2022年4月9日に下北沢トリウッドで公開初日を迎えた、小編映画『Kay』『終点は海』。公開を記念し、お昼の部に『Kay』に出演した七瀬可梨さん・伊藤歌歩さんと鯨岡弘識監督、夜の部に『終点は海』に出演した清水尚弥さんと鯨岡監督が舞台挨拶が行われました。

『Kay』『終点は海』初日舞台挨拶、七瀬可梨さん、伊藤歌歩さん、鯨岡弘識監督
『Kay』『終点は海』初日舞台挨拶、七瀬可梨さん、伊藤歌歩さん、鯨岡弘識監督

公開初日を迎えトリウッドに登場した2人に、鯨岡監督からスペシャルゲストとして七瀬さんの父親役を演じた小沢和義さんによるビデオメッセージが流れ、作品中のセリフと同じく七瀬さんに「ケイ、おまえ大丈夫か?」と語りかけると「緊張してないか?」と続け、七瀬さんのことをを気づかいつつ、会場を和ませてくれました。

続けて、鯨岡監督から七瀬さんにとって『Kay』がお芝居初挑戦だったことについてコメントを求められ、「演技経験が全く無かったのにもかかわらず、監督と歌歩ちゃんが練習に付き合ってくれたこともあり、周りの助けがあったからこそ完成した作品だと思っています」と、お二人や制作に関わった方々に対し感謝の気持ちを伝えました。

一方、友人役ユウを演じた伊藤さんからは、「撮影前に会議室を借りてお芝居をする機会があり、コロナのことを考えずに芝居に打ち込めたことは、今考えるといい時間でした」と、コロナ禍前に行われた撮影について振り返りました。

『Kay』『終点は海』初日舞台挨拶、清水尚弥さん、鯨岡弘識監督
『Kay』『終点は海』初日舞台挨拶、清水尚弥さん、鯨岡弘識監督

続いて夜の部に登壇した清水尚弥さん。鯨岡監督から『終点は海』を演じた感想を聞かれ、「みなさん、どうでしたか? みなさんの感想を聞きたい作品ですね」と観客の皆さんに問いかけ、「僕が初めて演じる役柄だったので、事前に監督とディスカッションする時間を多く用意していただき、一緒に作り上げたキャラクターでした」と撮影を振り返ります。また、母親役を演じた洞口依子さんについて感想を問われると、「洞口さんなくしてこの映画は語れないです。本当に素晴らしくて、、、その素晴らしさを伝える語彙を失ってしまうくらい、凄いとしか言えない。これ以上ない経験をさせていただきました」と、洞口さんの役者としての素晴らしさを語りました。

そして夜の部も清水さんにサプライズで、鯨岡監督からスペシャルゲストとして洞口さんからのビデオメッセージが流されました。「時の止まった世界を生きた女、止まった時間が再び動き出すことで、この映画ははじまります」と、『終点は海』の導入をイメージしつつ語り始め、この映像自体が一つの作品であるかのように語るメッセージは5分を超える大作。清水さんや鯨岡監督をはじめ、会場の皆さんが思わずスクリーンに惹きつけられました。作品に対する想いに加え、共に作り上げた清水さんと監督へ感謝の言葉を伝え、「映画は観客の皆さんの物になっていると思います、みなさんどうかこの小さい作品を愛してください」と締めくくりました。本当に素敵なビデオメッセージでした。

トリウッドに展示されているサイン入りポスター
トリウッドに展示されているサイン入りポスター

たくさんのお客様を迎え初日の舞台挨拶を終えることができた、小編映画『Kay』『終点は海』。今後もトリウッドではゲストを迎えてのトークイベントが開催されます。

4月16日(土)18時の回上映後は洞口さんが『終点は海』でベストアクトレス賞を受賞した福井駅前短編映画祭2021で審査委員長を務めた俳優の津田寛治さん、17日(日)18時の回上映後は再び清水尚弥さん、18日(月)19時の回上映後は鯨岡監督の短編映画「おどりなき夏」に出演した俳優の日高七海さん、20日(水)19時の回上映後は小沢和義さんが、それぞれ鯨岡監督とトーク予定です。

そして、21日以降もトークイベントが続々と開催されます。

4月21日(木)19:00の回 前田聖来監督 鯨岡弘識監督
4月22日(金)19:00の回 内藤諭プロデューサー 鯨岡弘識監督
4月23日(土)12:30の回 川岸才門プロデューサー 鯨岡弘識監督
       19:30の回 大原海輝さん 鯨岡弘識監督
4月24日(日)18:30の回 清水尚弥さん 鯨岡弘識監督
4月25日(月)19:00の回 里内伽奈さん 鯨岡弘識監督
4月27日(水)19:00の回 伊藤歌歩さん 鯨岡弘識監督
4月28日(木)19:00の回 七瀬可梨さん 鯨岡弘識監督
4月29日(金祝)18:30の回 洞口依子さん(リモート) 清水尚弥さん 鯨岡弘識監督

[上映スケジュール]
4/16(土) 17(日) 12:00/18:00
4/18(月)~22(金) 15:10/19:00
4/23(土) 12:30/19:30
4/24(日) 29(金祝) 12:30/18:30
4/25(月)~28(木) 13:00/19:00
※平日火曜定休

[料金]
一般 1,200円
大学・専門・シニア 1,000円
高校生以下 900円

下北沢トリウッドは上映日前日の0時からネットでの予約が可能です。トークイベントに参加されるの皆様はチケット予約をオススメします。ご予約はトリウッド公式サイトの上映スケジュール及び作品紹介ページから行えます。ぜひ、トリウッドでご覧ください。


映画『Kay』『終点は海』
映画『Kay』『終点は海』

『Kay』(2020/日本/16:9/HD/23分)

出演: 七瀬可梨、小沢和義、片岡礼子、伊藤歌歩
監督: 鯨岡弘識
脚本: 中嶋雷太/鯨岡弘識
原作・原案: 中嶋雷太著「春は菜の花」
撮影: 平見優子
照明: 日比野博記
録音: 小牧将人
ヘアメイク: 菅原美和子
衣装: Ka na ta
プロデューサー: 内藤 諭
エグゼクティブ・プロデューサー: 中嶋雷太
製作: 中嶋雷太
配給: Raita Nakashima’s Cinema

『終点は海』(2021/日本/4:3/HD/23分)

出演: 洞口依子、清水尚弥
監督: 鯨岡弘識
脚本: 鯨岡弘識
撮影: 佐藤宏樹
照明: 日比野博記
録音: 小牧将人
ヘアメイク: 菅原美和子
宣伝プロデューサー: 石原弘之(株ポルトレ)
プロデューサー: 内藤 諭
アドバイジング・プロデューサー: 中嶋雷太
製作:内藤諭、鯨岡弘識
配給: Raita Nakashima’s Cinema

公式Web
公式Twitter
公式Facebook
中嶋雷太エグゼクティブプロデューサーのプロダクションノート

About the Author

クロダマサノブ

しもブロキュレーター。20代前半で下北沢にたどり着き早20年、日々進化し続ける下北沢の街を巡り、下北沢の今を伝えています。

View All Articles