小田急線下北沢駅地下一階ホーム、3/30からホームドア使用開始

以前からホームドアの設置工事が進められていた小田急線下北沢駅地下一階ホーム、2019年3月30日(土)からホームドアの使用が開始されると発表がありました。

小田急線下北沢駅地下一階ホーム

リリース(下北沢駅地下1階でホームドアを使用開始)によると、新宿などの終端駅以外でのホームドア設置は、列車を定位置に停車させるための課題がありましたが、定位置停止支援装置※(TASC)の導入が進み、2022年度までに1日の利用者数が10万人以上の駅(新宿・代々木上原・下北沢・登戸・新百合ヶ丘・町田・相模大野・海老名・本厚木・大和・藤沢)にホームドアの設置を進めるとのことです。

※ 電車が駅に到着する際に、自動的にブレーキをかけて定位置に停止させるための運転支援装置です。駅の手 前に設置された地上子から停止位置までの距離情報を車両に送信し、速度パターンにあわせて列車のブレーキ を制御します。

3月16日には小田急線および井の頭線中央口改札の利用が開始されますが、ダイヤ改正と共に下北沢駅地下一階について上り(4番線)については各駅停車および準急・通勤準急に加え、千代田線直通となる急行も停車するとのことで、今まで以上に利用者が増えることが想定されます。ホームドアの設置でより安全に下北沢駅が利用できることになりそうです。