[レビュー]劇団マカリスター 第四回公演『同窓会ディスコ』

もうね、椅子の上に置かれた当日パンフを読み始めた瞬間から感じていたわけです、なんだかとんでもないお芝居を観に来てしまったようだ、と。

A5で1ページとちょっと、サクッと読めるはずの文字量なのに、全然内容が頭に入ってこない。ひとことで言うと、信じられないくらいとっちらかってる、ええそれはもうなにがなんだか全然わからなくて何回読んでも頭の中に入ってこないの。なにこれ、なんなのこれ。で、そんな困惑した状況のままお芝居がはじまるわけです。

と、その前に、このお芝居のあらすじはこんな感じ。

あらすじ

とあるカフェで中学以来の同窓会が開かれる。
男はかつての元カノとよりを戻したいため、同窓会に決意を固めて参加していた。
そんな中、やってくる人々は互いにうろ覚えで微妙な空気に。
そして元カノは一向にやって来ない。
そんな最中、彼らは想像もしなかった出来事に巻き込まれて行く。
そんな彼らを実況と解説をまじえてお送りする新感覚コメディ!

公式サイトより

わかる、このあらすじを読めばこのお芝居がなんなのかわか、、、

「そんな彼らを実況と解説をまじえてお送りする新感覚コメディ!」

は? なんだそれ。なんだそれ? まー、そういうことだそうです、そういうことなのです。

で、物語がはじまるわけですが、なんというか目の前で起きていることは確かにわかるけど、なんかこう、「残る」感じがするんです。シーンが切り替わって物語が進みますが、いちいち全部「残っちゃう」感覚を覚えるわけです。これね、実際に見てみないとわからないんだけど、肝心な部分じゃなくてどうでもいいような部分が「残って」しまい、それがどんどん蓄積されていく。設定されているポイントで笑ったらいいのかなんなのかよくわからない、伏線的なものがあるけど実はあまりそれは重要でなかったり、、、ん、重要なのかも? なんなの? もう、とにかく情報量が多すぎるよ! 実況と解説がいるから余計に情報量が増えてるじゃないか!!

レビュー不能だ、一応ネタバレを避けて書いているけど表現が難しすぎる。てか、ネタバレとかどうでもいいような気もする。ああ、もう、なにが重要なのか、何がメッセージなのかさっぱりわからない。ここまでレビュー不能なお芝居ははじめてだ。ちなみに、ラストは自分の予想を裏切ってくれました、マジかよそうなっちゃうの?

ただ、一つ確実に言えることは、お芝居がはじまってから終わるまで、完全に現実世界の自分の存在を忘れてしまっていたこと。なにそれ、意味わかんないよ。まあ、そのくらいこのお芝居の世界にのめり込んでいたわけです。もう、そんなことくらいしか書けないYO!

役者さんについて書こうかと思ったけど、何を書いてもネタバレで手に負えないです。全員クセが強すぎます、もうどうにもならねー。てか、店員役がずるすぎると思ったら、作・演出でこの劇団の主宰の井上テテさんか、もはや存在自体が罠です。え、あの役を演じてた野呂佳代さんってAKB48とSDN48の元メンバーなの? 濃いわー、濃すぎるわーーー。そして、こちらも客演の岩井七世さんがカワイイ過ぎでフルフルしちゃいます。もう、なにこの頭悪そうなレビュー、、、。

そんな、劇団マカリスター 第四回公演『同窓会ディスコ』ですが、すでに前売り券は土日分完売しています。

当日券は出るのかもー、出るよねー、お問い合わせしてください劇団に、あ、劇団じゃなくてシアター711に聞いた方がいいのかな、でんわばんごうは03-3469-9711。

もう、よくわかんないからこれでしゅーりょー。ああああ、もう一回見に行きてぇえええええ! めっちゃ残ってるんですけど、いろいろーー!!

劇団マカリスター 第四回公演
『同窓会ディスコ』

[作・演出]
井上テテ
[出演]
宮澤翔
川島広輝
向井康起
コッセこういち
榎本なつみ
岩崎康幸
井上テテ

野呂佳代

岩井七世

屋良学
[公演会場]
下北沢シアター711
[公演スケジュール ]
2018年1月17日[水]~21日[日]
17日(水)19:30 ※
18日(木)19:30 ※
19日(金)14:00/19:30
20日(土)14:00/18:30
21日(日)13:00/17:00
※ マカリスター第三回公演「僕∈∈君」記録映像DVDプレゼント
[チケット]
前売り3500円
当日4000円
[全席指定]
[劇団Web]
http://mccallister.jp/
[劇団Twitter]
https://twitter.com/McCallister2015