先日、紹介した謎のイベント「 おコproject 」。紹介したからには、実際に体験するのが課せられた使命、というわけで12月7日にイベントが行われているSHIMOKITA STATIONさんに行ってきました。

おコproject・SHIMOKITA STATION入り口で宣伝

お店に入ると、2組のお客さんが試食中。厨房では、学生さんが試食用のおにぎりを作っています。女子大生がカワイイエプロンでおにぎりをにぎっているのを勝手にイメージしていましたが(100%おっさん宣言)、この日は男子大学生が慣れない手つきで作っているのであった、、、。

おコproject・おにぎり制作中

この日のおにぎりの具はみたらし・コンビーフ・さくらでんぶ&ふくじん漬け・あずき&きなこという4種類。おにぎりに合わせるコーヒーは、一番街にあるやなか珈琲さんのものです。

早速試食してみます。正直、絶対に珈琲におにぎりは合わないと考えていたのですが、予想外に合う。そう、今回は甘めの具が多いのですが、甘いおにぎりはお菓子的な感覚で、珈琲に合うことが判明しました。この中で一番よかった具は「あずき&きなこ」ですね。なんというか、おにぎりと言うより、お餅に甘い具をつけて食べている感覚でしょうか。

おコproject・実験のおにぎりとこの日はやなか珈琲のコーヒー

そんな感じで、 おコproject の体験終了。アンケートも書き終わり、今回のイベントを運営している、駒澤大学経済学部長山ゼミの池田さんに、お話を伺いました。

———-

ymkx: この企画はどのような経緯で開催に至ったのでしょうか

池田: 長山ゼミは地域経済と起業論が専門のゼミですが、以前開催されたビジネスマッチングイベントでこのお店SHIMOKITA STATIONさんとの繋がりが生まれ、下北沢で何かをやってみようと考えていました。自分たちのコンセプトに「新しい文化の創造」がありまして、下北沢にはカフェが多い点に着目し、それならコーヒーを絡めて何かをやろうと。ただ、自分たちはイベントを企画したことも運営したこともなかったので、下北沢カレーフェスティバルを参考にさせてもらいました。カレーを食べ歩くように、色々なカフェのコーヒーに合うフードを食べ歩けるようなイベントをイメージして、その実験としてこの企画を開催しました

おコproject・駒澤大学経済学部長山ゼミの池田さん

ymkx:今回2回目だと思いますが、初回はどのようなおにぎりでしたか?

池田: 1回目は、本当に普通のおにぎりの具で、ツナマヨ・鮭・おかか・梅でやってみたのですが、、、フツー過ぎて面白くなくて、体験してもらった人にも「で? なに?」みたいな感じになってしまい、2回目はチャレンジングな具にしてみました

ymkx:今回の具はどのように選んだのですか?

池田: 実は決まったのは昨日なのですが、17種類の具を試してその中で合うものを4つ選びました。構想段階ではもっとよくわからない物もやろうとしていましたね

ymkx:え? 何をやろうとしていたの?

池田: ふ、フルーチェとか、、、

ymkx: 、、、無理、だよね。ちなみに来週は違う具になりますか?

池田: ど、どうなるのかな、、、今日のアンケートの結果を踏まえて考えます

ymkx: ちなみに、このイベントは次回で終わりだと思いますが、その後はどのような展開を考えていますが

池田: SHIMOKITA STATIONさんは平日のランチ営業をやっていないので、このイベントから得たことを活かして、ランチ営業をやろうと考えています

———-

ちなみに、この日の実験結果はブログで発表されていますよー、そうだよねー、やっぱそうだよねー。

そんな、おコprojectですが、本日12月14日と15日も開催していますので、下北沢にお立ち寄りの際にはぜひ足を運んであげてください。ってか、今日の具は結局何になったのだろうか、、、。

【SHIMOKITA STATION(シモキタステーション)】
代沢2-28-8 サンキャスティル下北1F
03-6413-8582
火-金 17:00-23:00、土日 10:00-23:00
「おコproject」開催日時:
12月14日(土)・15日(日) 11:00-16:00
https://twitter.com/station_sk
http://ameblo.jp/shimokitastation/


大きな地図で見る

About the Author

クロダマサノブ

下北沢の音楽や演劇、イベント、そして飲食店などの情報を勝手に紹介。アタラシイ下北沢の魅力をいち早くお伝えします [Twitter]ymkx

View All Articles