前回の続きです。
下北沢サウンドクルージング最大の特徴であり魅力でもあるALL NIGHT公演。今回はその後半の部、Night Timeのレポートを書いていくことにしましょう。
Night Timeも豪華な出演者が盛りだくさん!タイムテーブルのどこを見ても観たいバンド・ミュージシャンばかり!しかし、そんな期待感にあふれた我々の背後に密かに迫っていたのは、疲労、そして睡魔という名の悪魔でした。果たして我々は無事に石野卓球を見届けることができるのかっ!?夜の部、スタートです。

 

  • 23:00〜 THE WHIP(UK) @GARDEN

DAY TIME 終了後、せい家でもやしラーメンを食べ終えた我ら一行がNight Time一番手に選んだのが、UKからやってきたTHE WHIPです。
選んだ理由は特に無いのですが(笑)、UKからわざわざ日本へ呼び寄せたのだから、きっと良いバンドに違いない、という何とも日本人的な野次馬根性ですね。
で、実際どうだったかというともちろん良かったですよ!(笑)まさにUKロックらしいUKロックで、The Musicみたいなね、ダンスロックというんですかね?な雰囲気を感じました。ひたすらダウンピッキングみたいな、シンプルだけどセンス抜群なんですよね。お客さんもノリノリ(古)で会場内は熱気に包まれていました。

 

  • 24:20〜 rega @ERA

さて、次に選んだのは変態インストバンドregaです。本当はDE DE MOUSEWRENCHも観たかったのですが、DE DEは混んでるみたいだし、WRENCHFEVERでちょっと遠いし・・・なんてことでregaにしたわけです。って書くとなんかrega人気無いみたいじゃん、などと思われてしまいそうですが、そんなこたぁありません。regaも入場規制かかりました。女子率も高かったです。インストバンドも最近はグングン人気が上がっていますね〜。で、ライブも最高でした。上手側のギターのドヤ顔しながらの超絶プレイは目に焼き付いて離れません。

・・・regaのライブが終わり、ERAの隣の駐車場でちょっと休憩することに。皆完全にお疲れの様子。僕も眠気はそれほど無かったのですが、足の疲労がかなりたまっていました。
しばらくして、友人が一言「もう、だめかもしれない・・・」
その一言を皮切りに「僕も」「私も」となり、僕を残してまさかの全員ギブアップ宣言。
僕も正直このままベッドに横になれたらどんなに幸せだろうか。友人も全員帰るしこのままギブアップしても誰も文句は言うまい・・・という思いに駆られてはいました。しかしここはネバーギブアップ!!石野卓球を下北沢で観るまで僕は死ねない、死ねないんだ!と自らを奮い立たせ、皆を見送った後、自宅へ自転車を取りに戻り、一路FEVERへ向ったのでした。

 

  • 25:40〜 LITE @FEVER

一旦自宅に戻ったんだし、本当は石野卓球まで休んでも良かったのですが、一旦休みのはずが気付いたら朝、という可能性も十分にあり、しかもtwitter情報によるとFEVERはどうやら30分押しであるということが分かったので、計画時には半分諦めていたLITEを観に行くことにしました。
LITEは去年のサウンドクルージングでも観ていて、その時は機材(Mac)トラブルで不完全燃焼気味でしたが、今回はそんなことも無く、むしろ重厚感あふれるというか、音的な意味でもの凄く力強くなっていると感じました。今月出すアルバムからも1曲やっていましたが、間違いないですね。これは買いです。確かもう発売されているのかな?ダッシュで買いにいかなきゃ!

 

  • 26:30〜 石野卓球 @GARDEN

LITEのライブが終了したのが(確か)26:20頃で、これからGARDENに向かっても入れるか?と、若干不安ではありましたが、ここまで来て行かないというアホな手はないというわけで、恐る恐る行ってみたら案外大丈夫でやんの。8割ぐらいの入りでしたかね26:30時点で。その後続々と集まってきて、最終的には動けないほどパンパンになりましたけど。
僕は基本的にロック野郎なので、クラブミュージック的なものを現場(クラブ)で聞いたことが無かったんですが、ライブがスタートし、卓球氏が曲をかけた途端、耳が破裂するかと思いました。胸が爆発したかと思いました。ものすごいベース音、というかキック(バスドラ)音。これはヤバい、殺される・・・!なんて最初のうちは思っていましたが、慣れてくるとだんだん心地良くなってくるんですね。ハイな気分とはまさにこの事!
でもって卓球氏のプレイスタイルが非常に印象的で、なんて言うかもうはっきり言っちゃいますけど、すごいオタクっぽいんですよね(笑)。仕草とかね、あとあの笑顔。僕はあの大黒様みたいな笑顔だけは忘れません。で、大黒様みたいな笑みで凄く焦らすんですよ。盛り上げようとして、やめる。みたいな。でもイライラはさせない、絶妙かつ変態的なテクニックです。下手すれば本当に変態なんじゃないだろうかと思ってしまいますが(笑)観客全員がまさに彼の掌の中で踊らされていました。

1時間ほどたった時点で僕のライフはすでにゼロ。最後まで観たかったけど今回はこのくらいにしてやらぁ。と、膝をガクガクいわせながら帰路に就くことにしたのでした。

 

というわけで、僕のサウンドクルージングはこんな感じでした。皆さんはいかがでしたか?・・・え、行ってない?それはいけませんなぁ。
まあしかしこの調子ならきっと来年も開催されることでしょうから、期待して待っている事にしましょう!
そして夏フェスに負けないぐらいのイベントになる事を願っております!以上!

ではNight Timeで観たバンドから2曲を紹介

The Whipです。シンプルだけどかっこよし!


世界中駆け回っているLITE。こりゃ欧米でも人気になりますわ

 

☆☆☆下北沢の1週間のイベント一覧!毎週更新☆☆☆

「ShimokitazawaBROILER(下北沢ブロイラー)」
http://www.shimokitazawa.info/week.php

twitter
@shimobro

facebook
http://www.facebook.com/Shimokitazawabroiler

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

About the Author

しもブロ

しもブロからのお知らせや、しもブロに送られてきたプレスリリースなどを掲載します。掲載希望情報やプレスリリースは info@shimokitazawa.info までお送りください

View All Articles