トリウッドで公開中の映画『ユートピア』5/19にトークイベントを開催

2018年4月28日よりトリウッドにて公開された映画『ユートピア』。5月19日(土)に、この作品に出演している女子プロレスラー・まなせゆうなさんをお迎えし、トークイベントが開催されます。

本作で笛吹き師・ウォン役を演じている現役女子プロレスラーのまなせゆうなさんが、東京女子プロレスの北沢大会が行われる5月19日、試合終了後にトリウッドでのトークイベントに参戦決定! 本作でアクション指導を担当した伊藤啓太さん、伊藤監督と共に「アクション」をテーマにトークします! 更に、当日の東京女子プロレス・北沢大会のチケットをお持ちの方には特別割引もあります。

[トークイベント概要]
5月19日(土)18:00 の回上映後
ゲスト:まなせゆうなさん、伊藤啓太さん(本作アクション指導)、伊藤峻太監督
□イベント特別割引!5/19 の東京女子プロレス・北沢大会のチケット提示で
一般1,200 円、学生・シニア1,000 円!(割引の併用不可)
※該当回をご覧の方がご参加頂けます。※ゲストは予告なく変更になる場合がございますので予めご了承下さい。

トリウッドが製作・配給をしている本作品は、『虹色★ロケット』の伊藤峻太監督が10 年の年月を掛けて 完成させたSFファンタジー。2006 年、当時高校3年生だった監督・伊藤峻太による映画『虹色★ロケット』は、2007 年の正月に公開、続いてDVD化されました。その当時から構想していた映画『ユートピア』が、10年の年月を掛け、いよいよ完成。

ミキ・クラーク、森郁月、高木万平といった若手俳優や、地曵豪、ウダタカキ、吉田晋一といった実力派、そして伊藤映画のヒ ロイン・松永祐佳(『虹色★ロケット』)といったキャストと共に、伊藤峻太が監督・脚本・編集だけでなく、VFX、主題歌の作詞 作曲、そして劇中に登場する“ユートピア語”まで作り上げた104分間の作品です。

【 あらすじ 】

─ その日、真夏の東京に雪が降った ─

ある夏の朝、まみが目を醒ますと雪が降っていた。そして、二段ベッドの上に現れた謎の少女・ベア。
電気や水などのライフラインが途絶した混乱の中、まみは言葉の通じないベアに妙な懐かしさを覚え、惹かれてゆく。

しかし、行動を共にする中でたどり着いた絵本<ハーメルンの笛吹き男>に二人は驚愕する。
なんとベアは、1284 年にドイツのハーメルンで笛吹き男にさらわれた130 人の子どもたちの一人だった。

時を同じくして、少しずつ姿を消す東京の子どもたち。
ベアをさらった笛吹き男・マグスの正体は?夢の中にある「火も音楽も名前もない平和な国」とは?
そして、ベアの未来は?

停止した東京で、おとぎ話の続きが始まる。

映画『ユートピア』シーン

4月28日(土)の初日にはキャスト・監督による舞台挨拶も行われ、立ち見も出るほどの満員御礼となりました。

映画『ユートピア』初日の模様

映画『ユートピア』初日の模様今回のトークイベントも含め、話題性の高いファンタジー作品『ユートピア』。6月8日までは1日2回上映されていますので、ぜひこの機会にご覧ください。予告編映像はこちらからご覧ください。

映画『ユートピア』

『ユートピア』
(2018/104分]
出演:松永 祐佳 ミキ クラーク 高木 万平 森 郁月 吉田 晋一 地曵 豪 ウダ タカキ
監督・脚本・VFX・編集 :伊藤 峻太
撮影監督・音楽:椎名 遼
助監督:市原 博文
制作:湯浅 志保子
サウンドデザイン:小牧 将人
プロデューサー:大槻 貴宏
製作:「ユートピア」製作委員会(トリウッド、AXsiZ、芸術家族ラチメリア・カルムナエ)
配給:トリウッド
《TIME TABLE》
5/12(土)~25(金)  土日 13:30/18:00▲ / 平日 15:00/20:00
※▲・・・5/12(土)のみ20:00より
5/26(土)~6/8(金)  土日 14:30/19:00 / 平日 15:30/20:00
6/9(土)~   時間未定
※火曜定休
《FEE》
当日 : 一般 1,700円 / シニア・学生 1,200円 / 高校生以下 900円
☆リピーター割やります!(5/7以降)
前回鑑賞時の半券やパンフレットなど、何かわかるものを受付でご提示頂くと、一般1,200円(通常1,700円)、学生・シニア1,000円(通常1,200円)に!ぜひご利用下さい!
※割引の併用は出来ません
☆“仮面”割やります!(5/7以降)
<ユートピア人は外出時、常に仮面を付けている>という本作の設定にちなんで、何かしらの“仮面”を付けてお越しの方は、一般・学生・シニア料金が1,000円に!
※割引の併用は出来ません