ここは、一番街商店街。
カフェ&ベーカリー『ミクスチャー』の店内には、パンがぎっしりと並んでいる。

パン棚の一番上では、食パンが鎮座していた。パンでありながら耳を持つというその特徴を活かし、いま仲間のパンたちの囁きに聞き耳をたてている。

(ん? あのきっぷのいい話っぷりは、あんぱんだな)

「おい、みんな。ビシッとお目覚めかい? 今日もおいらの餡はしっとりと仕上がってらぁな。昔からこの味は変わっちゃいねぇ。 って、おいおい、どこのどいつだ。図体のでかいのが邪魔して、せっかくのおいらのフォルムがお客さんに見えねぇじゃねぇか」

「図体がでかいとは失敬な。コッペパンですよ。そりゃ、あなたより大きいし、長いし、餡も入っていません。でもね、僕ときたら、皮はなめらか、生地はほんのり甘くて小麦の風味がある。僕の中に具をはさめば、どんな素材でもその美味しさを引き立たせるっていうんで、皆さんから寵愛を受けているんです。
現に、僕にコールスローサラダをはさんだ『フレンチサラダパン』も、たまごサラダをはさんだ『たまごパン』も、どちらも不動の人気です。
ところで、さっきから甘い香りで僕を誘惑しているのは、メロンパンだね。ごきげんいかが、メロン。それにしても、相変わらずガードがかたいねぇ」

「あら。私、見た目はかたそうでも、中身はもちもちなのよ。そのギャップに誰もがイチコロなんだから。あなたは何も知らないのね。放っておきましょ。
ねえ、どなたか物知りさんはいらっしゃらない? このお店のロゴを見ると、『ミクスチャー』っていう店名の脇に小さく『大英堂』って書いてあるのは何故なのかしら。
いつも入口でおすまししているクロワッサンさんならご存知?」

「はい。存じております。これにはいきさつがあります。皆さん、少しだけ身体をこちらに向けて、私の話を聞いてください。
このお店の場所には、以前『大英堂』というパン屋さんがありました。コッペパンが美味しくて、店主が人柄のいいおじさんで、地元の人に大変愛されていたお店でした。
一方、今の店主は、初めからパン屋をやりたかったわけではありませんでした。いつかはカフェを開きたいと思いつつ、大学を卒業してからは会社員として働いていたのです。
社会人2年目のときに、下北沢に住む友人にたまたま連れていってもらったことで『大英堂』を知りました。
そのパンの美味しさとおじさんの人柄に惹かれ、パン作りを学びたいと思い、お店で働かせてほしいとおじさんに頼み込みました。
そして、会社勤めをしながら休みの日は『大英堂』で働く、という生活を4年間続けたのです。
無報酬です。
やがて彼は、当初の夢であったカフェの開業を決断し、会社を辞めてカフェの専門学校に通い始めました。
ところが、その一か月後、『大英堂』のおじさんが急に亡くなられたのです。
大変悲しいことでした。
彼は、『大英堂』のパンを残したいという強い気持ちを抱き、この場所を引き継いでお店を開いた、という次第です。
彼がおじさんから教わったのは、パン作りの技術だけではありません。お客さんとのつながり、地域とのつながりを大切にする心も学びました。
彼にとっては、お客さんに喜んでもらうということが一番の目的で、美味しいパンというのは、ただその手段のひとつかもしれません。
形には見えませんが、おじさんからパン魂みたいなものをしっかり受け継いでいるのが伝わるから、お店の名前が変わっても昔からの馴染みのお客さんが来てくれるのだと思います。
で…、さっきから気になっているのですが、そこで大の字に広がったように寝そべっているのは誰ですか」

「グローブです」

「クリームパンでしょ」

「バレてるのか。お腹にクリームがパンパンに詰まっているから、苦しくってしょうがない。ひと眠りしたいところなのに、どうしてこんなに朝早くから整列しなくちゃいけないんだ」

「なに寝ぼけたこと言っていやがる。今クロワッサンが話したばかりじゃねぇか。お客さんを大事にしているからに決まってらぁ。ここは朝7時半に開く。朝早くからお店が開いていてみろ。出勤前にパンが買えるし、朝食だって食べられる。しかも夜は9時まで開いているんだ。な?助かるだろ?」

「そうよ。お客さんだけでなくで、地域のお店とのつながりも大事にしているのよ。コラボ商品だって作っちゃったんだから。以前あった【一番街やきそばパン】は一番街商店街の『島田麺店』の手作り麺を使っていたし、【一番街コロッケパン】は一番街の『肉の三吉』のコロッケ。私は密かにこのふたつを「番街野郎」って呼んで、胸キュンしていたんだけどね、残念ながら『島田麺店』も『肉の三吉』も閉店してしまったの。でもね、店主が『肉の三吉』からコロッケのレシピを教わって、今はその伝統の味を再現したコロッケで作っているのよ。
他にも、【BP×M食パン】は『Bear Pond Espresso』とのコラボ、【抹茶マフィン】は『しもきた茶苑大山』とのコラボなの。【とよんちのたまご】とのコラボ商品『とよんちのたまごパン』は、12月の一番人気だったんだから」

「おっ、おっ、見ろ、あのお兄さん、さっきからトングを持って、どれにしようか迷ってるよ。おいらを選んでくれるかもしれねぇ。さあさあ、みんな。元の位置に戻って。戻って」

そのとき、学生風の青年が、あんぱんに伸ばしかかった手をふと止めて、棚の上の食パンを手に取った。

—————

【bakery&cafe mixture(ミクスチャー)】
北沢3-31-5
03-5453-7677
7:30-21:00 (LO. 20:00)
不定休
http://www.cafe-mixture.com/