いやー、梅雨明けー、からの即酷暑! なんというか、体が全然追いつかないですよね。今週はちょっと暑さ控えめですが、それでも最高気温は33℃とか、、、あああああ、もう無理だ、無理っす! 冷たい食べ物をお願いします、めっちゃ冷たい冷麺をお願いしますっっ!! そんな半狂乱で下北沢の街を歩いていると、なんかヤバそうな冷やし麺を発見したわけですよ。

『ラーメンコチュ』日本の生麺をつかった真っ赤な韓国ラーメンが食べられるお店だぜ! めーっちゃおいしいけど、アツアツ、辛辛だぜっ!! おい、無理や、一番無理や
『ラーメンコチュ』日本の生麺をつかった真っ赤な韓国ラーメンが食べられるお店だぜ! めーっちゃおいしいけど、アツアツ、辛辛だぜっ!! おい、無理や、一番無理や
うぇ!? はじめました「かき氷冷麺」とは??

いやー、『ラーメン コチュ』って真っ赤な韓国ラーメンのお店でしょ? 日本の生麺を使って美味しいってのはしもブロでも紹介しましたが、めっちゃアツアツで、いい感じの辛さを放つラーメンなんですよ。それはそれでもちろん真夏でもアリなんだけど、ちょっとそんなテンションじゃなくて冷麺が、、、ぬおっ、「かき氷冷麺」?? めっちゃかき氷がかかってる冷麺。なんだろう、確かにそれは冷たいだろう、氷だしな。でも、冷たいだけじゃダメなんだ、冷たくて美味しくなきゃダメなんだ!! はい、試します、自ら試さねばなりません。

へい、おまち! ラーメンコチュの「かき氷冷麺」だっっ!!
へい、おまち! ラーメンコチュの「かき氷冷麺」だっっ!!
いや、もう「かき氷冷麺」じゃなくて、フツーに「かき氷」じゃね??
いや、もう「かき氷冷麺」じゃなくて、フツーに「かき氷」じゃね??

やー、やりすぎじゃーん。てか、冷麺が全く見えねぇえええ。めっちゃかき氷じゃん、リンゴっぽいのと小葱が載ってるけど、、、。とりあえず一口食べてみる、あああああつんめたーーーーーい! ん、ちょ、これ、おいしいな。かき氷として美味しいのではなく、リンゴの味わいと共になんか旨味あふれてるぞ、このかき氷。

ちょっと下の方の氷を味わってみる
ちょっと下の方の氷を味わってみる

旨っ! これ、完全に韓国冷麺の美味しさですよ!! というか、かき氷自体が韓国冷麺のスープを凍らせてますよね。なんだこりゃ、こんなうま味あふれるかき氷を食べることになるとは思ってもいなかった。

キムチと麺を喰らう
キムチと麺を喰らう

気がつかなかったけど、かき氷の下にはキムチがいた、そしてめっちゃ冷やされた細麺がいた。それを喰らう。つんめたーーーーーい、からの、うまっっ! なにこれ、めっちゃ美味しいんだけど!!

麺自体のコシも素晴らしいけど、旨味氷で冷やされてさらに強いコシに
麺自体のコシも素晴らしいけど、旨味氷で冷やされてさらに強いコシに
そして、旨味氷の下から鶏チャーシューを発掘
そして、旨味氷の下から蒸し鶏を発掘

最初の段階でかき氷が全体をおおっていたのでイマイチ実態が分からなかったのですが、具材として蒸し鶏・キムチ・キュウリがのっていました。蒸し鶏とかもはや軽く凍ってて、新しすぎる、、、。リンゴが入っていることもありますが、フルーティー感も加わり奥行きのある味わいです。

たぶんコチュジャンとお酢
たぶんコチュジャンとお酢
辛いと思ったら、甘い
辛いと思ったら、甘い

途中で味変できるように(たぶん)コチュジャンとお酢が用意されます。辛いのかなと思ったらどちらかというと甘い、そして、まあお酢だよねと思って入れたら、めっちゃ酸味のあるお酢でむせました。

いやー、正直ちょっぴりかき氷が載っているくらいだと思ったんですよ。表にあったメニューの写真を見ても、そんな感じでなんか味が薄くなりそうだなぁって。でも、実際に食べたらもうかき氷部分だけでも美味しくて、リンゴと冷麺のスープってめっちゃ合うなぁ。スイーツなのかご飯なのかサッパリ分からない感覚が予想外に美味しかったです。こんなに強力に冷水でしめられた麺は初めてですよ、まあ、氷で閉められてるようなもんだからなぁ。

というわけで、ラーメンコチュの「かき氷冷麺」。酷暑を乗り切る最強の冷やし麺を、ぜひ味わってみてくださーい。

『ラーメン コチュ』

北沢2-33-7
平日 11:30-15:00、17:00-22:00
土日祝 11:30-16:30、17:00-21:00
 *ラストオーダーは30分前
不定休
公式Instagram

Tagged in:

About the Author

クロダマサノブ

下北沢情報サイト【しもブロ】のキュレーターです、キュレーターってなんやねんって?下北沢のありとあらゆるモノをキュレーションしています。下北沢の街にたどり着いて25年、常に変化し続けるこの街のことを見続け、下北沢のイマを伝えています

View All Articles