肉の甘み際立つ、ミシュラン掲載店『とんかつ 太志』の「ロースかつ定食」

2019年11月26日に発表された『ミシュランガイド東京2020』、新たに下北沢から3つのお店がビブグルマンとして選出されました。

ミシュランガイド東京2020
『ミシュランガイド東京2020』セレクション、「中華そば こてつ」「純手打ち 麺と未来」「とんかつ 太志」がビブグルマンに選出!

今回選出された3店のうち、「とんかつ 太志」さんは唯一うかがったことのなかったお店。お店の場所も淡島で、こういうことがなければなかなか行かない場所。というわけで、ランチタイムにうかがいました。

とんかつ 太志
とんかつ 太志

下北沢駅からだと徒歩15分くらいですかね、駅から商店街を抜け代沢三差路の交差点から茶沢通りをひたすら北沢川緑道まで下り、北沢川緑道沿いを東方向(向かって左方向)へ。淡島通りに出たら右に進み1分くらいの場所にあります。ちなみに、渋谷からもバス一本で淡島まで来ることができます(小田急バス渋54系統、東急バス渋51系統)。

店内はカウンター5席と
店内はカウンター5席と
4人掛けのテーブルが2つ
4人掛けのテーブルが2つ
とんかつ 太志のランチメニュー。ディナーメニューも注文可能です
とんかつ 太志のランチメニュー。ディナーメニューも注文可能です

ランチメニューは「とんかつ定食(ロース)」「ひれかつ定食(限定)」「串かつ定食(限定)」の3種。その中から「とんかつ定食(ロース)」1100円(税込)をオーダーしました。

とんかつ 太士の「ロースかつ定食」1100円(税込)
とんかつ 太士の「ロースかつ定食」1100円(税込)
国産厳選豚をつかったロースかつ
国産厳選豚をつかったロースかつ

なんだかよくわからないけどこのかつを見たら、何もつけないで食べる方がよいと直感が。試しに一口いただいてみる、豚の旨味がすごい、そして脂の甘みが口いっぱいに拡がる。何もつけなくても美味しい、いや、むしろ何もつけない方が肉のおいしさを味わうことができる、そんなとんかつだ。

お店の方にうかがうと、塩がオススメとのこと。卓上にある岩塩を挽き
お店の方にうかがうと、塩がオススメとのこと。卓上にある岩塩を挽き
とんかつにふりかける
とんかつにふりかける

卓上にはソースもあるけど、塩をかけていただくのがオススメと言われ、人生ではじめてとんかつを塩でいただきます。そのままでも十分美味しいですが、塩でいただくとさらにお肉の甘みが感じられる。お肉自体が美味しいことに加え、厚みのあるお肉はコーン油でじっくりと揚げられ、衣はサクッとお肉はジューシー。今まで食べていたとんかつはなんだったのか、、、間違いなく、人生で最も美味しいとんかつでした。

オリジナルブレンドのソースでいただくのももちろん美味しいですが、個人的には塩やそのままいただきたい、そんなとんかつです
オリジナルブレンドのソースでいただくのももちろん美味しいですが、個人的には塩やそのままいただきたい、そんなとんかつです

ランチタイムは様々な産地や銘柄の「国産厳選豚」を使っていますが、ディナータイムは「徳島県産・吉野川ポーク」をはじめ、「北海道産・どろぶた」「信州飯田産・千代幻豚」「沖縄産・金アグー豚」など国産プレミヤ豚を使用。さらに肉の旨味を感じることができるとんかつをいただくことができるとのことです。尚、プレミア豚の入荷予定はお店のWebサイトからチェックできます。

ディナータイムはメニューの幅が拡がります。この時期ならではの「牡蠣フライ」もはじまっています
ディナータイムはメニューの幅が拡がります。この時期ならではの「牡蠣フライ」もはじまっています

ミシュランのビブグルマンに選出され忙しくなりましたか、とうかがったところ、全然忙しくなっていないとか。ええっ? こんなに美味しいのに!! 正直、こんなとんかつがいただけるのなら淡島まで足を運びたい、そう断言できるとんかつをいただけるお店、それが「とんかつ 太志」です。ぜひ、一度味わってみてください。

『とんかつ 太志(たいし)』

代沢4-34-12
03-6450-8635
11:00-14:00、17:30-22:00
火曜・第三水曜定休
公式Web