下北沢ブロイラーキュレーター・くろだが何かに取り憑かれているかのように追いかけているガールズ?バンド『ぽわん』(参照:第3-2回『ぽわん』 ~ コラム:下北沢は通過点でかまわない)。そんな、彼女たちの初めてとなるワンマンツアー2日目「ぽわんの毒まきワンマン大阪編」が北堀江club vijonで行われました。初日の模様はこちら⇒ぽわんの毒まきツアー2015初日「ぽわんの毒まきワンマン京都編」@京都nano。え、わたしですか? 行ってますよ、当然ですよ。

北堀江club vijon、この矢印のモニュメントが目印。矢印の指すとおり、地下にあります

月間スケジュールに最大フォント級数で目立つ。ひらがなで「ぽわん」3文字ですからね

スクリーンにはぽわんのMVが流されています。これ、映ってるシーンは下北沢だよ、「下北バンドマンと女子高生の夜」だよ! この曲が最高に似合う寒い冬が来ましたね

ドリンクカウンターにはこんなモノが、、、後にこれがとんでもない神状況を生み出すとは、このとき誰も知らなかった、、、

club vijonは2度目、9月25日にO-West以降初めてのぽわんのライブはここで、メイビーモエ・マリナティシャン・舘 松子莉の3人に加え今回のツアーでもサポートギタリストとして参加している「いっちゃん」こと伊原真一さん(ex.オトナモード)を加えた4人編成。キーボードが抜けて初めてのライブにとんでもない衝撃を受けたことは今でも覚えています。もう、いっちゃんのギターを食い入るように見てしまった、、、。ぽわんはどこに進んでいくのだろう、それを自分の目で確かめたくて、その日の物販でこの日のチケットを買ってしまいました。

そんな、club vijonでのワンマンライブ。初日のnanoに比べるとライブハウス、というよりはクラブの雰囲気が漂うおしゃれなハコです。昨日と同じ関西圏ということもあり、連続参加しているぽいずん(ぽわんファンの愛称)もたくさん。さらには九州からわざわざ駆けつけたぽいずんまで。遠征してでも観たいバンド、それがぽわんなのです。

ライブアクトは昨日に続き圧巻、この日も全てを出し尽くしたライブとなりました。昨日はどちらかというとGtのメイビーモエさんが炸裂していましたが、この日はDrの舘 松子莉が猛威を振るいました。住民税はミュージシャンの敵であることがここでも明らかになってしまいましたね、、、。そして、昨日初お披露目だったあの曲は、予想通りさらに良くなっていました。昨日があったから今日がある、京都の自分に負けない、ぽわんは勝ち続ける、そう確信するライブとなりました。

さて、本日12月4日19:30から名古屋CLUB ROCK’n’ROLLにて『ぽわんの毒まきワンマン名古屋編』が行われます。実は愛知県出身ですが名古屋のライブハウスには一度も来たことがありません。初めてのハコで観るぽわんのワンマン、とても楽しみです。東海圏の皆さん! ぜひ、その目で耳でぽわんを確かめに来てください。

そして、お待たせしました明日12月5日(土)はツアーファイナル下北沢SHELTERです! 下北沢ブロイラーが今一番推すガールズ?バンド【ぽわん】のライブにぜひお越しください!! チケットは各種チケットサービス、およびぽわん公式Twitterでも受け付けております!

—————

2015/12/04 fri 名古屋CLUB ROCK’n’ROLL
「ぽわんの毒まきワンマン名古屋編」
open/start 19:00/19:30
adv/day 2500/3000+1drink
出演:ぽわん
イープラス http://goo.gl/P4BkXm
ローソンチケット L:42548

2015/12/05 sat 下北沢SHELTER
「ぽわんの毒まきワンマンファイナル!」
open/start 18:30/19:00
adv/day 2500/3000+1drink
出演:ぽわん
イープラス http://eplus.jp
チケットぴあ  (Pコード:277-202)
ローソンチケット (Lコード:76883)

[おまけ]

ぽわんのメンバーも大好き、紀州梅河さんに行ってきました。梅の入った生地のたこ焼きとか人生初、こりゃ大阪来たら絶対にまた来る。友達にぽわんの説明をいっぱいしてたら他のお客さんが興味津々でした。ええ、名前は覚えておいて損しませんよー!

外はかりっと、中はふわっと。ああ、大阪のたこ焼きーー

壁に書かれたぽわんメンバーのさいん。また来ます、ごちそうさまでした

About the Author

黒田

下北沢の街に流れ着いてはや22年、この街で映画のワンシーンのような場面を見続ける日々。Web制作会社の有限会社第四企画社長兼インフラエンジニア兼しもブロキュレイター。日夜下北沢のエンターテインメントをチェックし、ひとりでも多くの人たちに伝えるべく下北沢の街を駆けずり回っております。 [Twitter]m_kuroda

View All Articles