2022年9月23日(金・祝)から25日(日)までの3日間にわたり『第14回 下北沢映画祭』の開催が決定しました。第14回となる今年は「北沢タウンホール」、下北沢のミニシアター「トリウッド」と「K2」での開催が決定。併せて、企画第1弾として下北沢が舞台のミュージカル映画『オジキタザワ』の上映が決定しました。

『第14回 下北沢映画祭』
Design:中村友理⼦(HOOH)
『第14回 下北沢映画祭』
Design:中村友理⼦(HOOH)

企画第1弾として発表された『オジキタザワ』は、演劇界の⾵雲児エリィジャパンの⽯垣エリィさんと、CMを中⼼に活躍する映像界の新鋭、藤本匡志監督によるコロナ禍に⽣まれた演劇と映像のタッグ企画。5⽉に下北沢のミニシアター、K2で2⽇間にわたって⾏われた応援特別先⾏上映会は全12回で満席続出。再上映の声も⾼まる中、北沢タウンホールにて上映する運びとなりました。

〈『オジキタザワ』ストーリー〉
夢⾒る「おじ」が歌って踊るミュージカル
終電が終わりを告げる。場所はいつもの下北沢。飲んだくれて、その扉を開けば、
そこには夢を持ったおじさん、「夢おじ」たちが暮らしていた。
下北沢に迷い込んだ主⼈公アユムが、夢おじたちと過ごした、ある⼀夜のなんか変なお話し。
「だから嫌いなんだよ」と、アユムが下北沢を嫌う理由は︖謎のおじさんの正体は︖
細かいことは気にせずに、飲んで、歌って、踊って、そんな間に課題は解決している、かもしれな
い。きっとあなたの近くにも、夢おじがいるでしょう。怖くないから、ゆっくりと近づいてみよう。
きっと、何も変わらないけど、そういうこともあって良いんだって思うはず。

『オジキタザワ』
『オジキタザワ』
『OJIKITAZAWA』予告編90秒

今回の上映決定に際し、『オジキタザワ』プロデューサー・⽯垣エリィさんのコメントも到着しました。

〈⽯垣エリィさん(『オジキタザワ』プロデューサー)コメント〉
エリィジャパン総監督の⽯垣エリィです。
今回、映像制作会社BISの丸⼭千弥プロデューサーと共に演劇×映画『オジキタザワ』を制作し、下北沢映画祭で上映して頂ける事になりました︕ 2022年5⽉、シモキタエキマエシネマK2にて⼆⽇間の先⾏上映で800⼈を動員し、好評を博した本作品。変わりゆく下北沢の変わらないものを、夢⾒るオジサン達と共に体感してください。

二日間の先行上映を鑑賞し、しもブロでもレビューを掲載した『オジキタザワ』。レビューの最後に「引き続き下北沢でも上映して欲しい作品」と書きましたが、まさか下北沢映画祭、しかも北沢タウンホールで上映される事になるとは、まさに大躍進と言えるでしょう。ぜひ、この機会にご覧ください。

『オジキタザワ』

プログラム第2弾及びコンペティションノミネート作品&ゲスト審査員は後⽇発表予定、引き続きしもブロでご紹介いたします。

About the Author

クロダマサノブ

下北沢情報サイト【しもブロ】のキュレーターです、キュレーターってなんやねんって?下北沢のありとあらゆるモノをキュレーションしています。下北沢の街にたどり着いて25年、常に変化し続けるこの街のことを見続け、下北沢のイマを伝えています

View All Articles