演劇や音楽、カフェやレストランに居酒屋、イベント情報など、下北沢のありとあらゆる情報を発信します

これを食べずには下北沢カレーフェスティバル2017は終われない!

こんにちは、ボランティアライターのよぴです。

よぴ・・・しもブロのボランティアライター。 下北沢カレーフェスティバルは2013年から毎年参戦。 今年もフェス限定Tシャツをゲットできました!

先週末から始まった下北沢カレーフェスティバル2017も10月15日(日)に終わってしまいます。悲しい。

そこで、「まだ俺の/わたしのカレーフェスは終わってないよ!」というみなさまに、僕がまわった参加店舗の中で、

「ハーフにしなきゃよかったー!もっと食べたい!」
「レギュラーサイズしかないけど、絶対に行った方がいい!」

と思ったお店をご紹介します!少しでも参考になれば幸いです!

マップ番号058:marusan&wacca「秋刀魚と梅肉のスパイスカレー」

僕が食べたのはミニカレー。

「カレーに秋刀魚っていれんくない?」

って思いましたが、marusan&waccaさんでは、普段も緑色をしたオムライスがメニューに並ぶなど、「意表を突きつつ味は優しく美味しい」が売りだったのを思い出しました。

運ばれてくるや否や漂ってくる秋刀魚の香り。スプーンを口に運べば秋の味にぴったり寄り添った梅の酸味。

カレー特有のスパイス感をしっかり残しつつ、和がバッチリ融合しています。

あと、こちらではお酢のドリンクもオススメです!僕はマンゴー酢のソーダ割りをいただきました。おいしい。

季節を感じたいなら、marusan&waccaさんで!

マップ番号134:bistro cinq「骨付きラムカレー」

こちらもミニカレーをいただきました。

ベースは豆カレーですが、ラムチョップがついてて華やかさがあります。

このラムチョップ、もうね、香ばしくて美味ですよ。何本でもいけます。僕の鼻腔をラムチョップの香りで満たしたい。

そして、bistro cinqさんのカレーの売りはラムチョップだけではないんです。ライスがパスタなんです!他店にはない特徴の一つ、米型パスタと一緒にいただくカレーなんです!

味と食感はここでは言いません。是非みなさんご自身のお口で味わってくださいませ!

また、お店のフロアが6階にあり、大きな窓があるため、下北の街並みを見渡せてロケーション的にも最高です!

マップ番号137:BAR URAKITA「木樽ジョッキカレー」

BAR URAKITAさんではレギュラーサイズをいただきました。

しもブロの他の記事でもすでにご紹介がありましたが、まさに「カレーは飲み物」を具現化したカレーです。

カレーは今年のカレーフェス用に作った木樽で提供されます。レギュラーとミニカレーでデザインが違う。こだわりがビシビシと伝わってくる!

肝心の味はというと、これまた「まさにカレー!」です。たぶん日本国民の99%(よぴ調べ)に馴染みのある味ではないかな、と思います。ゴロゴロ入ってる具も本当に嬉しい!

そして、みなさま、このレギュラーサイズ。食べ終わった後に何かが見えます。精神的な話ではなく、マジで見えます!是非ともご賞味あれ!

 

驚きがある下北沢カレーフェスティバル2017

149店舗も参加しているからでしょうか。お店側のみなさんも「他店にはないカレーを!」と本当にいろいろな工夫を凝らしているなと感じます。

残り日数僅かですが、まだ知らない驚きがあるカレーを求め、まだまだ食べ続けようと思います!