【こちらの記事は2014年の記事です、2015年は出店されていませんでしたが、2016年に復活しました】 『かき氷屋川久』が、再び下北沢で期間限定オープン!

夏限定で名古屋の有名かき氷屋さんが下北沢に来るらしい、そんなことを聞いたのが6月の終わり。かき氷はもちろんきらいじゃないけど、やっぱ夏はビールだよなぁ、500円出すのだったらやっぱ生ビールだよ。そんなことを思っていた39歳のおっさんですが、さすがに平日の真っ昼間からビールを飲むわけにもいかない。そして、連日最高気温は30℃をはるかに上回っていて、これ以上ない「かき氷」の奴には最高のコンディションが続いている。行くしかないか、ものは試しだ。

西口を出て左側に進んですぐ、そこにかき氷屋川久さんはありました

『かき氷屋 川久』さんに到着、、、てか、ここ、「カレーショップスミレ」さんだよね。え? 夏休み? 再開は10月4日?? なにそれ、超絶羨ましい。でもって、お店が夏休みの間、かき氷屋さんが期間限定(7月10日から9月28日まで)で営業しているのか。

カレーショップスミレさん夏休み期間中のみの限定営業

平日の真っ昼間だけど、結構お客さんが入ってるね。さてと、何を頼もうかなー。

500円、練乳は無料でかけてくれるけど、+100円でかけ放題になるとか。おいおい、小学生とか一本まるまるかけそうだぞ

「あまおういちご」に「巨峰」、「キャラメルマキアート」とか「大人メロン」なんてのもある。全20種類、どれを選んでも500円。練乳は無料でかけてくれるけど、100円追加するとかけ放題、超絶かけ放題。

ひねくれ者のおじさんなので「一番注文が少ないシロップってどれですか?」とか聞いてみると、『カシスですかね』との回答。じゃー、カシスでよろしくー(おいおい)。

かき氷製造開始、序盤からシロップと練乳をかけまくり

そして、ふわしゃりの氷が削られてゆく

途中何度もシロップを掛ける、練乳もかける

20種類のシロップが並ぶ、、、って、20本以上あるよ、、、

よく見ると、この氷削り機に「川久」のタグが。最高の削り具合を求めて、自ら創り出してしまったとのこと。氷屋の本気を感じる

と、色々お店をチェックしてたら、俺のカシスかき氷が完成したよ。

で、でかい、、、

カシスかき氷を上部から望む、美しい

まずは一口。ふわっとしゃりっと、なんだこの軽さは、、、氷がとにかく不思議な食感。口に入れるとすぐに消えちゃって、後にはカシスシロップと練乳の甘さが残る。なんですかこれは。あまりに未体験の食べ物に何度となくスプーンでいただくけど、変わらないこの不思議な感覚。

カシスシロップと練乳が全体に行きわたっている

最後の最後まで楽しめるよーー

ふううううう、一気に食べきったぜ。というか、今まで自分が食べてきた出店かき氷とはあまりに次元が違い過ぎで驚きました。かき氷に500円払うって感覚は食べるまで全くわからなかったけど、実際に食べてみて納得。というか、500円ならものすごくリーズナブルだよ!

マネージャーのお兄さんに話を聞いてると、本業は氷の卸問屋さんで氷に対するこだわりは半端無いみたい。そりゃそうだよ、氷だけではなく氷を削る機械まで作っちゃうし、さらにはシロップまでオリジナルで開発するんだもんね。

壁にはズラリとオリジナルシロップが並ぶ。確か、シロップだけで売ってくれた気がする

川久さんのWebサイトを見てみると、そこには並々ならぬ氷に対するこだわりが。ただ、凍らせるわけではなくゆっくりじっくり凍らせているんだね。工程3の『脱氷』という工程がすごいな。てか、この氷でウィスキー飲みたい、氷工場見学してぇーー!

『かき氷屋 川久 』さんは井の頭線下北沢駅西口を出てすぐ。下北沢によく遊びに来る人たちでもなかなか西口には行かないかもしれませんが、このお店のためだけでも行く価値がありますよ。いまは、そこまで混んでいないのでチャンス! 西口だから『 アティコドス (Atico dos)』さんとか『ラ・ベファーナ』さん、『四川料理 天華』さんといったランチの美味しいお店もありますので、ランチついでにぜひー!

—————

[2014.7.31 追記]

ふわっしゃりっな川久さんのかき氷ですが、製造工程を見てもらったほうが早いと思うので、ぜひご覧ください(1分52秒)

【こちらの記事は2014年の記事です、2015年は出店されていません】

—————

【かき氷屋 川久 (かわきゅう)】
北沢2-23-6
080-4840-7633
11:00-19:00
無休
期間限定 2014/7/10-9/28
http://www.kawaq-ice.com/

Tagged in:
,

About the Author

クロダマサノブ

クロダマサノブ、もしくは廣田西五です。「予定は未定であって決定ではない」の人で、別名シモキタさん。主にインターネッツ各所や、ライブハウス、サーキット、そして下北沢にいる。愛知県豊川市出身、京都市右京区経由で、普段は世田谷区で生息しているが、突然京都や大阪そして新栄のライブハウスに現れ泥酔し、泣きながらライブを最前列で見ている。要注意だ [Twitter]ymkx

View All Articles