2018年5月30日(水)、浅草九劇で劇団フルタ丸『寂しい時だけでいいから』が初日を迎えました。

劇団フルタ丸主宰のフルタジュンさんに、初日の上演終了後にコメントを頂きました。

---初日お疲れ様でした

フルタジュンさん(以下、フルタ): いやー、いっぱい汗をかいた舞台でした。劇団員全員が達成感と、初日なのでいろいろな答え合わせをしながら、今楽屋に戻った感じだと初日の壁は越えられた気がします。そういった充実感はあります

---初めて浅草九劇で観劇しましたが、ステージが広いですね

フルタ: 今までの下北沢でやっていた劇場よりも、縦にも横にも高さも全てがワンサイズ大きい劇場です。その広さを縦横無尽に使う内容なので、その分汗をかきましたね

---日替わりの出演者、本日は松尾英太郎さん(劇団スパイスガーデン)が出演されました。なんとも濃いキャラで、1日限りというのが本当にもったいないです。今日来られた人たちだけのものですね

フルタ: 今日も含めて皆さん本当にもったいないですが、1日1人ですからね

---そして、当日パンフに日替わり出演者の役どころが書かれていたのですが、最終日がヤバいですね。まあ、全日程ヤバいわけですが

フルタ: 最終日はちょっと外した感じの役どころで、それがどうお芝居に関わってくるのかを楽しんでもらいたいです

---最終日も観たかったです、すでに前売りは完売しています

フルタ: そうですね、当日券が出せるか出せないかという状況ですね。でも、土曜日の夜はまだありますので、ぜひ

---いやー、もうこれは毎日来るのが絶対的に正解でした。というわけで、2日目もお伺いしますので引き続き頑張ってください

フルタ: ありがとうございました、お待ちしております

劇団フルタ丸 2018年 本公演『寂しい時だけでいいから』公演パンフレット 1000円

はじめて入った浅草九劇、まだできたばかりということもあり、また設備的に見ても下北沢の小劇場とは違いしっかりした雰囲気で緊張感が漂います。劇場に入ると、昨年の本公演の会場と比べて圧倒的な広さ、ステージはもちろん客席も広い。上手最前列で見ましたが、下手側がとても遠く感じました。たぶん、一番真ん中から見るのがベストだと思います。

具体的な内容については触れませんが、事前インタビューで何度もフルタさんの住宅展示場に対する愛を聞いてきて、そのフルタさんの愛がどういうものなのか少しわかった気がします。住宅展示場という場所に関わる、全ての人たちに対する愛。住宅展示場に対してなんの感情も抱いていない人も、このお芝居を観た後は思わず住宅展示場にある家を覗いてみたくなる、まさにフルタさんが話してくれた通りでした。

初日を終え、本日は二日目。これまでの経験上、フルタ丸のお芝居は日を追う毎に進化してゆきます。特有の緊張感のある初日から、より浅草九劇という劇場と融合した、そんなお芝居を観ることができそうです。

そして、今回も公演グッズがいろいろ用意されていますが、まずはパンフレット(1000円税込)の紹介。出演者インタビューや座談会など読み応えある内容で、公演の記念としてぜひ買うべき一品です。個人的には表紙をめくったページに書かれているフルタさんのコメントがとても印象的でした。もう、フルタさんの住宅展示場への愛を完全に受け入れられている自分がいます。

本日5月31日(木)は2日目、19時30分からの1ステージ、当日券も販売されますのでぜひ浅草にお越しください。また、6月1日(金)14時・19時30分、2日18時からの前売りチケットもありますので、公式サイトからお申し込みください。尚、2日13時及び千秋楽3日13時からの前売りは完売しています。

初日に見た雨が降る夕暮れの浅草寺。19時頃になると人影もまばら、今日はもうちょっと早めに浅草に行こう

『寂しい時だけでいいから』

作・演出:フルタジュン
出演:宮内勇輝 / 真帆 / 篠原友紀 / 工藤優太 / 清水洋介 / フルタジュン  +(日替わり出演者)
<公演日時>
2018年5月30日(水)~6月3日(日)
5月30日(水)19:30
5月31日(木)19:30
6月 1日(金)14:00★/19:30
6月 2日(土)13:00/18:00
6月 3日(日)13:00
※受付開始は開演の40分前・開場は開演の30分前
<会場>
浅草九劇(〒111-0032 東京都台東区浅草2-16-2浅草九倶楽部 2階)
03-6802-8459(公演期間のみ)
<交通>
東京メトロ銀座線 浅草駅 1番出口より徒歩10分
都営浅草線 浅草駅 A4番出口より徒歩10分
首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス 浅草駅 A1番出口より徒歩5分
<チケット料金>
前売3,500円/当日3,800円
★平日マチネ割3,000円(前売当日共通)/学生割引2,500円(学生証提示)
※日時指定・税込/全席自由
※未就学児の入場不可
※チケット発売開始:4月1日(日)0:00
<チケット取り扱い>
●カルテットオンライン
https://www.quartet-online.net/ticket/furutamaru2018
●演劇パス
http://engeki.jp/pass/events/detail/397

ニセモノがスキマを埋めてあげる。

理想のマイホームが並ぶ住宅展示場。
人々の賑わいが消えて、
偶像の街に夜が訪れる。
今夜も孤独な警備員は展示場を歩く。
マッチでも擦ったように、
誰もいないはずの家に明かりが灯る。
覗くと絵に描いたような家族の姿があった。
目の前で繰り広げられる
怒涛のホームドラマ。
男は息をのみながら気付いてしまう。
自分がピースとしてハマるポジションが
空いていることに。

 

About the Author

クロダマサノブ

下北沢の音楽や演劇、イベント、そして飲食店などの情報を勝手に紹介。アタラシイ下北沢の魅力をいち早くお伝えします [Twitter]ymkx

View All Articles