『下北沢カレーフェスティバル2016』 メニュー名に惹かれる6店舗

下北沢カレーフェスティバル2016

2016年10月7日(金)から16日(日)に開催される『下北沢カレーフェスティバル2016』。【ガチでオススメ8店舗】【写真に一目惚れ6店舗】に続き、今回のテーマは【メニュー名に惹かれる6店舗】。敢えて写真を見ず、メニュー名から惹かれたカレーをピックアップしました!

 

日本蕎麦 廣榮屋
『Ojiyaカレーうどん(900円)

日本蕎麦 廣榮屋 『Ojiyaカレーうどん』

B級グルメ王国からの使者。愛知県で食べられているご当地カレーです
MAP No. 24 / 北沢3-21-1 / 03-3466-5958 / 11:30~21:00 / 店休日13日(木)
コメント: はい、一番街にある超老舗蕎麦屋さんの広栄屋さん。老舗とはいっても敷居が高い感じではなく、どこの街にでもあるような昔ながらのお蕎麦屋さんです。そんなおそば屋さんがカレーフェスティバルに出すメニューは『Ojiyaカレーうどん』、愛知県豊橋市がプッシュしているご当地メニューでもあります。カレーうどんの下にとろろがのったご飯が敷かれているという、かなりボリューミーなメニューです

 

シモキタ シュリンプ
『海老屋の海老ライスカレー(1200円)

シモキタ シュリンプ 『海老屋の海老ライスカレー』

海老のすり身をたっぷり入れたカレールーを、海老入り炊きこみライスで! 海老専門店が作る海老ライスカレーです。ピリッと辛い海老ライスカレーを召し上がれ!
MAP No.34 / 北沢2-33-6 / 03-5790-5023 / 12:00~14:00、17:00~23:00LO
コメント: エビ料理専門店シモキタシュリンプの『海老屋の海老ライスカレー』。まー、メニュー名そのものですが、エビカレーじゃなくてエビライスカレーというのがポイント。写真を見て分かるとおり、エビ入り炊き込みご飯にエビがはいったカレー、さらにカレー自体にエビのすり身が入っているという、徹底的にエビまみれのカレーです。もう、エビ好きの皆さんは絶対に外すことができないカレーです
Facebookページ

 

農民カフェ
『郷カレー(1296円)

農民カフェ 『郷カレー』

一つの郷(地域)に特化したカレーです。期間中は南阿蘇→喜多方の食材を使います。農民カフェ/下北沢店では、魅力ある村や町、地域の東京ブランチとして様々なフェアを開催しております。題して「郷カフェ」ローカルアクションの現場として農民カフェ/下北沢店は、日本の魅力溢れる地域を応援します!!
MAP No.37 / 北沢2-27-8 / 03-6416-8176 / 11:00~22:00LO (11日(火)17:00閉店)
コメント: 『郷カレー』ってなんだろう? まさに、メニュー名でなんだろうと思った農民カフェのカレーフェス限定メニュー。説明にも書かれていますが「郷」とは地域のことをさし、期間中は南阿蘇・喜多方の食材を使ったカレーが提供されます。ちょっと地名からはどのような食材を使っているのか分かりませんが、それは期間中に行ってのお楽しみです
Facebookページ

 

味噌屋八郎商店 下北沢店
『濃厚豚骨チーズカレー(500円)

味噌屋八郎商店 下北沢店『濃厚豚骨チーズカレー』

豚骨スープを使ったカレーとチーズとの相性抜群。今年5月に味噌屋八郎商店にリニューアルしました。タンメンは引き続き販売してます。ガツンと食べたい方にもオススメです。
MAP No.41 / 北沢2-32-6 / 03-6796-3156 / 11:00~0:00LO
コメント: とーっても濃厚でクリーミーな味噌ラーメンのお店「味噌屋八郎商店」。カレーフェス限定メニューは『濃厚豚骨チーズカレー』、ラーメンじゃなくてカレーライス、しかもトンコツを使ったカレー。正直どんな味になるのか全く分からない、トンコツのこってり感とカレーが合わさるとどんな味になるのか。要チェックです
http://www.nantsu.com/store2/

 

vizz cafe/bar
『カンボジアのアモックカレー(850円)

vizz cafe/bar 『カンボジアのアモックカレー』

お皿がバナナの葉っぱ。アモックスパイスとココナッツの香り! くつろぎのアンティークソファでゆったりと時間を過ごせます!少人数様でも 広いお席ご利用できます。
MAP No.80 / 北沢2-23-12 / 03-5787-8305 / 11:30~1:00
コメント: アモックカレーというカレーは初耳。カンボジアのアモックスパイスを使ったカレーだということは分かりましたが、そもそもアモックスパイス自体を知らない、、、写真を見た感じクリーミーなグリーンカレー的な雰囲気ですが、はたしてどんな味のカレーなんだろう?
Facebookページ

 

金威(カムイ)
『中華風チキンカレー(1000円)

金威 『中華風チキンカレー』

色々な香辛料と自家製辣油でスパイシーに! 旬な食材で作る料理、癖になる激辛な四川料理を自家製辣油などで仕上げ、食後のデザートも自家製です。
MAP No.117 / 北沢2-14-3 / 03-6450-8876 / 11:30~15:00 17:30~22:00LO、土日祝11:00~22:00LO / 店休日11日(火)
コメント: 南口にこの夏オープンしたばかりの金威(カムイ)。激辛麻婆豆腐や担々麺が自慢の四川料理のお店がカレーフェスに参加。『中華風チキンカレー』というメニュー名ですが、辛い四川料理の専門店だけに、インドとは異なる中華のスパイスをふんだんに使ったカレーになりそう。というか、写真の色からして辛さを感じてしまいます
http://www.kamui.tokyo/

 

以上、【メニュー名に惹かれる6店舗】の情報でした。老舗おそば屋さんからシモキタっぽいカフェ、そして、オープンしたばかりのお店まで。メニュー名だけで選ぶと、本当に様々なジャンルのお店をピックアップすることになりました。

【下北沢カレーフェスティバル2016関連記事】
『下北沢カレーフェスティバル2016』 ガチでオススメ8店舗
『下北沢カレーフェスティバル2016』 写真に一目惚れ6店舗
『下北沢カレーフェスティバル2016』 メニュー名に惹かれる6店舗
『下北沢カレーフェスティバル2016』 新規参加で気になる8店舗
『下北沢カレーフェスティバル2016』 レジェンド3店舗&並んでも食べるべき2店舗
『下北沢カレーフェスティバル2016』 9店舗追加で合計142店舗に!
『下北沢カレーフェスティバル2016』 スイーツ11店舗も参加!