小田急線が地下化され、かつて線路があった場所に生まれた空間に次々と新しい施設が誕生しています。「リージア代田テラス」にはじまり、「世田谷代田キャンパス」「空き地」「シモキタエキウエ」「KALDINO」「BONUS TRACK」「世田谷代田 仁慈保幼園」「温泉旅館 由縁別邸代田」、下北線路街と称された空間は下北沢や代田の街をより魅力的な地域にしてくれています。

東北沢から下北沢間も開発が進んでいますが、最後に残された下北沢駅南西口前のブロックの工事がついに始まります。そんな中、あるWebサイトが公開されました。

お店の公募

「お店の公募」と書かれたWebサイトでは、下北沢駅南西口前に新たに造られる商業施設のテナントの募集を発表しています。このような鉄道事業者が開発する商業施設について、そのテナントは内々に決まりオープンを迎えることが当然だと思っていましたが、どうやらこの商業施設は違うようです。そういえば、「BONUS TRACK」も最後の一区画は公募で出店募集をしていましたね。「お店の公募」サイトを見ると小田急電鉄さんやUDSさんに加え、「BONUS TRACK」を運営する散歩社さんも関係者として紹介されています。これはどうやら、ただならぬ空間になりそうです。

改めてこの区画について、図面及びイメージ図を元に確認したいと思います。

下北線路街・下北沢駅南西口改札前エリア図面
図面の①から見たイメージイラスト

①は下北沢駅南西口の上、つまり「シモキタエキウエ」2階の一番西側から「BONUS TRACK」方面を臨むイメージイラストで、「シモキタエキウエ」2階から南西口前に新たに造られる複合施設(左にある5階建ての建物)へは直接繋がることになります。

図面の②から見たイメージイラスト

②は南西口前改札の階段を上がった場所から見えるイメージイラスト、南西口前にちょっとした広場を造りそこに面する形でテナント1の建物(2階建て)が建ちます。

図面の③から見たイメージイラスト

そして、その広場を抜け西に向かった場所が③のイメージイラストですね。遊歩道の向かって右側にテナント2そしてテナント3の建物が続きます。このイラストを注意深く見てみると、「シモキタエキウエ」から複合施設、そしてテナント1の2階、さらにテナント2・3の屋上は繋がるようですね。下北沢駅から西方面にはどのように繋がるのかとても気になっていましたが、とても優れた動線が生まれそうです。

募集するテナントは3つの建物で、テナント全体もしくは一部など様々なパターンが想定されているようです。賃貸条件などは、公式サイトをご確認ください。現時点では東口ほどではありませんが、南西口もかなり多くの方が利用しており、このエリアがオープンし「BONUS TRACK」までの緑道が開通することで、人の流れはさらに増えることが予想されます。確実に多くの人たちの目にとまる、そんなテナントになりそうです。

今回の募集に際し、下北線路街の公式noteに小田急電鉄の向井さん、散歩社の小野さん、内沼さんのインタビューが掲載されています。今回の公募に至る経緯や、目指しているまち作りの方向性など、このテナントに興味がある方はもちろんですが、下北線路街のことやこれから生まれるであろうアタラシイ下北沢について興味がある皆さんはぜひご覧頂きたい内容です。

“お店の公募”始まってます。下北沢駅南西口、商業店舗のテナント「公募」で目指す、新しい街の形とは。|下北沢、線路と街

このインタビューを読んで感じたのは、小田急電鉄という会社が本気で下北沢という街と向き合っている、そのことに他なりません。「BONUS TRACK」のような商業施設が生まれたことからも、今までのイメージとは明らかに違う方向を目指していると感じていましたが、これまでにはない本格的にアタラシイ何かを生み出そうとしていることを確信しました。

下北沢の街で仕事を始め20年を超えましたが、この街の未来が今ほど楽しみな瞬間はありません。この街の魅力はそのままに、新たな魅力が生まれる。今回のテナント募集に応募される皆さんに求められていることは、自分たちの事業の魅力に加え、アタラシイ下北沢を創り出すアイデアそして下北沢にかける熱い気持ちでしょう。周辺のお店やお住まいの皆さん、そして、いま下北沢を愛する皆さんに加え、新たに生まれるであろうこの街を愛する皆さん、そんな下北沢に関わる全ての人たちのこれからをイメージできる、そんな事業者さんが求められていると感じています。

下北線路街・下北沢駅南西口前『お店の公募』、募集期限は公式サイトの「お店の公募申込みフォーム」から。募集期間は2020年11月4日(水)まで、12月に出店テナントが決定し、開業は2021年秋頃となります。今回公募で出店が決まるお店について、しもブロは確実に取材させていただきます。またとない下北沢駅前への出店チャンス、魅力的なアイデアをお持ちの皆さんのご応募、楽しみにしております!

About the Author

クロダマサノブ

クロダマサノブ、もしくは廣田西五です。「予定は未定であって決定ではない」の人で、別名シモキタさん。主にインターネッツ各所や、ライブハウス、サーキット、そして下北沢にいる。愛知県豊川市出身、京都市右京区経由で、普段は世田谷区で生息しているが、突然京都や大阪そして新栄のライブハウスに現れ泥酔し、泣きながらライブを最前列で見ている。要注意だ [Twitter]ymkx

View All Articles