下北沢を拠点としている劇団フルタ丸さんの「第22回公演 チャレンジング興行第三弾  『共演NG』」 のお知らせが届いたよー。劇団フルタ丸の本公演にして、三回目のチャレンジング興行となるお芝居です。

タイトルは『共演NG』、共演NGというと3月をもって31年間の歴史に幕を下ろした「笑っていいとも」夜の特別番組での大物お笑いコンビの共演が話題だったなぁ。いやぁ、あれは確かに凄かった。共演NGなのかどうか真偽はわからないけど、共演NGだとしてもおかしくない組み合わせだったなぁ。

で、フルタ丸ですが、公演のWebサイトには、

NGだから共演はさせられない。
絶対にさせられない。絶対に。
第三弾は共演NGを描く喜劇に挑戦。

もう、そのものズバリですね。共演NGの役者同士が舞台上でバトる感じなんだろうなぁ、、、て、それじゃー「チャレンジング興行」にならないじゃん。そう、フルタ丸のチャレンジング興行は、ホントにチャレンジングなんだぜ!

<劇団フルタ丸のチャレンジング興行とは?>
挑戦的な演出で、演劇の新しい楽しみ方にチャレンジング! 2013年5月の第一弾『匿名家族』では、見えない家族を相手に、家族を取り巻く人々だけを演じ、そこに家族を立ち上げるという演出に挑戦。続く11月の第二弾『パラレル』では、左右線対称となる同一舞台セットで、同じキャラクターが全く同じセリフを喋り、同じ動きをしながら、同時並行で物語が進んでいくパラレル世界を実現。
おかげさまで、どちらも好評を得ました。

これまた、公式サイトに掲載されている内容そのままですが、「匿名家族」「パラレル」共に凄まじいチャレンジでした。「パラレル」はレビューを書いてますね、ホント今でも覚えているけど、客席から舞台上に飛び込んで役者(山田伊久磨さん)に「ダメダメッ! そっち、行っちゃダメッッ!」って言いたくなったくらい、、、。2時間弱のフルタの罠にまんまとはめられたことを思い出したぜ。

そんな、フルタ丸のチャレンジング興行なんだから、ただじゃ済まないことは明らかです。しかも、「共演NG」というある意味わかりやすいテーマ。いやいや、わかりやすいなんて思ってたら、今回も豪快にはめられてしまう、、、。今から戦々恐々ですな(お芝居なのに)。

劇団フルタ丸 第22回公演 チャレンジング興行 第三弾  『共演NG』 は5月16日~25日まで、下北沢「劇」小劇場で上演されます。チケットは公式サイトで予約受付中ですので、スケジュールをチェックしてお早めに予約してくださいねー。あと、毎日更新してる「共演NG」 稽古日誌も要チェックですよー。

—————

【劇団フルタ丸 第22回公演 チャレンジング興行 第三弾  『 共演NG 』 】
下北沢「劇」小劇場(北沢2-6-6)
2014年5月16日(金)~25日(日)
[開演時間] 16日(金)19:30★
17日(土)14:00●、18:00
18日(日)14:00●
19日(月)14:00◎、19:30
20日(火)19:30
21日(水)14:00◎、19:30
22日(木)19:30
23日(金)14:00◎、19:30
24日(土)14:00、18:00
25日(日)13:00、17:00
★初回割引、◎平日昼割引、●終演後アフタートークイベントあり
受付開始は開演の45分前・開場は開演の30分前
[チケット] 前売:3,500円
当日:3,800円
★初回割引 :3,000円(16日・19:30)
◎平日昼割引:3,200円(19日・14:00/21日・14:00/23日・14:00)
学生割引:2,500円(学生証提示)
※前売り日時指定・全席自由

[出演] 宮内勇輝
真帆
篠原友紀
工藤優太
清水洋介

松尾英太郎(劇団スパイスガーデン)
力武修一(劇団リケチカ)
田中夏
池田萌子
見方あゆ実
斉藤レイ

[スタッフ] <作・演出> フルタジュン
<照明> 向井さとこ
<音響> 前田真宏/水野裕
<音楽> 平野智子
<舞台美術> 泉真
<衣装> 井上彩
<WEB>  砂川俊輔
<キャスティング協力> 森有紀
<演出助手> 寺山義教
<宣伝美術> 山下隼太郎
<監修> 田中ソウ
<制作> 和田宜之/三村大作
<協力> 株式会社ダイスクリエイティブ/アットムービー
株式会社アンダンテ/劇団スパイスガーデン/劇団リケチカ [公式サイト] http://dp02026338.lolipop.jp/22tokusetsu/kyoenng.html

About the Author

クロダマサノブ

下北沢の音楽や演劇、イベント、そして飲食店などの情報を勝手に紹介。アタラシイ下北沢の魅力をいち早くお伝えします [Twitter]ymkx

View All Articles