「下北沢カレーフェスティバル2019」10月10日から史上最長となる13日間開催!参加店舗も募集中

今年で8回目の開催となる「下北沢カレーフェスティバル」、今年は史上最長となる13日間の開催となりました。初日は10月10日で昨年より1日前倒しとなる木曜日からスタート、最終日は10月22日でこの日は火曜日ですが「即位礼正殿の儀の行われる日」で祝日となります。

現在、下北沢カレーフェスティバル2019実行委員会では参加店舗の募集を行っています。募集店舗数は150店舗で、ミニカレー・限定メニュー・限定セットなど通常は提供されないメニューを提供することが条件となります。申し込みの締め切り日は6月19日(水)。詳細の参加条件や参加費用など申し込みに関する詳細は、「下北沢 カレーフェスティバル2019 参加店舗募集要項」ページからご確認ください。専用のエントリーフォームから必要事項を記入の上、お申し込みください。

また、「下北沢カレーフェスティバル2019」の開催に先立ち、カレーフェスの起源でもある「下北沢カレー王座決定戦」の開催も決定! こちらは、7月4日(木)から15日(月・祝)までの12日間開催。イベントの詳細は近日中に発表される予定で、わかり次第しもブロでもお伝えします。

そして、しもブロが中心となって企画、昨年初の試みとなったテイクアウトしたカレーを食べられる屋外フードコート企画「ぱくぱくパーク」を、今年も開催する方向で進めています。ステージ企画も予定しているので、こちらの情報解禁もお楽しみに。