どうもtattsumanです!

5月31日は下北沢サウンドクルージングに行って参りました!
最近やたら暑い日が続いていましたが、この日は今年初の真夏日となり最高気温は30度超え!暑い!!
しかしそんな暑さは何のその。今日を楽しみにやってきたサウンドクルーザー達が下北沢の街を大いに賑わせていました。


GARDEN前の通りは観客や出演者達でごった返していました。

 


この日はリストバンドをつけている人がたくさん歩いています。なんか仲間意識芽生えちゃいますよね!?

 


チケット交換所の横では本イベントのキービジュアルアートワークを手がけたHIZGIさんのライブペインティングが開催されていました。

そして完成ver.がtwitterにUPされていました。カワイイ!

 

 

サウンドクルージングは全13会場で行われるライブを自由に観て回れるライブサーキット型イベント。観る人が自由に観たいアーティストを選べるのがこのイベントの醍醐味です。皆さんはどのようなタイムテーブルを組みましたか?僕はこんな感じだ!というわけで以下、僕の観たアーティストの感想を動画と共に書いていくことにしましょう。

 

14:30〜 ナマコプリ @MOSAiC

二人組の芸術家アイドルユニット、ナマコプリです。どうやらイラスト描いたりしているリアルアーティストのようです。
ライブでは音楽の他、自身で作ったと思われるアニメーションを流してその場でアフレコしていました。ナマコプリが主人公のヒーロー(ヒロイン)ものや、TVチワワおにぎりチワワというキャラクターのシュールなやりとりで、これがなかなか面白かった!本当最近は色々な才能を持ったアイドルがいるんですねぇ。
肝心の歌の方はというと、フムフム、息がピッタリ合っていてこれはなかなか・・・ん?口の動きと出ている声が合っていな・・見なかったことにしましょう。(笑)なんか確信犯な感じもしましたけどね!笑

 

さて、ナマコプリも終わり、お次は今回の目玉である七尾旅人presents百人組手を観に富士見丘教会へ。が、しかし・・・

めちゃくちゃ並んでました・・・そりゃそうですよね。話題のイベントだし、会場も広くないし、そこに小林幸子姐さんだし・・・
この後時間を置いて何度か来てみたものの、常に行列ができていたので、百人組手は涙を飲んで諦めました。無念。

 

15:30~ the coopeez @Reg

京都からやって来たバンド、the coopeezです。
ストレートなジャパニーズロックで、下北沢が似合う!他のサーキットイベントでも呼ばれそう、というより是非呼んでほしいバンドですね!
Voはライブ中は熱くカッコ良く、MCはおもしろい、非常にオーラを持った方でした。ただ、サウンドクルージングだからということで、汽笛のコール&レスポンス(低い声で「ボーー」と言う)を要求された時はさすがに戸惑いましたけどね。笑

 

16:30~ FLOWER @BASEMENT BAR

こちら静岡県は浜松から、今年の初めに都内へやってきたという3ピースバンド、FLOWERです。
20歳の3人組、ということで見た目もかなり若く、MCの緊張具合が初々しかったです。
しかし演奏になると一転、シューゲイザーな轟音で会場を圧倒していました。
ギターの方はギター1本でアンプ2つ使ったり、相当機材マニアな匂いがしました。家帰ってからもずっと機材をいじっていそうです。それによってあのドリーミーな音色が出ると思えば納得なんですけどね。

 

18:20~ おとぎ話 @BASEMENT BAR


お次はおとぎ話です。THE OTOGIBANASHI’Sではありません。
黄色いスーツを身にまとった4ピースバンド。こちらも正統派ジャパニーズロックで、愛嬌のあるVoや、一見普通のサラリーマン風に見えるがライブ中にはかなりハジけてるドラム等、個性的な面々で観ていてハッピーになれました。
Voの方(男)は今年でレベル33(たぶん年齢)になるそうですが、「かわいい」と言われることに敏感になり始めたらしいです(笑)。是非彼を街で見かけた際は「かわいい」と言ってあげましょう!

 

20:30~ MONSTER大陸 @MOZAiC

4ピースのブルースロックバンド、MONSTER大陸です。
いい意味で汗くさい!そして何より演奏が抜群に上手い!ドンピシャなリズムでグルーヴ感半端なく、ムキムキの肉体から繰り出されるハーモニカの早吹き(?)には純粋に心踊らされました。いやーこの心踊り具合は本イベントで一番でしたね!
最近は色々なフェスにも出演しているようで、これからもっと彼らを見る機会が増えそうです!

 

21:00〜 田我流 @BASEMENT BAR

MONSTER大陸を全部観てから行ったので途中からですが、ラッパーの田我流を観に行きました。
僕が見始めた時はちょうどフリースタイル(即興)のラップをやろうとしているところで、何もBGMの無い中今感じている事などをラップで表現していました。田我流氏は納得いっていないらしく結構凹んでおり、その後の曲でもミスしたり動揺が隠しきれていませんでしたが、個人的にはよくあんなに詰まらせずに言葉を紡ぎ出せるものだと驚いていたんですけどね。フリースタイルは奥が深いです。

 

21:20 フジロッ久(仮) @THREE

こちらも途中から観ました。彼らは下北沢のライブサーキットには頻繁に出ているんですが、なかなか観る機会が無かったんですよねー。
しっかし凄かったですねー。初期衝動全開といいますか、いい感じにダサい!(笑)でもそれがいい!
ダイブしながら風船でプードル作ったり、シャベルに電動ノコギリ当てて火花散らしたり、バンドも前方の観客も一緒になって暴れ回っていました。すごく下北沢らしさを感じるバンドでありました。

 

22:00〜 やけのはら+ドリアン @THREE

DAYの部最後はやけのはら+ドリアンです。会場超満員!リハーサルからお客さんを煽って盛り上げてくれます。
RELAXIN’Blow in the Windといったまったりした曲をやってくれて気分は南国リゾート。そして途中でスペシャルゲストとして七尾旅人氏が登場!百人組手終わりでも疲れは見せず、しゃがれ声によってかえって味のあるRollin’ Rollin’となり、盛り上がりも最高潮に達しました。
しかしやけのはら氏の歌詞は非常に耳に残りますね。ライブが終わったあともついつい口ずさんでしまいました。

 

0:20〜 勝手にしやがれ @GARDEN

さてNIGHTの部になります。本当はこの時間は後藤まりこ×大森靖子なのですが、相当時間が押していて勝手にしやがれを観ることができました。
ドラムVo・ベース・キーボード・ホーン隊で構成されているジャズでパンクなバンドです。とにかくシブい!いぶし銀という言葉がよく似合います。
ラストの曲の終わりに言う「勝手にしやがれ・・」ってセリフで僕のハートはズッキュン来ちゃいました。あんなシブい声で言われたら僕、、僕・・・!笑

 

0:50〜 後藤まりこ×大森靖子 @GARDEN


GARDENのトリ、後藤まりこ×大森靖子です。以前から後藤まりこ嬢のライブは物凄いという話を聞いていましたのである程度心構えができていたのですが、大森靖子嬢のことは知らず気を抜いていたら二人共ヤバかった・・時折みせるヒステリックな歌声、観客フロアへのダイブ、同時に始まる別々の歌・・・これは共演なんですか?それとも対決なんですか?と問いたくなるぐらい二人の個性がぶつかり合っていました。最初に観たアイドルとは正反対の生々しい女性の怖さみたいなものを観せてくれたきがします(笑)。

 

1:30〜 箱庭の室内楽 @ReG

ラストはゆったり系バンド、箱庭の室内楽です。
ど深夜でしたが昼下がりかと思わせるような爽やかな歌声とメロディ。意表をついた変拍子もいい刺激になります。野外で聴いたらもっと爽快なんだろうなあ、なんて思っちゃったりして。
Voの方はこのイベントにも出ているlyrical school等に曲を提供しているらしく、今度アイドル達に混じってライブをやるらしいですよ。羨ましいですね。

 

というわけで、僕が観たライブは以上になります。
本当はこのあとのワンダフルボーイズまで見たかったのですが、僕の崩壊寸前の足と無慈悲な睡魔がそれを許してくれませんでした・・・orz
あと心残りは百人組手が観られなかったことですが、あとは満足のいくスケジューリングだったと思います。
しかしどこのサーキットライブでもアイドルの出演が増えましたよね。しかもその形態がどんどん変化して、〇〇系アイドルとかロックバンドとコラボったりとかしている。いやー音楽の時代の流れを見ていくのは楽しいものですね。今後も下北沢の音楽イベントはどんどん参加していきますよ!それではみなさん、さよなら、さよなら、さよ(ry

About the Author

しもブロ

しもブロからのお知らせや、しもブロに送られてきたプレスリリースなどを掲載します。掲載希望情報やプレスリリースは info@shimokitazawa.info までお送りください

View All Articles