その味は親から子へ、そして世界へ。一龍の『にんにくそば』

 

連日ラーメンの記事を更新していますが本日でラスト、下北沢で一番好きな『ラーメン』2015で3位となったお店【一龍】です。2013年には珉亭と同率で2位に選ばれた、下北沢の老舗ラーメン店です。

下北沢駅北口から徒歩3分くらい(人が少なければ)、このお店の雰囲気もずっと変わらない気がする
下北沢駅北口から徒歩3分くらい(人が少なければ)、このお店の雰囲気もずっと変わらない気がする

訪問したのは2015年仕事納めの日、もう人と会う約束もないので、今まで一度も頼んだことのないあのラーメンを頼みましたよ。

なにげに英語も書かれているメニュー
なにげに英語も書かれているメニュー
『にんにくそば』800円(税込)
『にんにくそば』800円(税込)

明らかにニンニク的な何かを感じられる香りをはなっている、見た目的には中華そばと変わらないけど、よく見るとスープにスライスされたニンニクが浮かぶ。これか、これが一龍のにんにくそばなのか。スープを一口、うまい、一龍のあの黄金スープ、しかしそこにはニンニクという強力な存在が加わりなんとも勢いを感じるスープとなっている。

これでもかと投入されているニンニク片
これでもかと投入されているニンニク片
チャーシュー数枚。そもそも、このお店は中華そばにもチャーシューが複数枚投入されている
チャーシュー数枚。そもそも、このお店は中華そばにもチャーシューが複数枚投入されている
麺は細めのちぢれ麺、黄金のスープにベストマッチ
麺は細めのちぢれ麺、黄金のスープにベストマッチ

スープは豚骨と鶏ガラに醤油、ジャンル分け的にはどこと言えない味わい。あっさりしているわけでもなく、こってりしているわけでもなく、なんですかねもう一龍のスープとしか言えないなぁ。ネギ、紅ショウガのアクセントがこれまたなんともいい感じ。味わいながらも一気に食べて、スープも全て飲みきってしまう、今日も素晴らしい一杯でした。

つぼ漬けはじめて食べた、うんめーなこれ! ライスが食べたくなるな、これは
つぼ漬けはじめて食べた、うんめーなこれ! ライスが食べたくなるな、これは

この日は親子連れがふた組、ひと組はわが家と同じくらいの娘さんを連れたお父さん。娘さんが「赤いのやだー」というと、お父さんが紅ショウガを自分の丼に移している。ああ、うちと全く同じだなぁ、紅ショウガとかダメな子供多いよね。親子で一龍のラーメンを食べる、このお店がオープンした30年前からずっと繰り返されてきた光景なんだろう。親から子へ、一龍の味は受け継がれる。そうだ、今度うちの子供も一龍に連れてこよう。

ラーメンを食べ終わる直前、外国人観光客とおぼしきお客さんがやってきた。カウンターに3人が座ると、メニューを見ながらどれにしようかと相談している。メニューが英語で書かれ写真が載っている、それだけで彼らは安心できるんだ。2020年のオリンピックを控え、国も観光地も商店街も外国人観光客対応に全力を挙げている。下北沢の街もずいぶん外国人観光客が増えました、そしてこれからもどんどん増えていくのでしょう。いきなり外国人観光客の皆さんが満足できるような街になるのは難しいかもしれない、でも、少しずつ対応を進め1人でも多くの人が喜んでくれるような、そんな下北沢になればいい。2015年下北沢で最後のランチを食べながら、そんなことを考えていました。

先ほどの3人組が注文する、「チャーシューめん」に「中華そば」そして「餃子」。おお、なんという組み合わせ、いい注文するねー分かってるなー。下北沢の一龍を思う存分堪能してね!

ごちそうさま、また来年もよろしく。

—————

【一龍(いちりゅう)】
北沢2-30-11
03-3466-1671
11:30~22:00(材料がなくなり次第終了)
不定休(12月31日まで営業、新年は1月5日から営業)
ファンサイト: 下北沢 一龍へ行こう!