バンドが大好きな女のコが、そのバンドに対する憧れと恋心を抱く気持ち、男が持っている感覚とは決定的に違うんだろうなぁ。自分が決して体験することがないであろう物語を見ている気分です。
とってもしっとりして、緊張感、孤独感、燃え上がる感じ、そして切なさ、様々な感情を盛り上げる曲に仕上がっています。そして、何よりも3人の声のグラデーションがたまらない、ガールズバンドってええなぁ。あ、ちがう、ガールズ(?)バンドだった(注:マツコは歌っておりません)。

そして、何よりもこの曲のリアリティを伝えるキーワードがあります。

『下北西口徒歩18分』

下北沢に詳しい方ならすぐにピンときますが、下北沢駅西口から徒歩で18分歩いたら、北は笹塚の手前、西なら環七を越えて東松原、南だと淡島通りのあたりまでいけます。下北沢じゃねーじゃん、、、あ、そっか、こういうことかも。「俺、シモキタに住んでるんだよね」とか言われつつ、行ってみたら徒歩18分かかる場所で、シモキタじゃないじゃん。そんな、決して本人の前では口にはしない女のコの思いがこの詞なんだ。いいんだよ徒歩18分でも憧れのあの人と一緒にいれるのなら、、、。

そして、下北沢が大好きな人なら共感できると思いますが、このMVが公開されたのは2014年2月1日。1年半経った今の下北沢は、この時とはいろいろ変わっています。閉店しているお店があったり、そもそもその建物自体が無くなっていたり。その中でも最も大きく変化したところは2分20秒過ぎのあの場所、駅前食品市場のシーンでしょう。女子高生役の彼女が想いに耽るその場所は、今はもう無い、、、。このMVを作ったときにそこまで考えていたわけではないでしょうが、結果としてこのMVが下北沢の一時代を切り抜いています。そう、下北沢が好きな人間としては、このシーンにグッときてしまうわけです。エモい、エモ過ぎるぞ!

あのシーンのあの場所の今。鳩の楽園。もうそこに彼女の姿を見ることはできない

現在YouTubeにアップされている【ぽわん】のMVは合計8本ありますので、【ぽわん】の事が気になる皆さんは他のMVもチェックして下さいね ⇒ ぽわん YouTubeチャンネル

こんな感じで、MVやライブ映像を通して【ぽわん】の魅力に虜になってしまったのです。いつものことなら、すぐにでもライブに行ってしまうわけですが、残念ながら下北沢でのライブは2015年1月21日の下北沢SHELTERまでありません。一刻も早くライブを見たい気持ちがありましたが、こればかりはどうしようもない、待つしかありません。アルバムをiTunesで買っちゃおうかなぁ、どうしようかなぁ。そんなことを考えながら、2014年は暮れてゆきます。

ああ、5000文字も書いているのに、全く終わりが見えません。そんな文字数では全くもってして【ぽわん】というバンドの魅力をお伝えすることができません。致し方ありませんな、このコラムは続きます。最後に恐ろしく季節外れなライブ映像を皆さんにお届けします。パンキッシュぽわんバージョン! 滝廉太郎「お正月」!!

第3-2回『ぽわん』 ~ コラム:下北沢は通過点でかまわない】へ続く

—————

【ぽわん 3rd mini album 「ボーイ・ミーツ・マイナーガール」】

ガールズ(?)バンド ぽわん 7/8発売 ニューアルバム『ボーイ・ミーツ・マイナーガール』

2015.7.8 Release
WAKRD-051 / 2,000円(税抜価格)+税
1. マイナーガール
2. でゅんでゅんTHEわーるど
3. チェリーボーイ
4. Kiss-My-Hoppe2
5. 女の子と男の子 (もえちゃんとくぼたせんぱいver)
6. シャンパンチラリズム’15
7. みずいろfeat.クボタマサヒコ
BT. お話しようよ
[特典情報]
HMV店舗特典: MV(ミュージックビデオ)収録DVD-R
タワーレコード店舗特典: でゅんでゅんうちわ
disc UNION店舗特典: 缶バッジ

[インストアライブ]
2015年8月1日(土)21:00 START @TOWER RECORDS新宿店 7F
2015年8月2日(日)12:00 START @ヴィレッジヴァンガード新京極店
2015年8月9日(日)18:00 START @ヴィレッジヴァンガード下北沢店
 ■ トーク&特典会
 ■ 観覧フリー
 ■ 特典会有り(チェキ)
 ■『ボーイ・ミーツ・マイナーガール』の通常盤、VV限定タオル付盤、又はグッズ2000円以上ご購入ごとに特典会参加券を1枚配布

[下北沢ライブ予定]
「rough!roughy!!roughest!!!」第3弾-信念-
下北沢BASEMENTBAR
ぽわんTHEこっけんろーるBANDthe peggies/ステフアンドジミー
OPEN 18:00 START 18:30(仮)
¥2,000[D代別]

[レコ発ライブ・ぽわん企画イベント]
渋谷フレンズ Vol.01
2015年7月25日(土)@渋谷WWW
開場17:30 / 開演18:30
出演 : ぽわん / LUI FRONTiC 赤羽 JAPAN / BELLRING少女ハート
チケット : 前売 2,800円 / 当日 3,300円
チケットぴあ 0570-02-9999 (Pコード261-600)、ローソンチケット 0570-084-003 (Lコード76866)、イープラス(スマチケ対応)

[目指せ! 脱マイTOUR]
2015年8月2日(日)@京都nano
2015年8月4日(火)@広島ナミキジャンクション
2015年8月5日(水)@神戸太陽と虎
2015年8月6日(木)@大阪Vijon
2015年8月7日(金)@名古屋UPSET
2015年8月16日(日)@福岡Queblick
2015年8月31日(月)@札幌mole
2015年9月3日(木)@仙台MACANA
2015年9月4日(金)@福島#9
2015年9月12日(土)@新潟GOLDEN PIGS BLACK
2015年9月15日(火)@TSUTAYA O-WEST

[ぽわん]
公式Webサイト: http://www.powann.com/
公式Twitter: https://twitter.com/powann_info
公式Facebook: https://www.facebook.com/powann
メイビーモエTwitter: https://twitter.com/moe_powann
ファズミサキTwitter: https://twitter.com/misaki_powann
舘 松子莉Twitter: https://twitter.com/matsunabikona
マリナティシャンTwitter: https://twitter.com/marina_powann

[コラム:下北沢は通過点でかまわない]
第3-1回『ぽわん』

Tagged in:

About the Author

黒田

下北沢の街に流れ着いてはや22年、この街で映画のワンシーンのような場面を見続ける日々。Web制作会社の有限会社第四企画社長兼インフラエンジニア兼しもブロキュレイター。日夜下北沢のエンターテインメントをチェックし、ひとりでも多くの人たちに伝えるべく下北沢の街を駆けずり回っております。 [Twitter]m_kuroda

View All Articles